別府で一泊した後東京に戻るのにどういうルートで帰るか。ギリギリまで迷っていました。素直で日豊本線で小倉まで出て新幹線で帰るか。しかしやはり久大本線で久留米経由、博多に出てみるルートも行ったことがないので捨てがたい。しかしかなり遠回りになりそう。日田によって散策などしていたら,よけいに帰りが遅くなりそうです。

しかしせっかくここまできたからには、次にまたいつ機会があるかもわからないので、久大本線に乗ることに決めました。

そうと決まれば早めに出発。朝の別府駅へ。

DSCN7679

久大本線に乗るにはいったん大分駅まで戻って乗り換えることになります。通勤、通学客でけっこう混んでいます。

DSCN7678

大分からは博多行きの特急ゆふに乗換。これにそのまま乗っていれば、博多に着くのですが、今回は日田で下車して歩いてみるつもり。

DSCN7683

大分付近は住宅地が多かったですが、しばらく行くとのどかな山村風景に。しかし湯布院駅だけは豪華駅舎で人も多い。いずれはちらっと寄ってみたい温泉地です。

DSCN7686

豊後中村駅。茅葺き屋根が印象的。本当はこのへんで降りて、少し山に入るといい温泉がたくさんあるので、寄ってみたかった。しかし今回はパス。

DSCN7694

豊後森駅ではなぜか駅員一堂がホームにならんでおじぎ。なかなか珍しい風景でした。久大本線の各駅は、観光客誘致のためにいろいろ努力しているようです。

DSCN7696

日田の少し前が天ヶ瀬駅。駅に近づき、車窓から天ヶ瀬温泉の温泉街風景を見ているうち、突如としてここで途中下車してみる気になりました。天ヶ瀬温泉といえば川沿いの共同露天風呂で有名。ちょっと見学だけでもしてみようと思ったわけです。

DSCN7698

降りてみると、ちゃんと駅員がいる駅で、隣に「天の国プラザ」という観光案内所もありました。

DSCN7701

私はとにかく衝動的に途中下車してみたものの、次の電車の時間を確認しておこないとまずいと思い、時刻表を見つけてメモがわりに写真を撮りました。

DSCN7700

そんなことをしている私を見た駅員さんが窓口から声をかけてきて、印刷した時刻表をくれました。「そこに貼ってあるのと、同じやつですから」と。親切です。

観光案内所でパンフをもらって見ると、共同湯は駅のすぐ近くにもあります。だいたい1時間30分くらいは時間がありそうなので、そうと決まれば入ってみることにしました。

私は仕事できたのでスーツ姿でちょっと大きなバッグを持っています。これだと共同湯に入るのも面倒なので荷物を預け、タオルだけ持ってまずは「駅前温泉」へ。

DSCN7751

駅前に旅館や商店街があり、その一軒の脇の道に案内板が出ていました。

DSCN7715

川に向かって路地を降りていくと、路地奥に「駅前温泉」「100円」などの看板。

DSCN7714
DSCN7713

左に折れるとすぐにありました。

DSCN7704

かなりいい感じではないですか。

DSCN7707

ビニールシートがなければもっといい感じかもしれませんが、川に面した風情のある共同湯です。

DSCN7708

早速入ってみました。いい湯加減で非常に快適です。お湯は掛け流されているようでした。11月の寒い時期だったので余計にお湯が気持ちいい。外気がやや冷たいのも、のぼせなくて済むのでいい感じです。

しばらく浸かっていましたが、誰も来ないので貸し切り状態。あがって服を着るのもスーツなのでなかなか面倒でしたが、のんびり涼みながら着替え。そんなことをしているとおっちゃんが一人やってきました。

「もう入りましたか」と聞かれたので「いま出たところです」というと、「いいお湯でしょう!!」といいます。「いや~すばらしい共同湯ですね」と私。

おっちゃんは地元の人らしく、「この川沿いに7つか8つくらいは共同湯があるから、入ってみるといいですよ。右岸と左岸と両方にあります。まあ、どこも似たような感じだけどね」といいます。

そういうことであれば、まだ時間もあることだし、温泉街にまで入り込み「別の共同湯にも入ってみようか」という気になりました。

そこでまたも駅前へ。

DSCN7717

駅から温泉街へ向かう道はまさに線路沿いで、線路に上がることもできます。

DSCN7748

まだ午前中なので、あまり人影もない温泉街。何だか古そうな廃屋もありました。元は旅館か何かでしょうか。

DSCN7724
DSCN7745

少し行くと川に出ます。両側に旅館やホテルが立ち並ぶ温泉街。私は右岸を進みました。

DSCN7726

途中の路地奥に湯船が見えたので、降りてみました。

ここは旅館が運営する露天風呂で料金は少し高めのようだったので、パス。しかしなかなか良さそうな露天風呂でした。

DSCN7725

さらにいくと、「薬師湯」という看板がありました。

DSCN7734

階段を川べりに向かって降りてみると、ここは簾で囲われた露天風呂で、少しワイルドな感じ。

DSCN7728
DSCN7727

さっきの「駅前旅館」より少しお湯が熱めに感じました。ここも100円。

天気もいいので気分がいいです。やはりここも貸し切り状態でした。

DSCN7732

それにしても浴衣か何か着ていると便利なのですが、スーツだと着替えが面倒です。

「薬師湯」を出て、ついでなのでもう少し奥へ行ってみました。

今度は「神田湯」。

DSCN7737

ここはもっともワイルドで、囲いも何もありませんでした。100円。こんなに安くいい露天風呂に入れるなんで本当にありがたいです。

DSCN7738
DSCN7743

川向こうからも丸見え状態ですが、この雰囲気を味わうためには、入ってみるしかないでしょう。

もうこのさいなので、もう1個行ってみようとさらに奥へ。「鶴舞の湯」というのがあったので降りてみたのですが、ここは掃除のためか、お湯が抜いてありました。

DSCN7746

このへんでだいたい満足したので、再び駅まで戻ることにしました。時間もちょうどいい感じ。駅からここまで徒歩10分かそこらの距離だったと思います。意外と近場にたくさんの共同湯がある感じ。温泉ファンの間では有名なところですが、私も初めて寄ってみて、なかなかの温泉場だと思いました。

少し早めに駅のホームへ。

DSCN7752
DSCN7754

これで日田に行って昼食を食べて、2時間くらいそのへんを歩いても、まだ3時かそこら。それからでも新幹線で東京に帰ることができるという作戦です。

露天風呂に3つも入ったので、寒い日ではありましたが実に爽快な気分で、風も気持いい。やっぱり温泉はいいですね(笑)。次に下車した日田の話は次回にします。

[天ヶ瀬温泉共同露天風呂](2013年11月訪問)
■所在地  JR久大本線天ヶ瀬駅から徒歩1分~10分くらい
■泉質  「駅前温泉」単純硫黄泉
            「薬師湯」 単純硫黄泉
            「神田湯」 ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ