日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

神奈川の宿

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

明治28年建造の数奇屋風書院造り [旧箱根宮ノ下御用邸 菊華荘]

念願の富士屋ホテルに泊まり、朝食は洋食と和食を選べたのですが、和食を選ぶと、食事会場が別館の「菊華荘」に指定されました。皇族の旧御用邸として明治28年に建てられたという由緒ある建物。この別館自体が宿泊棟として現在も使用されているそうですが、1日3組程度しか泊まれないようです。恐れ多くも御用邸に泊まる、などという機会があるなら一度は泊まってみたいところです。

しかし今回は朝食のみ。

時間が決まっていたので合わせてホテルを出て朝食に向かいました。

DSCN5289

道路を渡った向かいで、門から建物まで少し歩くような広大な敷地の中に「菊華荘」はありました。

DSCN5287
DSCN5280
DSCN5277

入口を入ると部屋に案内してくれます。和室ですがテーブル席で、10人分くらいの朝食の準備がしてありました。

DSCN5267
DSCN5275
DSCN5276

食事の内容も豪華ですが、やはり建物がすばらしい。
中庭が見える部屋で、廊下などの雰囲気も歴史を感じます。

DSCN5270
DSCN5273

食事のあと、中庭も見学できるので行ってみました。池に赤い橋がかかった端正な庭で、なかなか趣があります。御用邸とはいっても、現在は国道に面しているのでそんなに閑静な感じはありませんが、建造当時なら、自然も豊かで、すごくいい雰囲気の建物だったのでしょう。何はともあれ、明治時代の箱根に来てみたかった。

DSCN5284

中庭を見学したあとは、富士屋ホテルが経営しているパン屋さんに寄ってみて、それからロビーのカフェでコーヒーを飲んでみました。実に高いコーヒーですが、やはり来たからには一応カフェも体験しておきたいということで。

DSCN5291
DSCF0152

帰りは登山鉄道ではなく、小田原まで行くバスに乗ってみることにしました。箱根湯本までの道は、急なコーナーも多く、箱根駅伝の山下りコースの一部を体験する感じ。

DSCN5301

この日の宿泊予定は伊東温泉。余裕で到着できるのですが、昼間、何をするか予定を決めていませんでした。

DSCN5314

とりあえず小田原駅近くで渋いラーメン屋を発見したので、そこでお昼を食べました。昔風のラーメンでなかなかおいしかったのですが、厨房担当がおっちゃんひとりで、大変そうでした。

DSCN5313
DSCN5308

小田原もけっこう古い家並みが残っている感じがあります。しかし小田原についてはこのしばらく後に再び泊まりに来る予定があったので、そのときにじっくり散策することにして、この日はとりあえず早めに伊東に向かいました。

[旧箱根宮ノ下御用邸  菊華荘](2012年9月見学)
■所在地  神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

明治11年創業の名門クラシックホテルに泊まる[箱根宮ノ下 富士屋ホテル]

いつも安い宿ばかり泊まり歩いている私ですが、先日泣く子も黙る高級名門ホテル「富士屋ホテル」に泊まってきました。当然というか何というか自費ではありません(笑)。ブログに来てくれるみなさまのおかげさまで、このブログのアフィリエイトも毎月少しずつポイントが貯まり、けっこうな額になっていたので、普通では泊まれない名門クラシックホテルに泊まってみようと決心したわけです。

クラシックホテルと呼ばれるホテルは各地にありますが、日本最古といわれる日光金谷ホテルなども泊まってみたい宿のひとつ。しかし今回は、ついでに伊豆の温泉にも寄って2泊することにして、箱根・宮ノ下温泉の富士谷ホテルを選びました。ヘレン・ケラーやチャップリンやジョン・レノンなど世界の名士も宿泊したという名門。

本当はこんなブログに載せるとまずい高級ホテルであるわけですが、たぶんあまりにも別格的なので問題にもならないだろうと思います。

東京からはすごく近くて便利なので、余計な旅費もかからないというのも魅力。しかし、夕食は豪華ダイニングでフレンチのコース料理なので、あまり薄汚い格好で行くわけにもいかないという、これまでにあまりなかったシチュエーション。わくわくしながらでかけました。

私のところからだと小田急のロマンスカーで、箱根湯本駅まで直行できるのでこれが便利。ロマンスカーは、車内もなかなか豪華です。

DSCN5077
DSCN5080

新宿から1時間30分くらいで箱根湯本駅に到着しました。駅前はすっかり観光化されていて、平日なのになかなかにぎやかでした。

DSCN5121
DSCN5095

ここでお昼を食べるつもりだったのですが、値段の高い店が多くかなり迷いました。結局駅に近い食堂でもりそば。まあ何というか、いまいちでした。

DSCF0077

しかしこの付近も見どころが多く、お土産屋さんや湯本富士屋ホテルなどを見物したほか、箱根町役場の近くにある郷土資料館などもいってみました。ここはなかなかおもしろかったです。干物を自分で焼いて試食できる店もあったので、アジの開きをちょっと食べてみました。

DSCN5100

箱根旧街道も近くを通っていますが、今回は歩くのが目的ではないのでパス。早くホテルにチェックインして、せっかくの名門ホテルにできるだけ長く滞在したい。

箱根湯本駅からは箱根登山鉄道で宮ノ下をめざします。途中スイッチバックを繰り返しながら山にのぼっていきます。それにしても乗客が多い。やはり箱根は人気があるんだな~とつくづく感じました。

DSCN5124
DSCN5129
DSCN5136

宮ノ下駅で降りて坂を下り国道に出ると、箱根駅伝でおなじみのコース。東洋大学の柏原くんもこのへんを走ったんだなあ、と思いながらホテルに向かいました。すでに道沿いからそれらしき建物が見えています。

DSCN5139

富士屋ホテルにはいくつか建物があって築造年代が違います。人気があるのは昭和11年建造の「花御殿」という建物だそうですが、私は現存する建物としてはもっとも古い明治24年建造の本館のダブルを予約していました。

入り口から係の人がフロントまで案内してくれて、チェックイン。ロビー自体がかなり歴史を感じさせる佇まいです。ボロ宿ではないけれど、こういう雰囲気も私はすごく好きです。しかし貧乏人がたまに高級ホテルに来ると緊張しますね。

DSCN5259

部屋は本館の一番奥というか、廊下のつきあたりにありました。窓からは「西洋館」や「フォレスト館」などが見えています。

DSCN5153

部屋そのものはそんなに古さを感じませんが、広いバスルームなどが特徴的。やはり外国人専用ホテルとして作られた歴史があるだけに、スペースにゆとりがあります。

DSCN5150
DSCN5152
DSCN5147

さっそく冷蔵庫からホテルオリジナルのミネラルウォーターを出して飲んでみました。

DSCN5158

到着したこの日、4時ぐらいから館内を案内してくれるツアーがあるので、それに参加するために再びロビーへ。中庭からの景色もなかなか良いです。

DSCN5163
DSCN5212

本館の階段付近。風情があります。

DSCN5167
DSCN5172

有名な尾長鶏の彫刻もありました。絵画や芸術作品があちこちに置いてあります。

DSCN5173

ホテルのキャラクターぬいぐるみも。

DSCN5175

館内の案内ツアーにはかなりの宿泊客が参加していました。創業以来の歴史などを解説しながら、いくつかの部屋を見せてくれます。昔ビリヤード室だったというバー「ヴィクトリア」や、今夜の食事場所である「ザ・フジヤ」など。うんちくを聞いて感心しながら見学してみて、やはり一回は来てみて良かったなと思いました。

DSCF0095
DSCN5199

飾りや彫刻にも深い意味があるそうです。

DSCF0103
DSCN5188

チェックインの時に夕食を8時からお願いしたので、それまでだいぶ時間があります。中庭もかなり広く、散策してみると温室や水車小屋などがありました。

DSCN5213

大浴場にもいってみましたが、大規模なホテルの割には小さい浴室です。そのかわり温水プールがでかい。

DSCN5223

資料館もあり、歴代の経営者と思われるおもしろいひげのおっちゃんの像。

DSCN5229

今回はせっかくなので貸し切りバスの「マーメイド」を予約して入ってみました。ここも掛け流しです。人魚像があったり、ちょっと普通の温泉とは雰囲気が違いますが、しかしなかなかゆったりした作りで快適でした。

DSCN5217

ロビーからテラスに出ると、右手に花御殿が見えます。なかなかゴージャスですね。和洋折中様式というのでしょうか。今の日本人の目から見ると違和感がありますが、外国人はこういうのをエキゾチックだと思うのでしょうか。

DSCN5205
DSCN5211

そんなことをしているうちに食事の時間がきたのですでに見学したメインダイニングに向かいました。私はどこでもビールを飲んでしまうのでまずビールを頼みましたが、ハートランドの小瓶でした。これをあまりたくさん飲んでいるとお金もかかるので、ワインに変更。一番安いグラスワインを頼みましたが、これがかなりおいしいワインでした。当然のことながら、ふだんスーパーで買ってきて飲んでいるのとはだいぶ違います。

DSCN5243
DSCN5244

メニューの中ではパンとコンソメスープが特においしかった。ステーキも何やらこったソースがかかっていましたが、高そうな肉を使っていました。しかし焼き加減について、私はかなり焼いたほうが好きなので「きっちり焼いてください」と頼みました。いい肉なのにもったいない。「ヴェリー・ウェルダンでよろしいですか」と聞かれたので、そんなのがあるとは知りませんでしたが、それでお願いしました。

DSCN5248

近くのテーブルにはシャンパンを2~3本開けているお金持ちの夫婦もいましたが、われわれはグラス1杯のワインで粘りながらゆっくり食事。無料のパンだけはおかわりしました(笑)

時間をずらしているせいか周辺のテーブルもあまり混み合ってはおらず、本当にゆったりくつろげるダイニングです。高い天井と独特のインテリア空間のせいか、すごく豪華な気分になります。

1時間半か2時間くらいかけて食事をしたので、部屋に戻ったのは10時頃です。翌日は12時くらいまで滞在できるゆったりしたプランだったので、朝食後にも温泉に入れます。朝食は別館で和食を頼んでいますが、その別館もまた由緒ある建物。その話は次回に回します。

[箱根  富士屋ホテル](2012年9月宿泊)
■所在地  神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
■泉質  塩化ナトリウム物泉
■楽天トラベルへのリンク→宮ノ下温泉 富士屋ホテル

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

古びた部屋ながらも食事は豪華。手頃料金の源泉の宿 [湯河原温泉 岩亀荘]

「湯河原温泉」も往年のにぎわいはなく、逆に今は静かでひっそりとした温泉街になっています。とはいえ奥湯河原のほうには現代的でしゃれた旅館などもできているようで、湯治場でも歓楽街でもなく、独特のムードを持った温泉地になっきたような気がします。最近は万葉公園や足湯の整備なども進み、東京から近くて魚がおいしいので、今後もそれなりの人気を維持していくのではないでしょうか。私もなんとなく好きな温泉で、これま4回くらいいっています。

DSCN6196
DSCN6185

以前は「藤田屋」とか「伊藤屋」とか由緒ある名旅館に泊まったりしましたが、結局目的は魚とお風呂なので、もっと安い宿を探してみました。ちょうど連休後の日曜日だったのですが、温泉街の中心に「岩亀荘」という宿をみつけて予約しました。2食付きでだいたい7800円くらいだったと思います。

この日は朝早く東京をバイクで出発し、午前中には湯河原駅付近についてしまいました。駅付近もいろいろ店があるので、バイクを路地に止めて散策したのですが、どうもバイクが心配なので宿に電話を入れて、「チェックインはまだだと思いますが、バイクだけ先に止めさせてくれませんか」とたずねたところ、心よく承諾してくれました。それでまず宿にいってバイクを止めさせてもらい、「いらない荷物も置いてけば」といってくれたので、身軽になって改めて温泉街を散策しました。

「独歩の湯」という大きな足湯に入ったりした後、昼食は温泉街の蕎麦屋さんで食べましたが、かなりおいしかったです。蕎麦だけでなく、おつまみの板わさや冷や奴や浅漬けがおいしかったし、ビールはサッポロ黒ラベルの瓶ビールだったので、大満足でした。店の名前は残念ながら忘れてしまいました。

店を探している時に「味の大洋」という中華料理屋があり、その外観に惹かれたので入りたかったのですが、この手の店は意外にうまいか、完璧に失敗に終わるか両極端の結果が出がちなので、このときは無難に蕎麦屋さんにして、結果的に成功したわけです。

DSCN6200

上が「味の大洋」の外観です。何となく入りたくなりませんか。私だけですか。

そんなこんなで時間をつぶして、ようやく本当に「岩亀荘」にチェックインしました。ここは安いせいもあり、期待通りのいい感じのボロさ加減でした。部屋ももとはそれなりに凝った造りなのだと思いますが、だいぶ古びていて、壁には染みがあり、鍵もあまり機能していない感じでした。でも設備面では基本的にまったく問題はありませんでした。

DSCN6230
DSCN6231
DSCN6236

お風呂の写真は残念ながら撮っていませんが、そんなに大きくないものの、いいお湯だったと思います。前日の連休までは満室だったそうですが、この日は客が少なく「お風呂は貸し切りの札を出してゆっくり入っていいですよ」といってくれたので、お言葉に甘え、独占入浴しました。「岩亀荘」はとにかく立地が良く、湯河原にしては安いので、滞在するにはいい宿だと思いました。

肝心の食事も舟盛りなんかがついて、それなりに豪華です。この食事内容でボロ宿などといっていいのでしょうか、という感じ。そんなに値の張るものは使っていないと思いますが、やはり土地柄か、魚はみんなおいしかったです。それに朝食のアジの開きなんかもさすが伊豆という感じでした。正確には神奈川県なので、伊豆に含まれるかどうか微妙ですが。「岩亀荘」の並びには干物を店頭に干しているような干物屋さんもあったので、やはり新鮮な天日乾しだからおいしいのだ思います。

DSCN6218
DSCN6234

部屋の中には最近みかけないレトロな冷蔵庫があり、持ち込みのドリンクなども冷やせるので便利でした。こういう冷蔵庫は昔はホテルや旅館の客室にけっこうあったのですが、みんなどこにいってしまったのでしょう。

CIMG3361

翌日は湯河原駅前の「二藤商店」で干物を買って帰りました。真鶴にある干物屋さんの支店だと思いますが、帰ってきて食べたらすごくおいしかったです。そのほか日頃から愛好しているカメヤのわさび漬けや、わさび茶漬けなんかを買って帰りました。

湯河原は熱海や熱川、伊東あたりと比べると、温泉街もどことなくもの静かで落ち着ける感じがします。伊豆はどこにいっても食べ物がおいしいし、湯河原にはぜひまたのんびりと滞在するかたちで行ってみたいと思っています。

「岩亀荘」(2008年11月宿泊)
■住所 〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原宮上458-5
■泉質 単純泉(源泉かけ流し)
■楽天トラベルへのリンク→岩亀荘
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」書籍版

ボロ宿紀行・続編好評発売中!!




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ