ここも超有名な宿。建物の古さからいえばいい感じのボロさでしたが、全体的には「ボロ宿」とはいいにくいです。奥鬼怒温泉郷というと秘湯のイメージが強いですが、「八丁湯」あたりは車が入れるので、アクセスも問題ありません。

鬼怒川温泉駅からバスで夫婦渕駐車場まで行き、そこで宿のバスに乗り換えてさらに上がっていきます。温泉がいいので苦労して行くかいがあります。宿のバスの中で、到着後に食べる昼食の注文を取っていました。せっかくなので蕎麦を注文。宿についてから、食堂で注文した蕎麦が出ました。温かい山菜そばで、おいしかったです。

DSCN1223

宿は旧館とログハウス風の建物が並び、なかなかの風情でした。「八丁湯」に着く途中にやはり有名な「加仁湯」がありますが、ここもちらっと見た感じはかなり良さそうな建物でした。今度行ってみたいと思っています。

山奥の温泉ですが荒んだ山小屋という雰囲気ではなく、全体的にきれいで近代化されており、その面では少し意外でした。宿泊客も多く、人気をうかがわせます。食事は大部屋に集まってとります。普通の内容でした。

DSCN1188

ここはなんといっても滝見の露天風呂が有名です。ただ一番古いお風呂は男性用の内湯だそうで、木の浴槽が2つに仕切られたタイプの渋い雰囲気。露天風呂は女性用(下の写真)がひとつある以外、3つが混浴で、脱衣所のすぐとなりに大きな木製の浴槽があり、その下段にかなり大きな岩風呂があります。さらに滝の横の階段を昇っていくと小さな岩風呂風の露天があります。下の写真2点は宿のHPからお借りしました。

hattyou2111
hattyou5111

私はこういうところに行くと夜中に探検するくせがあるのですが、昼間は混んでいた露天風呂も人がいなくなり独占できます。屋外の闇も山奥だけに何となく不気味で、全体が昼間とは違った雰囲気に見えてきます。建物も新旧入り交じってけっこう入り組んでいるので、おもしろかったです。

DSCN1219

上の写真は女性用露天風呂だそうです。滝の上のほうの小さな岩風呂には、夜中に行ってみました。誰か人がいたのでその客があがるのを下の露天風呂で待ち、かなりたってから降りていったので、入れ代わりに入りました。多少の灯はあったと思いますが、暗くて、手さぐり状態でした。

ここでのんびりしていると、さっき降りていった客がまた昇ってきて「ここにコーラありませんでしたか」といいます。あったとしても暗くてとても見えません。「さあ?」というと、「いや、いいんです、いいんです」といいながらまた降りていきました。あれは宿に棲む座敷わらしか何かだったのでしょうか。

DSCN1191

翌日はすごく人に慣れた大きな老犬がいたので少し遊びました。あの犬はいまも元気でいるのでしょうか。

DSCN1179


[奥鬼怒温泉郷・八丁湯](2007年8月宿泊)
■住所 〒321-2717 栃木県日光市川俣876
■泉質 単純温泉 
単純硫黄泉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ