このブログを書籍化した「日本ボロ宿紀行」(鉄人社)が、17日読売新聞朝刊の書評欄で紹介されました。

DSCN7793

全国紙の書評欄といえば、紹介されるだけで認知度が上がるという、出版社にとってはあこがれの紙面。ドンさんのブログに匹敵する宣伝効果がありそうです。

しかし私としては、著名な大学の先生が読んでくれて好意的に紹介してくれた、というその事実だけで純粋にうれしい気持なので、部数が伸びて儲かればいいな、などというあさましいことは毛頭考えていないことをここに誓っておく次第です。いや、ほんとに。

さらに19日発売の週刊朝日(朝日新聞出版)では、「週刊図書館」の著者紹介欄に載せてもらいました。こちらは取材を受けていたので載ることはわかっていたのですが、実際に掲載された誌面を見ると感慨もひとしおです。

12833[1]
修正2DSCN7791
(※画像は一部修正してあります)

しかも「新ナニワ金融道外伝」の対向で1ページ!!

取材の時は想定していた質問が全然なくて、考えたこともないようなことばかり聞かれたのでしどろもどろでした。しかし、そんなとりとめもない話をすごくおもしろそうに記事にまとめて、紹介してくれています。

しかしこんな偏屈ブログから生まれた本が、天下のメジャーメディアで紹介されるなんて。ブログを始めた頃には想像もつかなかったことです。

結局のところ、こうした流れのきっかけとなったのはライブドアさんの「ブログ奨学金」でした。何を隠そうこのブログは、第1期(2010年)の奨学金受給ブログに選んでもらっているのです。とっつきにくいこのブログを、去年の選考で評価してもらったことが書籍化にもつながりました。

そのブログ奨学金の第2期の募集がこのほど始まりました。多少条件はありますけど、ブログをやっている方はこのさいぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

↓ライブドア・ブログ奨学金募集のお知らせサイトはこちら。
※2011年8月末日を持って募集は終了しています。
 
01


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ