2008年の1月、私の家に“朗報”が舞い込みました。

前にも少し書いたのですが、中野サンモール・中野ブロードウェイ商店街・両振興組合の協同企画による河口湖温泉バス旅行が当たったのです。

CIMG2484

何か買い物をした時に応募券をくれたので、名前などを書き込んで一応投函していたものですが、あまり当たることは期待していませんでしたし、忘れていました。突然、当選通知が郵送されてきたため、うちのかみさんはすぐさまクーポンをもらいに中野サンモール商店街振興組合の事務所にかけつけました。クーポン券をもらいにきたやつとしては一番のりだったそうです。誰に取られるというわけでもないのに、必死にかけつけるところがあさましいというか‥‥。

旅行は2組みに分かれていて、最初の組のほうが少しグレードの高い旅館が割り振られていたそうなので、早く行くことがまったく無意味だったわけでもないようです。

旅行当日は中野サンプラザ裏に集合。だいたい参加者は60歳前後の人々が多く、私たちは若いほうでした。ふだんから温泉はけっこう行っていますが、貧乏くさい旅が多く、豪華な旅館にしかもタダで行けるなんて夢のようです。せっかくの豪華バス旅行なので、朝ごはんはバスの中で食べようと、おにぎりを持ち込んで食べながら出発しました。

旅行自体はあくまでも団体のバス旅行なので、あまり期待はしていなかったのですが、実際に参加してみるとけっこう至れり尽くせりで充実した内容でした。初日は「河口湖猿まわし劇場」や、「オルゴール館」などに寄り、お昼はほうとうを食べました。すべて込み込みなのでタダです。タダのほうとうはひときわおいしかったです。

DSCN2022
DSCN2023

そのほか「西湖いやしの里」という、藁葺き屋根の村を再現した観光スポットにも連れていってもらいました。ここでは唯一自腹で甘酒を飲みました。

DSCN2045

何か申し訳ないくらいあちこちをまわってくれて、夕方にいよいよ豪華旅館「秀峰館 湖月」に到着。後続のバスは別のホテルになるので、途中で別れました。この日、天気は曇りで富士山はあまり見えませんでしたが、ここの露天風呂からの富士山の眺めは素晴らしく、サザエさんのエンディングにも使われたそうで、そのセル画が展示されていました。サザエさんに使われたとなると、ただものではないとありがたく思ってしまうのは、日本人ならではでしょうか。

お風呂の写真は撮れなかったので宿のHPからお借りしました。富士山を朝日のもとで見る「赤富士」、月明かりのもとで見る「黒富士」なども、条件によっては露天風呂から見えるそうです。

ph_spa03
ph_spa02

なかなか豪華なお風呂で露天風呂もついていました。

さらにお風呂を出ると、ビールのディスペンサーがあり、無料でいくらでも飲めるのです。最近の豪華温泉旅館ではこんなサービスが当たり前なのでしょうか。そうだとすると、うちなどはビール代で元がとれてしまいます(かみさんが私以上に飲むので)。

そういうことなら、「ここにさきいかか柿ピーを持ち込んでゆっくり宴会をすればいいな」と思いましたが、どうも見ていると誰もそういうことはしていないようのでやめておきました。いいアイデアだと思ったのですが。

そのあとは大広間で宴会です。大部屋での宴会は、会社勤めをしていた時の社員旅行以来でした。振興組合の人が挨拶しましたが、タダで参加した人々はこれに盛大な拍手で応えていました。ふだん食べつけないような豪華な食事が出て、デザートまで出ました。だいたいこういうところがボロ宿と決定的に違うのは食器ですね。

CIMG2479
CIMG2482

朝食もバイキング形式ですが、なかなかこった料理も多く、ここぞとばかり、食べきれる限界まで持ってきて食べました。

DSCN2038

朝になると、天気が回復し、ちょっと雲が残っていましたが富士山がくっきり見えました。例によってバスガイドさんは「みなさんのこころがけがいいからですね」などといっていましたが。

CIMG2476

この日も予定がいろいろもりだくさんで、美術館みたいなところとか、ブルーベリーの栽培や販売をしている「ブリーベリーの里」などにも行きました。ここでは希望者がブルーベリージャムの手作り体験ができるのですが、これも無料だったのでもちろん参加しました。個人旅行だとこの手の観光施設にはまず寄ることはありません。なかなか新鮮でおもしろかったです。最後は再び中野サンプラザ裏まで送り届けてくれました。

DSCN2055
DSCN2049

抽選によるタダ旅行は初めての経験でしたが、参加者がみんな「選ばれた人間」としての誇りを持っているせいか、なごやかで、なかなかいい雰囲気でした。振興組合のみなさま、その節は大変お世話になりありがとうございました。この企画は毎年あるので、その後も必死に応募をしていることはいうまでもありません。

なお手作りしたジャムは瓶に入れてラベルを貼り、持ち帰って食べましたがなかなかおいしかったです。しかも作るのは意外に簡単だったのでそれに味をしめて、ベランダでもブルーベリーの栽培を始めてみましたが、今年、はじめて大量に収穫できたので、いよいよジャムを作ってみようと思っています。

[河口湖温泉郷・秀峰閣 湖月](2008年2月宿泊)
■所在地 〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2312
■泉質 カルシウム、ナトリウム、硫酸塩、塩化物温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
■楽天トラベルへのリンク→富士河口湖温泉 秀峰閣 湖月
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ