このあいだテレビ東京の旅番組を見ていたら、風間トオルと相田翔子の小海線の旅をやっていました。小淵沢から清里、野辺山を通って小諸まで行くルート。昔は本当に何度となく遊びにいったところで、野辺山と聞くとさわやかな高原の風景が浮かんできます。なつかしかったので昔の写真を探したら2005年に野辺山に泊まった時の写真がありました。

このとき泊まったのが「ロッヂ飯森山」。飯森山の登山口にあり、登山の拠点になっている宿ですが、周辺観光に利用する人も多いようした。なんといっても確か2食付き5000円くらいという安さ。部屋はまあ殺風景ですが、清潔で設備も整っていました。

RIMG0126

食事は1階の食堂で取ります。一緒にいたおっちゃんたちと話してみたら、基本的にゴルフに利用しているそうです。「前日の夜にこの宿に入って泊まれば、翌日は朝早くからゴルフができる。5000円で食事まで付くんだから、朝東京から来るより絶対楽だから」ということでした。

その日の食事は異様に鯉だらけで、これだと鯉が苦手な人はダメでしょう(笑)

ロッヂ飯盛山

昔は近くの「清泉寮」なんてのも大人気で、ソフトクリームがおいしいということでした。でも実は野辺山駅のすぐ近くにある「最高地点」というレストランのソフトクリームのほうがおいしい、ということはわれわれの間では密かに知られていました。地元の農協かなんかの乳製品の販売所も近いので、そこにも必ず寄ってソフトクリームを食べていました。

ちなみに野辺山駅はJRでは最高地点にある駅で、標高が1300m以上あります。鉄道路線の最高地点もこのすぐ近く。旅番組にも登場していました。鉄道ファンの間ではあまりにも有名な駅です。

RIMG0118

「ロッヂ飯森山」の近くには「しし岩」という展望スポットがあって、八ヶ岳の雄大な景色が展望できます。

しし岩?
RIMG0115

わずか5年前だというのに、何となく写真が古くさい。やはりデジカメの性能の違いでしょうか。この宿は泊まった翌日出発後に、冷蔵庫に預けたハムを忘れたことに気づき、清里から取りに戻った思い出があります。

清里や野辺山、松原湖高原や小諸、佐久といった141号線をたどるルートは、私にとってまさに青春そのもの。キャンプをすることが多かったのであまり宿には泊まっていませんが、本当に気持のいい高原ルートなのです。

[野辺山・民宿 ロッヂ飯森山](2005年5月宿泊)
■所在地 〒385-1304 長野県南佐久郡南牧村平沢75-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ