日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

海外

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

ソウルの格安ボロ宿(特別寄稿by@tamayangさん)

@tamayanさんから再び寄稿をいただきましたので、ご紹介します。
今回は珍しい海外版、ソウルのボロ宿です。

「ボロ宿」ファンのみなさん、こんにちは。
再び機会をいただき、お久しぶりに2回目の寄稿をさせていただきます。
「トーキョー映画館番長」というブログを運営しています、@tanayoungと申します。

前回の記事はコチラです。

ひがし茶屋街の設備万全・極上宿 [金沢 民宿 陽月] (特別寄稿 by tanayoungさん)


今回は、2013年1月にソウルに旅行をしてきて、そこでボロ宿に泊まったのでご紹介を。
・・・そうなんです、もはや“日本”じゃないのですが(笑)。
温泉とあわせて紹介しますので(韓国の温泉、珍しいかと)、お楽しみいただければと。

さて、ソウルで宿泊したボロ宿は、「イムス ハウス ホテル」です。

20130225200535

結論を先に言うと・・・、
シャワーが、お湯は出ますが、水圧が弱いです。それを我慢できるなら、立地は良くてお得なボロ宿です!

「イムス ハウス ホテル」06

使った時間が悪かったのか、ちょろちょろでした。
でも、3泊のうち、1日は温泉、もう1日はサウナに行ったので、ホテルのシャワーは1度しか使わず。
サウナ大国なので、全日外で済ませてしまえば、これは問題にはなりませんね。

「イムス ハウス ホテル」02

エアコンが、あるけど使えなかったのですが、(リモコンが無くてスイッチが入れられない・笑)
床暖房が入っていて暖かく、全く寒くはなかったです。

「イムス ハウス ホテル」03

ツインの部屋はこんな感じです。

「イムス ハウス ホテル」05

「イムス ハウス ホテル」04

ホテルは、通りから少し奥に入ったところにあって、その通り道がこんな感じです。

「イムス ハウス ホテル」07

「イムス ハウス ホテル」08

なんか風情がありますよね。

立地的には、地下鉄3号線・安国駅と地下鉄5号線・鍾路3街駅が利用できます。
どちらへも徒歩10分ぐらいです。
なにより、ちょっと歩いて通りに出れば簡単にタクシーが拾えるので、便利です。(韓国はタクシーが本当に安いです。)

さて、宿泊料金は、ツインルーム3泊で、クレジットカードのドル決済、その変換レートが適応されて日本円で16300円。
1泊1人あたりではなんと3000円以下でした!

続きまして・・・
温泉は、温陽温泉(オニャンオンチョン・Onyangonchoon)に行ってきました。

KORAIL・温陽温泉

ソウル駅、もしくは、龍山駅から、特急電車に乗って1時間半のところにあります。
この電車の旅情感は良かったです。

こちらの地図を参照ください。 http://map.konest.com/dpoi/100919898

この「温陽観光ホテル」に、韓国には珍しい露天風呂があると聞き、入ってきました。
駅からは徒歩5分ぐらいとスグのところにあります。

しかし、実際は、ニッポンのスーパー銭湯並みの規模でした(爆)。

温陽観光ホテル(公式サイトより)
温陽観光ホテル・公式ホームページより)

でも、お湯自体は、硫黄の香りがほんのりして、肌がスベスベになる感じで良かったです。

ところで、脱衣場に、床屋が併設されていました。



そういう文化なんですね~。

ソファーで、本場のアジョシ(おじさん)がくつろいでる風景は、ニッポンと変わらないなぁと(笑)。



脱衣場の受付の横にドリンクが入った冷蔵庫が。そこで買ったのがこちら。

温陽観光ホテル・柿ジュース

柿のジュースです。
これがおいしかったです!
ちなみに、奥のは、なんとゴボウのジュースで、これは激まずでした(爆)。

地図を見てもらうと、「温陽温泉伝統市場」というのがあると思います。
ここも歩きました。

温陽温泉伝統市場

市場通りの横道には屋台も出ていて、オモニ(お母さん)のあったか料理が味わえます。

温陽温泉伝統市場・屋台

トータルでは満足のソウル日帰り温泉の旅となりました。

以上になります。お付き合い、ありがとうございました。
みなさんも、ソウルに旅行する際には、ぜひどうぞ!

イムス ハウス ホテル公式ホームページ http://www.seoulbusinesshotel.com/index.html
イムス ハウス ホテル予約(Agoda) http://www.agoda.jp/asia/south_korea/seoul/yims_house_hotel.html

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

なぜか懐かしい印象を受けた台湾ツアー [台湾・台北 豪景大酒店]

最近、震災の影響もあって、まったく旅に出ていません。5月くらいまではおとなしくしているつもりです。被災地が落ち着いてきたら、その時はぜひとも訪問してみたいと思っています。

そういうわけでネタ不足なので、本来のテーマと違う古いネタをひとつ。2年前に台湾に行った話しです。そもそもこのブログにあえて「日本~」とつけているのは、海外まで範疇に入れてしまうと、シャレにならないような“ボロ宿”がいくらでもあり、主旨が違ってきてしまうからです。あくまでも日本国内で、自分が風情を感じる宿を訪ねていきたいというのが主旨です。

台湾にはツアーで行ったので、泊まったホテルも安宿とはいえ、最低限のレベルはクリアしていました。しかし街中には日本では考えられないような廃墟ビルや古い家がたくさんありました。すごく懐かしい印象。

DSCN8105
DSCN8019
DSCN7996

私は海外旅行に慣れていないので、どこに行ってもおもしろいのですが、台湾もすごくおもしろいところでした。特に屋台の雰囲気とか、食べ物は昔の日本にもあったであろう、闇市みたいな感じ。

CIMG7153
DSCN8228

中華料理独特のにおいが立ちこめる中で、台湾ラーメンも食べてみましたが、あっさりしていてすごくおいしかったです。

CIMG7192

花蓮から台北に戻る時だけ電車も利用しました。豪華な駅弁が付いている、というのがツアーの売りのひとつで、確かになかなかすごい弁当でした。金属容器に入っていたので、いまだにこの容器をいろいろ便利に使っています。

DSCN8196
CIMG7119

この時のツアーは、台北に1泊したあと高雄で1泊、次の花蓮で1泊、最後に再び台北に戻って1泊するという、台湾1周強行軍ツアーでした。

初日に泊まった台北の「新仕界飯店」は、かなり古いようでしたが、まあ日本にもよくある安いビジネスホテルみたいな感じ。

DSCN8013

ツアー全般にそんな感じのホテルでしたが、花蓮だけはけっこう豪華ホテルだったような気がします。最終日の台北も同じ「新仕界飯店」に泊まる予定だったのですが、前日にバスの中でツアーガイドが「最初のホテルに不満を感じた方はいらっしゃいますか」と聞いてきました。

よく聞いてみると「新仕界飯店」の予約がダブルブッキングになっていて、ツアーの中の数人が別のホテルに移らなければいけないという状況だったそうです。私は特に不満はなかったのですが、別のホテルにも泊まってみたいと思って、ホテルの変更をお願いしました。

それで最終日に泊まったのが「豪景大酒店」。英語名は「リバービューホテル」というそうで、確かに川沿いにありました。しかしここのホテルも安宿には変わりなく、しかも変な作りの部屋になっていました。おそらく2つの部屋の壁をぶちぬいて、1部屋にした感じ。洗面やトイレなどの設備も2つあり、妙に細長い変な部屋でした。

CIMG7196

こんなブログをやるとわかっていたら、部屋の写真もとっておけばよかったのでが、まったく撮影しておりません。残念です。

ところでこのホテルの朝食は12階の眺めのいい食堂でのバイキングでしたが、日本人は少なく、中国人が多いようでした。

大騒ぎしながら皿を大盛りにしている人々の中で、同じテーブルの一組の夫婦だけがひどく質素なものを選んでもくもくと食べているのが目につきました。肉まんとごはんとスープ。この夫婦は台湾の地方部から出てきた人なのでしょうか。たぶんいろいろ並んでいるおかずの中で、こういう質素なのが食べつけていて、好みなんでしょう。

CIMG6943

DSCN8240

結局のところ、この時のツアーはあわただしく台湾を1周しただけで、じっくりと自分の足で歩いたのはほんの少し。特に台湾東部の先住民エリアはすごく魅力的な街が多かったので、ぜひとも再訪したいと思っています。

[台北  豪景大酒店](2009年4月宿泊)
■所在地  台湾台北環河南路一段77號

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

番外編・フィリピンで見た印象的な街並み [ブキドノン市 パインヒルホテル]

旅行が好きであちこち行きますが、海外旅行となると数えるほどしか行っていません。しかもたいてい仕事関係の用事で、自分が目的地を選んで行った海外旅行はほとんどありません。海外旅行も行けばおもしろいことはわかっているのですが、国内に行きたいところがありあまるほどあるので、どうしても国内優先になってしまいます。

また“ボロ宿”にしても、海外に目を向けると日本とは意味が違ってくるので、このブログでも基本的に除外しています。

昨年フィリピンに行きましたが、これも仕事でした。実際に行って思ったのですが、やはり日本は豊かというか、日本の旅では「ボロ宿が好き」などといっていられますが、フィリピンあたりに行くとそんなあまっちょろいもんではないな、ということです。

DSCN7279
DSCN7289

本物のスラムもありますし、ホームレスも日本みたいにこぎれいにしているのはいなくて、かなりヤバそうな感じばかりでした。

しかも私がいったのはマニラなどの都会ではなく、ミンダナオ島の田舎町です。マニラからミンダナオ島のダバオという都市まで国内線で行って1泊し、翌日そこからさらにチャーター便に乗りました。

DSCN7011
DSCN7297

こんな感じのプロペラ機です。小さいですが割と立派でした。でも乗る前に体重申告や荷物の重さチェックなどがあり、かなり能力ギリキリの客を乗せての飛行でした。案の定、途中の山を越えるのにえらく苦労をしたそうで、帰りは荷物は別便で送ることになりました。

行ったのはバナナやパイナップルのプランテーション。広大な農地が広がっていますが、そのところどころに農場労働者の集落があり、これが掘っ立て小屋というか、柱と布でできている感じで、現在の日本ではもはや見られないようなボロい家でした。気候や風土が違うので住宅も日本とは違ってあたりまえですが、防寒の必要性が薄いことも大きいかもしれません。よく見学したかったのですが、車であっという間に通りすぎてしまいました。

DSCN7220
DSCN7260

この日泊まったのが、ブキドノン市という町にある「パインヒルホテル」です。ここがけっこうなボロ宿でした。でも現地としては可能な限りのいいホテルだったのだと思います。ホテルへは車で行きました。

DSCN7292
ブキドノン市内-1
DSCN7290

ホテルはかなりにぎやかなエリアにあって、屋台や夜店も目につき「なかなかおもしろそうなところじゃないの」と思ったのですが、現地の人に「このへんを日本人がひとりで夜歩きするのはあまりよろしくない」といわれたので、食事以外はホテルに引きこもっていました。

DSCN7277
DSCN7286

しかし地元民はホテル前の広場にも夜中まで集まっていて、楽しそうに遊んでいます。あのへんの屋台でちょっと「サン・ミゲル」でも飲みたいな、という誘惑にかられたのですが、私的旅行ではないのであきらめました。

とにかくここらのほとんどすべての建物がかなり古い廃墟みたいな感じで、ホテルはその中では比較的立派な建物でした。室内も殺風景ではありますが、ふつうに清潔でタオルや石けんなども付いています。しかしお湯の出が悪くて、突然ほとんど水しか出なくなったりします。結局給湯パワーに限界があり、何人かが同時に使うと出る量が少なくなるということのようでした。

海外に行けばこういう例はよくあることでしょうが、あまり慣れていないのでなかなか大変でした。

翌日、再びチャーター機に乗ってセブ島に向かいました。セブ島といえば日本でも人気のマリンリゾートで、宿泊するのは前日とうってかわって、リゾートホテルの「シャングリラ」ですから、いきなり豪華になりました。

DSCN7304
DSCN7307

こんな感じ。客は日本人も多かったですが中国人、韓国人がやたらと多かったです。ホテルに荷物を置いたあと、セブ市内の見学に行ってみました。旅行客の多いリゾート地とはいえ、通りにはホームレスもいましたが、思いっきり汚かったです。

「カルボン・マーケット」という地元民向けの市場にも行ってみました。ここは戦後の闇市というか、アメ横というか、かなり活気があり、なかなかおもしろいところでした。

DSCN7311
DSCN7320
DSCN7312

もうこのへんはボロい住居や崩れそうなビルの宝庫で、思わず目を奪われましたが、やはり治安上は問題があるみたいで、前後を現地の人に警備してもらい、しかも「あまり立ち止まるな」といわれて、さっさと歩いて見学したのであまりゆっくり見学もできませんでした。

学生時代の友人に「ハゲフィリピン」というあだ名のやつがいましたが、「あいつならここに溶け込んで、なんの問題も起きないだろうな」などと妄想しながら歩きました。しかし現地人はみんな明るく庶民的なムードで、なかなかいい感じでした。

結局、日本と比べると貧富の差がかなり大きいということでしょうか。私が見たのはフィリピンのほんの一部ですが、ボロい家は本当にボロく、一応屋根が付いている程度という感じ。

しかしどこかスペイン風が混ざっているせいか、私としてはボロい街並みにもそれなりに個性と風情を感じてしまい、なかなか印象深い経験でした。いずれは仕事ではなく、個人旅行でもう一度訪問してみたいと思っています。

[フィリピン ブキドノン・エリア パインヒルホテル](2009年2月宿泊]
■場所 ミンダナオ島ブキノドン市(あとはよくわからない)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」文庫版発行




日本ボロ宿紀行 Blu-ray BOX
押していただくとこのブログのランキングが上がります↓


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天市場
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

もんすけ

 古い湯治宿や駅前旅館など、日本が高度成長時代に入る前からあったような雰囲気の宿が大好きで、各地を回っています。
 どこにいってもそれなりに立派な宿が多く、個性的なボロ宿に出会うことは少なくなりました。
 10年、20年前ならもっといろんな宿が残っていたと思いますが、しかしいま現在でも、10年後、20年後に比べたら多くの貴重な宿が残っているはずです。そうした宿を記録に残していけたら、と思っています。

広告










楽天トラベルで予約できる宿(書籍・ドラマ登場の宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
プレミアホテル‐CABIN-旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)
えべおつ温泉(滝川市)
ホテルサハリン(稚内市)

青森県
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)
新清館(湯川温泉)
旅館大正館(盛岡市)

宮城県
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
サンマリン気仙沼ホテル観洋(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
湯口屋旅館(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
若松屋村井六助(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)
亀屋万年閣(小野川温泉)
三木屋(かみのやま温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本温泉)
江戸屋(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)
松坂屋旅館(草津温泉)
湯の花旅館(万座温泉)
山水荘もりや(沢渡温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)
ゲストハウス錦(秩父市)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)
御岳山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)
民宿たちばな(丹波山村)
リーベン古奈家(富士吉田市)

新潟県
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)
ほてる大橋館の湯(岩室温泉)

富山県
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
金具屋(渋温泉)
国楽館 戸倉ホテル(戸倉上山田温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)

静岡県
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)
金谷旅館(伊豆下田河内温泉)

愛知県
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)
三谷旅館(長浜市)

京都府
富貴 若竹(京都太秦)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

大阪府
南天苑(あまみ温泉)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)
いずみ旅館(朝来市)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)
巴旅館(和歌山市)

岡山県
あけぼの旅館(津山市)
ホテルグランヴィア岡山(岡山市)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)
まきた旅館(倉吉市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

香川県
小豆島グランドホテル水明(小豆島)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)
夏目旅館(道後温泉)

大分県
新ほり井(別府温泉)
陽光荘(鉄輪温泉)
伯亭 若の屋(日田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)
妙見ホテル(妙見温泉)

連絡用メール

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ