日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

奈良の宿

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

ならまち散策に便利なレトロ旅館 [奈良市 旅館 白鳳]

奈良で仕事があったので、なるべく便利なところに泊まろうと思って選んだのが「旅館 白鳳」。奈良市内には古民家ゲストハウスとか古い旅館もあるのですが、良さそうな宿は急だったせいか一杯で取れず、普通のホテルとしてはなるべく古そうな宿を選びました。

まずは新幹線で駅弁。まあまあの味でしたが、やはり弁当はうちで作ったやつのほうがいいですね。

DSCN4548
DSCN4549

京都経由で近鉄奈良駅到着。今年ここに来るのは2回目です。

DSCN4553
DSCN4555

ちなみに前回は東大寺の大仏様を見に行きました。その時の写真がこれ↓。

DSCN1519
DSCN1546

今回は夕方到着だったので、特に観光はしませんでしたが、奈良町付近を散策してみました。

三条通まで出て、猿沢池へ。

DSCN4561

こんなのがいました。鷺でしょうか。

DSCN4564

周辺マップを見ると、細い路地が昔の伊勢街道(上ツ道)であるようです。

DSCN4567

古い町並みの雰囲気もありますが、町全体として保存しているというより、ところどころに風情が残っている感じ。それでも外国人観光客らしき人々がかなり散策していました。やはり日本独特のムードであることはまちがいないです。

DSCN4566
DSCN4569
DSCN4571

行先もよくわからないまま歩いているうちに、餅飯殿センターというアーケード街に出たので、いったん宿にチェックインすることにして、再び三条通方向へ。

DSCN4574

左側に出ている「白鳳」の看板のところが今夜の宿。近鉄の駅から近いかなり便利なところです。

DSCN4575

宿は少し奥まったところにあり、砂利道の一番奥が旅館の入口。その左手に赤提灯などが出ていて飲み屋が並んでいました。おそらくテナントだと思われます。

DSCN4576

この宿を予約する時に、「リニューアルフロア」と「レトロフロア」というのが選べることになっていたので、私はもちろん「レトロフロア」を選択。

入ってみるとすぐにフロントがあり、お風呂などの説明があった後鍵を渡され、自分で部屋に向かいます。料金は前金でした。フロントは若いにいちゃんで、非常にていねいな応対が印象的。私の部屋は3階でしたが、2階をちらっと見ると、廊下や部屋のドアなどがすごくきれいになっていたので、この2階が「リニューアルフロア」だと思われます。

部屋は4畳半。

DSCN4579

しかし「レトロフロア」というほど古びてはおらず、それがやや残念。アメニティや備品は十分揃っていて、コンパクトでむしろ機能性が高い。掃除もきれいにしてありました。

DSCN4582
DSCN4585

さらに共同の炊事場や洗濯機などもあり、料金も安いので、外国からのバックパッカーなども利用しやすいのではないでしょうか。実際、ロビーで外国人客も見かけました。

窓の外には奈良市内の町並み。正面が近鉄奈良駅方面。

DSCN4584

少し部屋で休憩してから、食事を兼ねて再び散策に出かけました。本当はこのへんも見どころが多いエリアだと思うのですが、特に観光マップなどを入手していなかったので、適当に歩きます。飲食店は駅方面に行ったほうがありそうだったのですが、やはりせっかくなので奈良町の奥に向かって歩いてみました。

いきなり古そうな建物を発見。「古梅園」。墨屋さんのようです。さすが奈良。

DSCN4587

さらに古そうな市場を発見。「椿井市場」です。共同商業施設のようで、入口付近の精肉店などは普通に営業していましたが、奥のほうはすでに廃業しているような店が続きます。

DSCN4588
DSCN4593

営業している中華料理店がありました。ここはかなり惹かれたのですが、まだ時間も早いし、もう少し歩いてから食べようと思ってパスしました。ラーメン屋の隣に小さいお宮があったので、拝んできました。どんなラーメンがあるのか、いまだにちょっと心残りです。

DSCN4594

「椿荘」という旅館らしき建物。こういう宿にも泊まってみたいものですが、たぶんちょっと高いんでしょうね。高級感があります。

DSCN4597

さらに古い建物が続きます。このへんの建物のいくつかは奈良市指定文化財の掲示が出ていました。

DSCN4598
DSCN4600

今度眼がおかしくなったらこの「田村眼科」にかかってみたいと思ったのですが、よくみたらこの家の向かい側に近代的な「田村眼科」の建物が新設されていました。

奈良のこのあたりは、平城京時代は外京にあたり、いわゆる大極殿などがあった中心地からは離れています。このあたりに元興寺というお寺があったそうですが、その本堂の跡地が資料館になっていました。

DSCN4601

ここもさらっとみて、現在の元興寺に寄ってみましたが、時間が遅かったために閉まっていました。残念。

DSCN4605

いろいろ観光客向けの看板が出ていて、さらに奥にも魅惑的なスポットがありそうでしたが、だいぶ歩いて疲れてきたので、旅館のある方向に向かって歩くことにしました。

商店街の向こうに見える興福寺の五重の塔。

DSCN4607

興福寺のすぐ近く、かの有名な奈良ホテルなどがあるあたりにうどん屋があったので、ここに入ることに決定。

生ビールを飲み、親子丼とうどんのセットを注文。おいしい親子丼でした。

DSCN4609
DSCN4611

だいぶ暗くなってきました。

DSCN4614

猿沢池の前にはおみやげ屋の小屋が並んでいます。

DSCN4620
DSCN4623

修学旅行生がいっぱいいて、しょうもないキーホルダーとかストラップみたいなやつを買っていました。若気の至りというのか、思い起こせば私も昔は修学旅行先でペナントとかを買ったものですが、今は反省しております。もっとまぬけな過去としては、旅先で木刀を買ってしまったこともあります。

さらに宿方向に歩くと、赤提灯が出ている屋台風の一角が魅惑的でした。こういうところでおでんで一杯やってもよかった。

DSCN4625

しかしまっすぐ宿に帰り、お風呂に入って寝ました。お風呂は人口温泉で、2~3人でいっぱいになるくらいの小さいものでしたが、きれいにしてありました。これも割と最近リニューアルしたのではないでしょうか。

そんなわけで翌朝を迎え、荷物をまとめてフロントに行くと、誰もいません。鍵を返却するトレーがあったので、それに鍵を入れて出かけました。この宿は思ったほどボロくもなくて残念でしたが、奈良の観光をするには非常にいい立地の宿だと思いました。

この日の仕事の都合上、JRの奈良駅に行くほうが便利だったので歩いてみましたが、それほど遠くもなく、途中ファミレスで朝食を取りましたけど、まっすぐ歩けば10分くらいかと思います。

仕事が終わって、近鉄の富雄という駅までバスで行き、大和西大寺で特急に乗り換えて京都に戻りました。
DSCN5224
DSCN5229

京都では立ち食いのラーメンを食べて今回の旅も終了。奈良の散策はおもしろかったですが、たぶんゲストハウスなんかに3泊くらいして、もっとゆっくり歩ければよりおもしろいのだろうな、と思いました。

DSCN5232
DSCN5236

[旅館 白鳳](2014年10月宿泊)
■所在地  奈良県奈良市上三条町4-1
■楽天トラベルへのリンク→旅館 白鳳
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

中世からの自治都市・今井千軒にある町家民宿 [奈良 今井町 嘉雲亭](後編)

今井町・嘉雲亭の続きです。

ご主人にいろいろ付近の情報を聞いた後に寝てしまったわけですが、夜遅く、向かいの部屋にもう一組の客が到着した気配がしました。前から馴染みの客のようです。

翌朝目覚めるとけっこういい天気のようです。泊まった部屋は2階の漆喰の虫籠窓が付いた部屋でやや暗いわけですが、けっこう外は明るく感じました。

DSCN7539
2階の裏側にあるベランダに出てみると、見事に瓦屋根が並んだ町並みが見えます。

DSCN7546

この宿は朝食を出してくれます。時間を見て1階におりてみました。昨夜は遅くてよく見ませんでしたが、1階入り口付近の「みせの間」は宿泊には使用しておらず、絵画の個展や発表会、研修や会議などの開催場所としてサロン利用も受け付けているそうです。

DSCN7564
DSCN7551

ご主人がいるキッチンに行ってみました。このキッチンは宿泊客が自由に使用することができます。

DSCN7567

すでに食事の準備中。「もうすぐコーヒーがはいります」ということで、着席して待ちました。

パンとスープと、大量の柿も出してくれました。

DSCN7566

昨夜ご主人が部屋にきた時に「宿泊証明書」というのをくれました。これは、昔の今井町ではよそから来た人が自由に泊まることが許されていなかったため、必要な場合は宿泊免許を出していた、という故事にちなんで宿で記念に発行しているとか。

いろいろ話していると、ご主人をはじめ今井町の人々は、町並みの保存と振興のためにいろいろ努力を続けているようでした。

電線の地中化なども徐々に進んでいるそうです。

そんな話をしているうちに近所のおっちゃんが何かの用事で訪ねてきて、キッチンで一緒にコーヒーを飲み始めました。どういう人かわかりませんが、たぶん町会の中心人物のような人だと思います。

この人にも今井の歴史などを聞きつつ、「どこから来たの」と聞かれたので、「東京から伊賀に一泊してから来ました。今日はこれから高野山に上がって宿坊に泊まります」というと、「高野山はもう寒いよ~。こたつでも入っているんじゃないかな。どの寺に泊まるの?」などと聞いてきます。この人もなかなか物知りなおっちゃんでした。

「高野山に行くなら一回難波に出て南海に乗ったらすぐだよ」といわれたのですが、「今回はせっかく奈良に来たので吉野口まで出て和歌山線でのんびり行ってみます」というと「それもいいね~」ということでした。

そんなわけで宿に世話になったお礼をいって出ると、ご主人が外まで送りに出てくれて、宿の前で記念写真を撮ってくれました。その節はありがとうございました。

こういう何というかアットホームな宿は、できれば1泊ではなく滞在したいというのが本当のところです。回りにみたいところも多いし、いずれゆっくり再訪してみたいと思います。

宿から駅に向かう途中、町並みを改めて見学。時間が早いので屋内は見ることができませんが、きのう見なかった家なども外観だけ見学してきました。これだけの規模でこんな町並みが残っているのは奇跡的なことです。環濠集落という歴史の特殊性のおかげかもしれません。

DSCN7575
DSCN7584

再び八木西口駅に向かい、ここかさら和歌山線への乗り換え駅である吉野口をめざすことにしました。細かいスケジュールは決めていなかったのですが、高野山まではけっこう遠くて時間もかかりそうなので、早めに移動することにします。

しかし途中、「橿原神宮前」という駅に来て、つい途中下車してしまいました。橿原神宮といえば、かの初代天皇・神武天皇が即位したといわれる場所ではないのでしょうか。車窓から「畝傍山」と思われる小さい山も見えています。

とりあえず降りてみて、何もなかったらすぐに移動しようと思っていたのですが、駅前のタクシーの運転手さんに聞いてみると、橿原神宮も「歩いてすぐだ」というので、行ってみることにしました。

DSCN7595

「大和は国のまほろば」とか。なかなか歴史ロマンを感じる風情ですが、橿原神宮自体は歴史を感じるというより、むしろ近代的に整備されているような印象。明治神宮みたいな感じがします。

DSCN7598

しかし私は初めて来たので、とりあえず入って参拝してきました。

DSCN7600
DSCN7604

なかなか渋い池もあり、市民でにぎわっていましたが、それよりも亀が多い。

DSCN7616

少し先には神武天皇陵もあり、天皇陵と比定されている古墳もあるのですが、きりがないので駅にもどり、ふたたび吉野口をめざしました。

吉野口は小さい駅でしたが、JRサイドのホームには柿の葉寿司を売っているような売店もありました。駅前には営業していないうどん屋が一軒。
DSCN7630
DSCN7634

ほかに何もないのんびりした駅でしたが、さすが吉野口というだけあって、古そうで大きな材木屋さんがありました。

DSCN7626
DSCN7624

ホームで待っているとやってきた和歌山線の電車は万葉仕様なのかどうか。不思議なデザイン。

DSCN7637

この電車で橋本まで行き、駅前で昼食。けっこう長い移動でした。

DSCN7640
DSCN7643

さらに南海高野山であこがれの高野山をめざしたわけですが、その話は次回に。

[橿原市  嘉雲亭](2012年10月宿泊)
■所在地  奈良県橿原市今井町2-8-25
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

中世からの自治都市・今井千軒にある町家民宿 [奈良 今井町 嘉雲亭](前編)

伊賀市に一泊した後の話です。

この日の目的地は橿原市にある今井町。
伊賀鉄道で伊賀神戸駅まで出て近鉄大阪線特急に乗り換え。ここから橿原方面に
向かう途中にもいろいろ寄ってみたいところが多いのですが、この時は最終日に和歌山まで行かなければならなかったので、残念ながらパス。

DSCN7444

たぶん2時か3時くらいに近鉄橿原線の八木西口という駅に到着。このあたりは電車の路線が入組んでいてわかりにくいのですが、どうやらめざす今井町の最寄駅にたどりつきました。

DSCN7446

今井町を知ったのは、だいぶ昔に司馬遼太郎の「街道をゆく」で読んだから。「街道をゆく」は、あまりメジャーな観光地には関心を向けていないので、サラッと書かれていましたが、戦国時代に成立した自治都市。江戸時代から“今井千軒”といわれるほど繁栄した、その古い家々が残る町並みを、長年見学してみたいと思っていました。

伊賀から和歌山に向かう今回のツアーは、途中で一泊するのにちょうどいい機会だったというわけです。

駅を出ると歩いて飛鳥川に架かる橋を渡るとすぐに今井町。

DSCN7589

それにしても、このへんは古墳やら史跡やら山ほどあるので、本当ならもっとゆっくり探訪するべき場所ですね。

事前に調べて予約した今井町の中の宿に寄って、まず荷物を預けようと思い、とにかく“今井千軒”の中に突入。一歩入ると、驚愕のタイムスリップ感です。

DSCN7448

右も左も、どこまでも古い家が続いています。しばらく呆然とします。

めざす宿もすぐに見つかりました。「嘉雲亭」。

DSCN7449

ここも18世紀に建てられた,元は呉服屋であった家を改造して宿にしているという貴重な宿。おばちゃんが出迎えてくれて、荷物を預かってくれました。夕食を食べる店についてもヒントをもらったので、とりあえず観光案内所に向かい、地図などを探してみることにします。

この観光案内所というのが、川沿いにあるのですが、正式には「今井まちなみ交流センター 華甍」という名称。時代は新しそうですが、すごい建物です。

DSCN7454

ここに地図のほか、今井町の復元模型や資料室などもあり、なかなかおもしろいところでした。

DSCN7457

ここでどの家が見学できるかとか、お茶が飲める喫茶店の場所などを確認し、再び今井町内へ。最初は観光案内所から近い「河合家」に行ってみると、この家の人がいろいろ解説をしてくれました。今井町とかの今井宗久の関係とか。物知りでおもしろいおばちゃんでした。この家はいまも造り酒屋をやっているそうな。

DSCF0426

それにしても町内に見学できる家は何軒かありますが、それ以外に立ち並ぶ家々もかなり迫力があり、これだけの規模で江戸時代の町並みが残っている場所というのは非常に珍しいのでは。まさに来てみないとわからないものだと思いました。

DSCN7514

あちこち巡り歩きながら、ちょっとした商店や飲食店がある本町筋を通り、途中の喫茶店でアイスコーヒー。この喫茶店も当然のように古い商家を改造したものでした。郵便局などもありますが、いずれも町の雰囲気を壊さないような建築デザインになっています。

DSCN7486

町の屋根にはいろんな珍しい瓦が付けられています。

DSCN7450
DSCN7509
DSCN7510

そして、西のはずれにある「今西家」も見学。この家はその昔、惣年寄の筆頭であり、領主、代官の町方支配の一翼を担っていた家。狭いくぐり戸を開けて中に入ると、すでに数人の觀光客がガイドの説明を受けていました。ガイドというより、今もこの家に住む子孫の方だそうで、まだ若い女性でした。

DSCN7497
DSCN7495

自治権が委ねられていたので、この家の広い土間には牢屋というか、犯罪者を閉じ込める牢獄付き。くすんだ襖絵や座敷の造りなどもものすごく凝っており、とんでもないお金持ちの家だったということが実感できます。

しかも、戦国時代のことですから町の防衛を担う城郭的な役割もあったそうな。

さらに称念寺へ。あいにく重要文化財の本堂は工事中。

DSCN7501

もともとこの寺は、中世末に寺内町として成立した今井町の中核となった一向宗の寺です。本堂は17世紀初期頃の建造で、明治10年には天皇陛下の畝傍御陵行幸のときの行在所となったということです。

DSCN7506

そういうわけで、戦国時代にもしヘタをしていたら、本願寺と一緒に信長に攻められて燃やされていたかもしれないのですが、今井宗久などが調停に入り、明智光秀を通じて降伏したのでぎりぎり助かった、という感じらしいです。城郭都市とはいっても、堺の例で見るように、本気で攻められたらこの貴重な町もどうなっていたことか。

しばらくお寺を見学しているうちにだいぶ暗くなってきました。宿に戻る前に夕食を済ませたほうが面倒がないと思ったので、宿のおばちゃんが教えてくれたそば屋へ。

DSCN7488

ここも渋い建物でしたが、内部はおしゃれな雰囲気で、料理もなかなか凝った感じものが多かったですね。10月とはいえ、昼間かなり歩いて汗もかいたので生ビールを飲みまくったほか、冷や酒も。この日はドラフト会議の結果が気になり、スマホをにらみながらの食事となりました。

DSCF0443
DSCF0445
DSCN7523
DSCN7516

そば屋から宿に戻る時は真っ暗。暗くなるとますますあふれる風情。

DSCF0446
DSCF0450

宿に戻るとご主人がいて、待ち構えていました。

DSCN7533

荷物はすでに2階の部屋に入れてくれていました。「今日、お寺のそばで見かけたけど、声はかけなかった」とご主人がいます。そういえば、称年寺の前の「今井まちづくりセンター」付近で謎のおやじを見かけましたが、それがこの宿の主人だったのでしょうか。

この宿は古い家であることは確かですが、1階の座敷など、かなり手が入っていて、洗練された雰囲気になっています。

DSCN7549

箱階段を上がって2階に案内してもらい、いろいろ話をしていると、ご主人がいうには「今日は本当はお客さんたちだけの予定だったので、貸し切りでゆっくりしてもらおうと思っていたんだけど、急にもう一組入ったので、これからもう一組お客さんがきます」ということでした。

2階の部屋は道路に面した広い2間続きの部屋で、内装はかなりきれいになっています。

DSCN7535

私は奈良にくること自体が久しぶりで、しかも橿原には来たことがないというと、ご主人は橿原のガイドマップを持ってきて、いろいろ教えてくれました。話を聞いているとかなりこのへんの歴史に詳しい感じだったので、ついでに関係ないことまでいろいろ聞きましたが、面倒そうな顔もせず、長時間にわたってつきあってもらいました。

そのあとお風呂に入りましたが、お風呂も近代化されております。しかしこんな町に代々住み続けるというのはどんな気分なんでしょう。

ご主人の話によると、電線の地中化とか、町の価値を高めるための事業も着々と進んでいるそうですが、なかなか大変ではあるようです。しかし、単に利便性を高めるだけでなく、本来の形を残し、復元しようという努力は本当に大切だと思います。ほかにはない価値があるわけですから、なんとかがんばってほしいと思いました。

そんなわけで、この日は伊賀でもらった柿を食べつつ、早めに寝てしまいました。この続きは次回に。

DSCF0452

[橿原市  嘉雲亭](2012年10月宿泊)
■所在地  奈良県橿原市今井町2-8-25
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」文庫版発行



ボロ宿紀行・続編




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ