さらに四国ツアーは続きます。

この日の予定は、坂出から寝台列車の「サンライズ瀬戸」に乗って東京に帰るというもの。丸亀から坂出に行って一応下車してみたものの、まだ電車までは4時間以上時間がありました。一応駅前を歩いてみるといきなりボロ宿を発見しました。「旅館 松の下」。小規模ですが、かなりいい感じの駅前旅館です。

DSCN5182

素泊まり4500円と書いてあります。値段が外に出してあるのは、いかにも飛込みオーケーという旅宿らしい雰囲気。考えてみれば坂出も、瀬戸大橋ができたことでますます交通の要衝になっているはずなので、こういう宿があっても当然でした。

DSCN5184

さらにもう一軒も駅前に発見。「旅館たつみや」。こっちはどうも廃墟のような感じなので、営業していないかもしれません。 

DSCN5181

そんなことをしていてもたいして時間は過ぎず、坂出駅周辺にはあまり時間をつぶせるような店もありませんでした。ここで考えました。ここから高松まではそんなに遠くないので、いったん高松に行ってそこで時間をつぶすか、あるいは最後は「サンライズ瀬戸」に乗ればいいわけなので、このまま普通電車で瀬戸大橋を渡ってしまい、岡山駅周辺で時間をつぶすか。

しかしやはりここは讃岐うどんを食べることを考えて高松に行くことに。もうだいぶ暗くなりかけていました。

高松は2年くらい前にも仕事で行ったのですが、車移動だったので駅には行きませんでした。なので高松駅に行くのはすごく久しぶりです。なにしろ前に行った時はまだ宇高連絡船があったんですから。今回改めていってみると、高松駅はすっかり新しくなり、周辺は未来都市のように変貌していました。

DSCN5186

駅前の小汚いうどん屋をめざしていたのに、これだとそんなものは見つけられそうにありません。考えたあげく、もう何でもいいやと思って、未来建築の高層ビルをめざしました。思ったとおりレストラン街があり、ラーメン屋さんなどもあったのですが、結局ビールを飲まなければいけないのでお寿司屋さんにしました。

ここでビールと地酒の「国重」を飲み、お刺身といいだこの煮付けを食べました。みんなおいしかったです。刺身の盛り合わせは、いろいろ注文をつけて好きなネタにしてもらいました。その節はわがままをいって申し訳ありませんでした。

DSCN5199

さらに駅に隣接してスーパーマーケットがあったので寄ってみると、私が愛する徳島製粉の「金ちゃんラーメン」が山ほど置いてありました。四国だから当たり前かもしれません。とりあえずスタンダードタイプの5個パックを買いました。

DSCN5211

ラーメンが入った袋をぶら下げて駅前を歩くと、丸亀と同様、駅前でストリートミュージシャンが演奏中。なかなか上手でした。

DSCN5190

さらに駅の立ち食いに「連絡船うどん」というのがあったので、ここでうどんを食べることにしました。旅行客向けの店なので、製麺所なんかで食べる本格的な讃岐うどんとは違いますが、やはり東京の立ち食いではありえないおいしさでした。

最初「海老天」を頼んだらおばちゃんが「売り切れた」というのでちくわ天にしたら、「ちくわ天も売り切れた。あるのは野菜天とじゃこ天だけ」というので、野菜天にしてみました。

DSCN5213
DSCN5215
DSCN5214

そうしているうちに、ようやく電車の時間も近づいてきたので再び坂出駅へ。坂出駅のガード下にコインロッカーがあり、そこに荷物を預けていたので行ってみると、ここでもストリートミュージシャンが演奏していました。


DSCN5219

電車までまだ時間があるので聴いていると、かなり上手なやつでした。声はミスチルの桜井さんみたいなねばりつくような色気のある通る声で、高音部の響きが聴いていてとても気持いいのです。四国のこのあたりは、ストリートミュージシャンがはやっているのか? などと思いました。

近くで聴いているのは私だけだったので、彼はこっちをちらちら見ながら歌っていて、私も聴きほれていたのですが、そのうちいきなり歌本を取り出して、なんとキャンディーズをやり出したのです。「春一番」を。おそらく彼は「いま聴いているこのオヤジが知ってそうな曲でもやってやろう」と思ったのでしょう。

私はこのクソガキに「人の音楽の好みを年齢で判断するな!!」と説教してやろうかと思いました。だいたいキャンディーズからすると私はだいぶ年下の男の子なのに。

でも冷静に考えてみると、彼が何を演奏しようと彼の自由だし、そもそもこっちの年齢に合わせて選曲したとは断言できないわけです。そうしてみるとキャンディーズぐらいで逆上せずに、100円くらいあげてくれば良かったと反省しました。

坂出駅のガード下のミュージシャンくん、その節はとても心地よい歌声をありがとうございました。

DSCN5221

時間が近づいて「サンライズ瀬戸」を待つために坂出駅のホームにいても、彼の通る声は聞こえ続けていました。その歌声を聴きながら「今回の四国ツアーもこれで終わりか」と思い、ちょっと感傷的な気分になってしまいました。

[坂出・旅館 松の下](2010年3月見学)
■場所 〒762-0045 香川県坂出市元町1-5-2
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ