しばらく忙しくしているうちにだいぶ更新が滞ってしまいました。

今回は今年2月、京都で嵐山に寄った時の話しです。仕事は夕方くらいには終わったので、日帰りすることもできたのですが、行先が嵐山に近かったので寄ってみて、ついでに一泊して帰ってくることにしました。

行きの新幹線の弁当は例によってこんな感じ。

DSCN0525

お昼ごはんに食べたうどんと親子丼セット。

DSCN0531

桂駅から阪急で嵐山に向かいます。

DSCN0536

阪急嵐山駅。2月で寒い割にけっこう人がいます。

DSCN0538

私はこのへんに来るのは初めてなので、方向がよくわからなかったのですが、人の流れに沿って歩いていると渡月橋に出ました。少し前に洪水で大変なことになっているのをニュースで見たところです。

DSCN0539

そのせいかまだ何か工事をしているようでした。

DSCN0543

橋を渡った先はこじゃれた店も多く、カップルの観光客がたくさんいました。さすが人気観光地。

特にすることもないし寒いので喫茶店で休憩。どこか寄るべきところはないか、スマホで検索してみると、すぐ近くに天竜寺というのがあります。天竜寺といえば足利時代の天竜寺船が有名ですね。それ以外、何も知りませんでしたが、名の知れたお寺なのでちょっと見学していくことにしました。

DSCN0546

しかし行ってみると一部工事中で、庭園などの見学は有料だったので、適当にそのへんを散歩して、宿に向かうことにしました。天竜寺のすぐ前が嵐電嵐山駅でした。

DSCN0555
DSCN0551

駅も和風モダンというのか、観光地らしくなかなか凝ったつくりになっています。京の宿はここから電車に乗って1本の「帷子ノ辻」駅近く。発車まで少し時間があったので、駅に隣接したタリーズコーヒーでホットココアを飲んで時間をつぶしました。周囲は外国人観光客が多かったです。

DSCN0562
DSCN0563

時間が来たので乗車。

DSCN0569

この路線に乗るのも初めてでしたが、「嵐電嵯峨」とか「有栖川」とか、歴史の風情を感じる駅名が多いですね。さすが京都です。

しかし「かたびらのつじ」という何となく不気味な地名は、どういういわれがあるのでしょう。ちょっと調べてみたら、平安時代初期の嵯峨天皇の皇后の遺体が本人の希望によって打ち捨てられたところだという説もあるそうな。

DSCN0571

とにかく駅を降りて、少し行くと商店街があり、その途中を入った路地にめざす宿「富貴 若竹」がありました。この日は素泊まりで予約し、夕食はどこかで食べようと思っていました。

入口を入ると、カウンター席と座敷があって宿というより料理屋さんのような感じ。実際、料理屋も兼業しているようです。

DSCN0574

カウンター内におっちゃんがいて迎えてくれて、おばちゃんが風呂や洗面所などの場所を説明。それから部屋に案内してくれました。

こんな感じの家なら、外に食べに行くのも面倒なので、ここで食事もすませてしまおうかと思い、「食事もできますか」と聞いたら、おっちゃんが「できるよ」といって、その日仕込んでいた鍋のふたを開けて見せてくれました。確かふぐか何かを煮ていたような気がします。私は「そんなに本格的な料理ではなく、軽くビールとおつまみをがあればいいです。あとでまた降りてきますからよろしく」といって2階の部屋に上がりました。

部屋はこんな感じ。

DSCN0575
DSCN0578

洗面所とお風呂。お風呂はなかなかお湯の出がよく快適なお風呂で、私は例によって長湯してしまいました。

DSCN0582
DSCN0585

お風呂からあがって1階のカウンターに行ってまずはビールを頼みました。おばちゃんが何か作りましょうか」というので、「軽いものがいいです」というと、「それなら、おひたしでも出しますか」とホウレンソウのおひたしを出してくれました。さらに何か食べようかと考えていると「てっさと湯豆腐なんかはどうですか」といわれたので頼みました。あまりおなかがすいていなかったので「湯豆腐の豆腐も少なめで」お願いしました。

結局ここでおっちゃん、おばちゃんと話しながらビールとお酒をずいぶん飲むことになってしまい、食事の写真はまったく撮れませんでした。

この宿はやはりもともとは料理屋として始めたのだそうです。この家がある商店街は「大映通り」と名がついているように、周囲は大映や松竹などの撮影所があり、昔は映画やテレビ関係者でにぎわったそうです。そのうち、京都で滞在するスタッフのために宿をやってくれという要望があり、2階を改造して宿にしたそうな。現在はあまり客も多くはないようですが、京都観光に便利な場所でもあり、普通の宿として営業しているそうです。

京都の撮影所というのは、いろいろ紆余曲折があり、私も詳しい歴史はわかりません。おっちゃんとおばちゃんが話してくれたのはたぶんテレビ時代劇の黄金時代の話だと思いますが、実におもしろかったです。特にこの宿は松竹のすぐ近くにあたるようで、役者さんやスタッフとの交流を懐かしそうに話してくれました。

てっさと湯豆腐だけといっても、食べてみるとけっこうおなかがいっぱいになり、だいぶ酔っぱらったので寝ることに。ほかにもいろんな話が出ましたが、撮影所の全盛時代の話を聞けただけでも、ここに泊まった価値がありました。

翌朝は東京に帰るだけなので、8時くらいに宿を出て、JRの太秦駅まで歩いてみることにしました。宿の前にあたる大映通り商店街。

DSCN0589

これを歩いていくと大魔神像。普通のスーパーの前にかなり大きいやつがあるので、けっこうびっくりします。

DSCN0595

やがて太秦交差点に出ます。嵐山本線の「太秦広隆寺前」駅前に当たります。

DSCN0600

私は東映の太秦映画村をちらっと見ていこうかな、と思い歩きましたがこのへんの道はわかりにくく、すぐ近くだと思っていたのにけっこう迷ってしまいました。

ようやく映画村に到着しましたが、まだオープン前。残念ながら入場するはあきらめて、バスとJRで京都駅に向かい、東京に帰ったというわけです。

DSCN0605

京都といえば古い歴史をイメージしますが、昭和の想い出が実感できる太秦もなかなか良いところでした。

[京都市 富貴 若竹](2014年2月宿泊)
■所在地  京都府京都市右京区太泰堀ヶ内33
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ