日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

京都の宿

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

京都撮影所全盛時代の繁盛宿 [京都 太秦 富貴 若竹]

しばらく忙しくしているうちにだいぶ更新が滞ってしまいました。

今回は今年2月、京都で嵐山に寄った時の話しです。仕事は夕方くらいには終わったので、日帰りすることもできたのですが、行先が嵐山に近かったので寄ってみて、ついでに一泊して帰ってくることにしました。

行きの新幹線の弁当は例によってこんな感じ。

DSCN0525

お昼ごはんに食べたうどんと親子丼セット。

DSCN0531

桂駅から阪急で嵐山に向かいます。

DSCN0536

阪急嵐山駅。2月で寒い割にけっこう人がいます。

DSCN0538

私はこのへんに来るのは初めてなので、方向がよくわからなかったのですが、人の流れに沿って歩いていると渡月橋に出ました。少し前に洪水で大変なことになっているのをニュースで見たところです。

DSCN0539

そのせいかまだ何か工事をしているようでした。

DSCN0543

橋を渡った先はこじゃれた店も多く、カップルの観光客がたくさんいました。さすが人気観光地。

特にすることもないし寒いので喫茶店で休憩。どこか寄るべきところはないか、スマホで検索してみると、すぐ近くに天竜寺というのがあります。天竜寺といえば足利時代の天竜寺船が有名ですね。それ以外、何も知りませんでしたが、名の知れたお寺なのでちょっと見学していくことにしました。

DSCN0546

しかし行ってみると一部工事中で、庭園などの見学は有料だったので、適当にそのへんを散歩して、宿に向かうことにしました。天竜寺のすぐ前が嵐電嵐山駅でした。

DSCN0555
DSCN0551

駅も和風モダンというのか、観光地らしくなかなか凝ったつくりになっています。京の宿はここから電車に乗って1本の「帷子ノ辻」駅近く。発車まで少し時間があったので、駅に隣接したタリーズコーヒーでホットココアを飲んで時間をつぶしました。周囲は外国人観光客が多かったです。

DSCN0562
DSCN0563

時間が来たので乗車。

DSCN0569

この路線に乗るのも初めてでしたが、「嵐電嵯峨」とか「有栖川」とか、歴史の風情を感じる駅名が多いですね。さすが京都です。

しかし「かたびらのつじ」という何となく不気味な地名は、どういういわれがあるのでしょう。ちょっと調べてみたら、平安時代初期の嵯峨天皇の皇后の遺体が本人の希望によって打ち捨てられたところだという説もあるそうな。

DSCN0571

とにかく駅を降りて、少し行くと商店街があり、その途中を入った路地にめざす宿「富貴 若竹」がありました。この日は素泊まりで予約し、夕食はどこかで食べようと思っていました。

入口を入ると、カウンター席と座敷があって宿というより料理屋さんのような感じ。実際、料理屋も兼業しているようです。

DSCN0574

カウンター内におっちゃんがいて迎えてくれて、おばちゃんが風呂や洗面所などの場所を説明。それから部屋に案内してくれました。

こんな感じの家なら、外に食べに行くのも面倒なので、ここで食事もすませてしまおうかと思い、「食事もできますか」と聞いたら、おっちゃんが「できるよ」といって、その日仕込んでいた鍋のふたを開けて見せてくれました。確かふぐか何かを煮ていたような気がします。私は「そんなに本格的な料理ではなく、軽くビールとおつまみをがあればいいです。あとでまた降りてきますからよろしく」といって2階の部屋に上がりました。

部屋はこんな感じ。

DSCN0575
DSCN0578

洗面所とお風呂。お風呂はなかなかお湯の出がよく快適なお風呂で、私は例によって長湯してしまいました。

DSCN0582
DSCN0585

お風呂からあがって1階のカウンターに行ってまずはビールを頼みました。おばちゃんが何か作りましょうか」というので、「軽いものがいいです」というと、「それなら、おひたしでも出しますか」とホウレンソウのおひたしを出してくれました。さらに何か食べようかと考えていると「てっさと湯豆腐なんかはどうですか」といわれたので頼みました。あまりおなかがすいていなかったので「湯豆腐の豆腐も少なめで」お願いしました。

結局ここでおっちゃん、おばちゃんと話しながらビールとお酒をずいぶん飲むことになってしまい、食事の写真はまったく撮れませんでした。

この宿はやはりもともとは料理屋として始めたのだそうです。この家がある商店街は「大映通り」と名がついているように、周囲は大映や松竹などの撮影所があり、昔は映画やテレビ関係者でにぎわったそうです。そのうち、京都で滞在するスタッフのために宿をやってくれという要望があり、2階を改造して宿にしたそうな。現在はあまり客も多くはないようですが、京都観光に便利な場所でもあり、普通の宿として営業しているそうです。

京都の撮影所というのは、いろいろ紆余曲折があり、私も詳しい歴史はわかりません。おっちゃんとおばちゃんが話してくれたのはたぶんテレビ時代劇の黄金時代の話だと思いますが、実におもしろかったです。特にこの宿は松竹のすぐ近くにあたるようで、役者さんやスタッフとの交流を懐かしそうに話してくれました。

てっさと湯豆腐だけといっても、食べてみるとけっこうおなかがいっぱいになり、だいぶ酔っぱらったので寝ることに。ほかにもいろんな話が出ましたが、撮影所の全盛時代の話を聞けただけでも、ここに泊まった価値がありました。

翌朝は東京に帰るだけなので、8時くらいに宿を出て、JRの太秦駅まで歩いてみることにしました。宿の前にあたる大映通り商店街。

DSCN0589

これを歩いていくと大魔神像。普通のスーパーの前にかなり大きいやつがあるので、けっこうびっくりします。

DSCN0595

やがて太秦交差点に出ます。嵐山本線の「太秦広隆寺前」駅前に当たります。

DSCN0600

私は東映の太秦映画村をちらっと見ていこうかな、と思い歩きましたがこのへんの道はわかりにくく、すぐ近くだと思っていたのにけっこう迷ってしまいました。

ようやく映画村に到着しましたが、まだオープン前。残念ながら入場するはあきらめて、バスとJRで京都駅に向かい、東京に帰ったというわけです。

DSCN0605

京都といえば古い歴史をイメージしますが、昭和の想い出が実感できる太秦もなかなか良いところでした。

[京都市 富貴 若竹](2014年2月宿泊)
■所在地  京都府京都市右京区太泰堀ヶ内33
■楽天トラベルへのリンク→富貴 若竹(京都市)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

風情ある花街にひっそりと立つ片泊まりの宿 [京都先斗町 三福]

先日、京都で2時間くらい時間があったので、四条河原町あたりでお昼を食べようと、京都駅からバスに乗って行ってみました。京都駅で何でも食べられるのですが、京都の知らない店でラーメンでも食べてみようかと。

DSCN1232

四条河原町はあいかわらず人だらけ。うんざりしていると「先斗町」と書いた看板を見つけたので、ゴミゴミした表通りから避難する意味もあり、ちょっとのぞいてみることにしました。「ぽんとちょう」というな変な名前の由来なども書いてあったような気がします。

長い歴史のある京都の中では新興の花街でしょうが、表通りの混雑とはうって変わって静かで、伝統を感じさせる情緒のある通りです。風流な宿でもあったら見学しようと思いました。

DSCN1228

「先斗町」と聞くと私の場合、反射的に古人が残したある一節を思い起こしてしまいます。「どのような場所にどんなきれいな雪が降ろうとも、いったん溶けてしまえば、どこにでもあるただの水に過ぎない    」という深遠な哲学。

それはともかく、せっかくなので先斗町に入る前に、鴨川の河川敷沿いを三条大橋まで歩いてみることにしました。その昔、出雲の阿国が人気を集めたまさにその現場です。いまではカップルが集まる名所。例の納涼床がたくさん並んでいます。

DSCN1230
DSCN1236
DSCN1244

この日は時間が早いのかカップルはいなくて、掃除中の店の人にちょっかいを出そうとしている猫がいました。

DSCN1240

舞妓さんが「鴨川をどり」を練習するという先斗町歌舞練場も見えます。

DSCN1246

三条大橋まで行って、今度は高瀬川に沿うような感じで折り返し、先斗町に入り込みました。ちなみにしつこいようですが、私は「高瀬川」と聞くと夕焼けの景色を思い出します。

DSCN1253

とにかく真っ昼間の先斗町はあまり店は開いてませんでしたが、やはりいい雰囲気の通りでした。町家風とはいっても、高そうな店が多いですけど、気軽にお昼を食べられそうな店もありました。

DSCN1264

軒がつらなる隙間から、鴨川を眺めて休憩している2人の美人旅行者もいました。


DSCN1266

宿も発見。「三福」という片泊まりの宿です。建物は古くて目立たないけれど、たぶん有名な旅館のような気がします。朝食だけ付いて、かなりの料金設定になっているはずです。でもその朝食がまたおいしいんでしょうね。宿自体がすごくいい雰囲気なので、一回くらい泊まってみたいと思いました。ここにひっそりと泊まって、実は祇園あたりで晩ごはんを食べる。このブログらしからぬふるまいかもしれませんが、やってみたい(笑)

DSCN1262
DSCN1263

こうしてまた河原町駅付近に戻ってきました。この付近にもちょっと裏に入るとなかなかいい感じの通りがあります。

DSCN1274
DSCN1276

京都というところは、日本特有の歴史遺産があちこちに残っている唯一無二の特別な都市なので、部分としてはすばらしい景観があるわけです。しかし全体としてはどこにでもあるただの雑駁な地方都市にしか見えません。いまさらいってもダメだと思いますが、せっかくの都市の個性を殺してきたのは、すごくもったいないと思います。

なお、お昼は高瀬川に面したラーメン屋に入ってみましたが、失敗に終わりました。

[三福](2010年9月見学)
■所在地   京都市中京区先斗町三条下ル
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

今も泊まれる坂本龍馬とお竜さんの逸話が伝わる宿 [京都伏見 寺田屋]

京都・伏見の「寺田屋」は、歴史的な史跡で由緒ある宿ですので「ボロ宿」とはいえません。ただ古さからいえば相当なもので、幕末から維新にかけての逸話が伝わっています。2009年1月に近所にいったついでに見学に寄ってみました。もともとは淀川便の船宿で、寺田屋騒動や坂本龍馬の襲撃事件などで有名です。

DSCN6801

ただ現在の寺田屋は当時の建物とは別で、明治時代に再建されたもののようです。お竜さんが飛び出して坂本龍馬に危険を知らせたというお風呂や階段もありますが、これは事実ではないということになります。それにしても古い風格のある宿であることは確かで、現在でも営業しているので宿泊することもできます。

DSCN6806
DSCN6805

中に入って見学すると2階に刀痕などが残っています。再建されたということになると、これもどこまで信じていいのか。まああまりそのへんにこだわらず、古い宿の雰囲気を味わえばいいのではないでしょうか。和室に座ってみると、やはり造りが現代とは違うので、なんとなく落ち付いた気分になりました。実際に幕末期に泊まってみたら、女主人のお登勢さんもいておもしろかったでしょう。今度伏見に行くときは泊まってみたいと思っています。

DSCN6803

だいたいこのエリア一帯は観光客が多いようで、坂本龍馬にちなむ「龍馬通り商店街」におみやげ屋さんなどがあり、立ち並ぶ伏見の酒蔵も見事でした。独特の江戸情緒が漂うおもしろいエリアです。

DSCN6799
DSCN6808

たしか月桂冠の蔵だったと思います。NHK大河ドラマの影響は非常に大きいので、今ではひときわ人気スポットになっているのではないでしょうか。水路に垂れる柳の木など、周辺には独特の味わいがありますので、散策コースとして楽しめました。


[寺田屋](2009年1月見学)
■住所 京都府京都市伏見区南浜町263
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」文庫版発行




日本ボロ宿紀行 Blu-ray BOX
押していただくとこのブログのランキングが上がります↓


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天市場
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

もんすけ

 古い湯治宿や駅前旅館など、日本が高度成長時代に入る前からあったような雰囲気の宿が大好きで、各地を回っています。
 どこにいってもそれなりに立派な宿が多く、個性的なボロ宿に出会うことは少なくなりました。
 10年、20年前ならもっといろんな宿が残っていたと思いますが、しかしいま現在でも、10年後、20年後に比べたら多くの貴重な宿が残っているはずです。そうした宿を記録に残していけたら、と思っています。

広告










楽天トラベルで予約できる宿(書籍・ドラマ登場の宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
プレミアホテル‐CABIN-旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)
えべおつ温泉(滝川市)
ホテルサハリン(稚内市)

青森県
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)
新清館(湯川温泉)
旅館大正館(盛岡市)

宮城県
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
サンマリン気仙沼ホテル観洋(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
湯口屋旅館(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
若松屋村井六助(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)
亀屋万年閣(小野川温泉)
三木屋(かみのやま温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本温泉)
江戸屋(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)
松坂屋旅館(草津温泉)
湯の花旅館(万座温泉)
山水荘もりや(沢渡温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)
ゲストハウス錦(秩父市)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)
御岳山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)
民宿たちばな(丹波山村)
リーベン古奈家(富士吉田市)

新潟県
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)
ほてる大橋館の湯(岩室温泉)

富山県
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
金具屋(渋温泉)
国楽館 戸倉ホテル(戸倉上山田温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)

静岡県
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)
金谷旅館(伊豆下田河内温泉)

愛知県
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)
三谷旅館(長浜市)

京都府
富貴 若竹(京都太秦)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

大阪府
南天苑(あまみ温泉)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)
いずみ旅館(朝来市)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)
巴旅館(和歌山市)

岡山県
あけぼの旅館(津山市)
ホテルグランヴィア岡山(岡山市)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)
まきた旅館(倉吉市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

香川県
小豆島グランドホテル水明(小豆島)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)
夏目旅館(道後温泉)

大分県
新ほり井(別府温泉)
陽光荘(鉄輪温泉)
伯亭 若の屋(日田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)
妙見ホテル(妙見温泉)

連絡用メール

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ