「板室温泉」は、那須とか塩原にいくと道路標識などで見かけて、前から気になっていました。一度はいってみたいと思いつつ機会がなく、ようやく2009年になって初めて行きました。黒磯インターができて便利になったこともあり、ついに行ってみようと思ったのです。行く前のイメージとしては、東京にも近く那須のリゾートにも近いので、何となく小規模ながらしゃれた宿が立ち並ぶ、お金持ちの定宿がある高級温泉街だと思い込んでいました。根拠はありませんでしたが。

DSCF0065

実際に行ってみたら全然違いました。ほとんど東北の山奥の湯治場みたいな雰囲気。しかもいい感じに寂れていて、すっかり気に入ってしまいました。宿の数も多く、長期滞在向けの安い宿もたくさんありました。温泉街の奥に入っていくにしたがって道も狭くなり、木造3階建ての宿や古ぼけた商店などが目につき、倒壊しそうな物置小屋などもあります。これは「当たり!!」と思ってわくわくしました。

DSCF0066
DSCN9193
DSCN9217

宿泊したのは温泉街の一番奥にある「江戸や」という宿です。ここに2泊しました。2食付きで8000円ちょっとだったと思います。宿につくとバイクを玄関の屋根の下に入れてくれて、「ここは湯治場だからなんにもないけど、お湯がいいからゆっくりしていって」と、歓迎してもらいました。全体的には湯治宿風なのですが、玄関前などはきれいになっていて、おそらく割と最近リフォームしたと思われます。タオルやバスタオルなども、洗練されたデザインのものが置いてありました。

DSCF0062

お風呂は浴槽が2つに分かれた大きめの内湯と、そこにつながる混浴の露天風呂がありました。2日間とも、ほとんどほかのお客さんに風呂では会わなかったので、何回もゆっくり長湯しました。お湯は比較的ぬるめで、長く入れます。露天風呂も解放感があり、なかなか良かったです。

DSCN9195
DSCN9202

2泊したので、まるまる1日は温泉街で過ごすことになります。そこで外湯まわりをしてみました。板室温泉には温泉旅館の組合のような「温和会」というのがあって、宿泊客は「温和会」の宿のお風呂に無料で入ることができます。全部は入れないので、とりあえず適当に近いところを選んで、いくつか行ってみました。

DSCN9212

入ったのは「一井屋旅館」「加登屋」「水清館」などです。上の写真は「一井屋旅館」の風呂です。「水清館」では、混浴の露天風呂があるということなのでいってみました。おばちゃんが「誰もいないはずだからどうぞ」と案内してくれたのですが、いってみたらおっちゃんが一人入っていたので、やめて内風呂だけ入ってきました。内風呂は一般家庭の風呂のような狭さで悲しかったです。でも湯上がりにご主人が出てきて、コーヒーを入れてくれました。その節はありがとうございました。

そのあと何でもある食堂でラーメンとかそばを食べて、今度は川向こうにある日帰り温泉施設の「板室健康の湯 グリーングリーン」にもいってみました。ここは風呂が大きくて食堂や休憩所もあるのですが、とにかくやたらと混んでいてどうしようもありませんでした。もう露天風呂では隣のおっちゃんとお肌が接するような感じ‥。風呂自体の雰囲気はいいですけど、ちょっと厳いものがありまた。近隣の住民には大人気のようです。

マッサージ室もあったので頼んでみたのですが、これがすごく本格的なやつでよく効きました。バイク乗りの宿痾である肩とか腰のこりが取れ、すごく軽くなりました。

昼間の外食もそうだったのですが、宿の食事も含めてどうもめしは……です。少し離れたところに混んでいる蕎麦屋さんがあったので、そこはおいしいのかもしれません。とにかく湯治場なのでぜいたくはいえませんが。しかし、宿にあるビールがスーパードライというのはいただけません。近くの古びた酒屋さんに行ってみたらサッポロ黒ラベルがなかったので、一番搾りを買いました。ただこの店のおばあちゃんが缶ビール6本の値段を紙に書いて計算しようとするのですが、なかなかできなくて、最後は店にいた近所のおっちゃんが見かねて代わりに計算していました。こんなんで商売のほうは大丈夫なのでしょうか。

DSCF0046
DSCN9197

1回行っただけなのでまだなんともいえませんが、ひなびた湯治場風情があり、のどかなところなので、私としては好きな雰囲気でした。

ただ長期滞在するとなると、さすがに食堂や商店が無さすぎて厳しいかもしれません。歓楽色もまったくありません。少し行けば那須のガーデンアウトレットや那須高原など、いろいろあるのですが、徒歩圏には遊ぶところもありません。あくまでも湯治目的で「じっくり風呂に入りたい」という場合にはいいと思います。

[板室温泉  江戸や」(2009年5月宿泊)
■住所 〒325-0111 栃木県那須塩原市板室860
■泉質 アルカリ性単純泉(源泉かけ流し)
■楽天トラベルへのリンク→江戸や
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ