2009年12月に訪問した鹿児島県出水市の温泉です。まあいろんな温泉がありますが、ここはまさに秘湯というか、出水駅からは車で20分程度なのですが携帯も通じず、トイレは汲み取り式。当日はほかに宿泊客もなく、秘湯で孤独な一夜を過ごすはずだったのですが……。

DSCN2435
DSCN2433

一番上の写真が「旭屋旅館」、下の写真はその隣にある別の温泉ですが、相互にお風呂を開放しています。

当日は、まだチェックインには早かったので、出水市の名所を巡る巡回バスに乗ってみました。出水市といえば鶴が有名で、ちょうど最盛期に当たっていたので飛来地を見に行こうと思ったのです。巡回バスは1000円最初に支払ってカードをもらうと、何回でも乗れるシステムです。

バスに乗ってみると客がほかにいなかったので一番前に座りました。すると運転手さんがいろいろ解説をしてくれて、目的地である「ツル観察センター」で降りて、1時間くらい待っていたらまた巡回バスが来るから、それに乗って駅に戻ればいい、と教えてくれました。「次のバスが最終なので、乗り遅れないようにね。遅れたら面倒なことになるよ」と注意されました。

結局そのアドバイスにしたがったのですが、1時間後のバスの運転手も同じおっちゃんで、結局一人で何回も回っているようでした。

DSCN2418

1時間あったので鶴が遊んでいるのをじっくりと見学したうえに、ビデオを見たり、団体旅行の案内人の解説を盗み聞きしたおかげで鶴についてずいぶん勉強しました。今後どこかで鶴の話題が出た時には、ひとしきり語ることができるくらいになったと思います。

DSCN2421

帰りのバスも客は私一人。運転手さんは、本来のルートにはない名所の解説をしてくれたり、「ここがいつも自分が買っている宝くじ売場」とか、関係ない解説(ギャグ?)もあり、さらには武家屋敷町では特別に臨時停車してくれて、5分くらい見学することができました。ここが意外にも良かったです。その節はずいぶんお世話になりありがとうございました。

そうしているうちに夕方になったので、駅前からタクシーに乗って宿へ。白木川内温泉は、車がなければタクシーでいく以外ないのです。タクシーに乗ってみると昼間乗ったタクシーと同じ車で、昼間はこのへんの温泉についていろいろ教えてくれた運転手さんでした。「またお会いしましたね」とお互い目で挨拶をしながら、結局翌朝もこのタクシーに迎えに来てもらったので、この車につごう3回乗ったことになります。タクシー料金は宿まで片道3000円ちょっとだったので、往復すると宿泊代(5000円)を超えてしまうという不条理なことになりますが、この際仕方がありません。

宿につくと30代くらいの若いご主人がでてきて2階の部屋に案内してくれました。冬のことで、もう暗くなりかけていたましたが、到着したのはまだ5時くらいだったと思います。部屋は下の写真のような感じ。

DSCN2428
DSCN2429

玄関口付近もずいぶん乱雑な感じでしたが、部屋も障子が破れていたり、けっこう期待通りのボロ宿でした。トイレの汲み取り式は知っていたので驚きませんでしたが、廊下に掃除機が出しっぱなしになっていたり、いろんな道具類があちこちに置いてあって、衝撃的な宿ではあります。2食付きで5000円という値段ですので、まああまり細かいことをいうべきではありませんが、なかなか手がまわっていない感じがありありと出ています。

DSCN2451

窓から宿の外を見ると、渓流が流れています。やはり市街地から近いとはいっても山の中であることにまちがいはなく、私としてはボロい雰囲気だけでなく、ひっそりと孤立した宿の雰囲気も気に入りました。ご主人によると「私が子供のころなど、昔は道も悪く、ここまで来るのはもっと大変だったんだ」ということでした。

DSCN2432

ご主人は食事の時間を確認した後、「寝るのは隣の部屋に布団をしいてあるので、そちらに寝てください」というので一応見に行きました。部屋の中央に布団が敷いてあり、ただいま布団乾燥機稼働中でした。

そのほか2階にはいくつか客室がありました。ご主人によると最近は1日に一組の客があるかないかという状態なので、日帰り客の休憩に使うほうが多いということでした。

早速お風呂にいってみましたが、この風呂がまれに見るすばらしい泉質の、温泉マニアなら垂涎の風呂でした。

DSCN2447
DSCN2449

岩をくり抜いた浴槽の底から自噴する源泉で、かなりワイルドな感じ。透き通ったきれいなお湯がたっぷりたまっていてかけ流しになっています。温度もちょうどいい感じで、かすかに硫黄のにおいがしました。隣の女湯との間には小さな扉があり、ここから男性用浴槽にある飲泉用のカップを受け渡しできるようになっています。

それにしてもボロ宿とはいいながら、これだけのいいお湯を持っていれば安泰です。近隣の住民らしきおじいさんも集まっていて、このときは戦時中の駆逐艦の性能について熱く語っていましたが、そのへんの知識がなく、鹿児島弁もけっこうきつかったので、話題に参加できず残念でした。


風呂からあがって部屋に戻る途中にご主人と会ってちょっと話していたら、ご主人の大学在学中にちょっとしたゆかりがあったことがわかりました。思ってもいない偶然でご主人も驚いていました。世間は意外に狭いものです。それで一気に話が盛り上がり、そのついでにいろいろ温泉のことも教えてくれました。「前は両親がやっていた宿だけど、今は亡くなって一人でやっています」ということでした。秘湯とはいっても雑誌などでけっこう紹介されて、連休中などはけっこう混むそうです。一人だとかなり大変そうでした。「特に食事の用意がねえ…」と、苦労しているようです。

ただ泉質の評判が良く、いろんな病気・症状の改善効果もあることから、周辺の集落からの入浴客が多いので、宿泊客は少なくてもそれなりにやっていけるということです。

食事は下の写真のような感じ。まあ家庭料理だと思いますが、値段からすれば期待以上。特に名前のわからない光りものの刺身がすごくおいしかったです。「無理してこんなにいろんなおかずを出さなくてもいいのにな」と思いましたが、そうもいかないのでしょう。

DSCN2442
DSCN2454

ここのお風呂は夜9時以降は入れないことになっているのですが、「7時過ぎるとだいぶすきますから」ということで、7時過ぎにもう一度行ってみました。2人ほど地元の人がいましたがすぐに出て、ひとりでゆっくり岩場の浴槽に浸かりました。お湯はあくまでも澄んでいて、深い浴槽の足元までくっきり見えます。こんなぜいたくなお湯を独り占めできて最高の気分でした。

しかしその後、夜はなにもすることもなく、廊下にたくさん積んであった「ゴルゴ13」を久しぶりに乱読してしまいました。「ゴルゴ13」は基本的に1話完結で前後のつながりはあまりないので、昔はよく床屋の待合室なんかにも置いてありました。あいかわらず年も取らず、クールに活躍しているようです。

DSCN2452

そうしているうちにこたつで寝てしまいました。昔はよくやったものですが、こたつで寝るのも久しぶり。途中、目が覚めかけたりしましたが、気持がいいのでそのまま朝まで寝てしまいました。結局ほとんど使わなかった布団が上の写真です。隣の部屋に敷いてくれていた布団を、寒いのでもともとの部屋に運んでもらったので、ここで寝るつもりでいたのですが。


そして朝風呂へ。この日鹿児島は初雪で、ちらほらと雪が舞っていました。もちろん積もるほどではありません。朝もお風呂を独り占め。よく事情がわからないまま来てしまった宿ですが、来て良かったとつくづく思いました。

でがけに玄関口で例のタクシーを待っていると、ご主人が「またきてください」といってくれてうれしかったです。おなじみの運転手さんは車に乗ったあと「下は降ってませんけど、このへんは降ったみたいですね」といってました。「あの宿は息子さんがやっていて、下の宿も親族です」ということでした。

出水駅からはぜひ乗ってみたいと思っていた九州新幹線に乗ってみました。まだ新八代までしか通っていないので、乗客は少なかったですが、いかにもJR九州らしく特色のあるきれいな客車でした。

DSCN2456
DSCN2462

そういうわけで、秘湯とかボロ宿とかいっても、実際にはそれなりに豪華で近代化された宿が多い中、ここは久しぶりに発見した本当の秘湯といってもいいと思います。東京からは遠いですが、ぜひまた訪ねてみたいと思っています。また、宿のご主人だけでなく、バスやタクシーの運転手さんなど、鹿児島県民の暖かい人情に触れたこともいい思い出になりました。

[白木川内温泉・旭屋旅館](2009年12月宿泊)
■場所 〒899-0341 鹿児島県出水市上大川内5002
■泉質 単純硫黄泉
■楽天トラベルへのリンク→白木川内温泉 旭屋旅館
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ