日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2019年03月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

あこがれの小豆島にちょっとだけ立ち寄って泊まった温泉付きホテル[オリーブ温泉 小豆島グランドホテル水明]

今回もやや古い話ですが、仕事で小豆島に行く機会があり、結果としては一切観光などはできず、ただただ業務をしてきただけだったのですが、昔から瀬戸内海の島が好きで、機会があれば寄ってきたのに、瀬戸内海で2番目に大きいという小豆島には行ったことがなかったのです。たとえちょっとだけでもぜひ行ってみたいと思っていたあこがれの地なので喜んで出かけました

あくまでも仕事なのでホテルなども他人まかせで、いわれた通りに従うだけの旅程でしたが、それでも印象深い。そういうわけなので、ホテルは自分で選んだ“ボロ宿”ではなく、普通の立派なホテル。

仕事の前日に関係者が高松に集合し、夜の船で小豆島に上陸して一泊。翌日に仕事をして、高松に戻って解散というスケジュールでした。この時は飛行機で高松へ。

DSCN1505

空港からバスで高松駅に着くとこの日は雨。あいかわらず高松駅付近は未来都市のような雰囲気。

DSCN1513

高松にきたからにはとにかくうどんを食べようと、私は一人で立ち食いへ。どこに行っても立ち食いに寄ってしまう習性はなおりません。

DSCN1509

そのあと居酒屋に寄り、集合したみんなで晩御飯を食べました。

DSCN1520

さらに船で小豆島土庄港に到着。あまり写真を撮っていませんが、いわれるままにタクシーに乗り、着いたホテルが港からも近い「オリーブ温泉 小豆島グランドホテル水明」でした。

部屋はこんな感じ。たぶんビジネスユースの簡素なプランだと思いますが、必要なものはすべて揃った快適な洋室でした。

DSCN1523

普通のホテルだと思って宿にはあまり期待していなかったのですが、実は温泉がすごい。

朝早く起きて行った屋上の露天風呂はこんな感じ。付近の島々を見わたす素晴らしい眺めは、昔泊まった大崎上島のホテル清風館のお風呂を思い出しました。

DSCN1529

さらにヨットをかたどった露天風呂も。こういうおちゃらけた風呂はあまり好みでもないのですが、せっかくなのでつい入ってしまいました。

DSCN1533

ホテルから海を眺める。

DSCN1539

朝食はかなり豪華。干物や練物を網焼きして焼きたてを食べることができます。

DSCN1544

さて、この日は朝から仕事で主に島の南側を貸切タクシーで回ったのですが、途中、なかなか心惹かれる観光地が目につきました。「二十四の瞳映画村」とか、醤油蔵が並ぶ通りとか。本当ならゆっくり寄ってみたかったのですが、団体行動なのでそうもいきませんでした。

昼飯も、どこで食べるかについて段取りができていて、いわれるままに寄った店が非常にいい食堂でした。「大阪屋」という古そうな店なのですが、けっこう有名な海鮮料理の店みたいです。

DSCN1669
DSCN1664

ここで食べたのがたぶん「ひしお丼」。すごくおいしかったです。みんな夢中で食っていました。

DSCN1667

おでんもありましたが、この時は食べませんでした。

DSCN1662

そんなわけで土庄港のターミナルでそうめんと醤油を買い、再び船で高松へ。こんなふうにただ一泊しただけで、小豆島に来たといえるのかどうか。

DSCN1670
DSCN1671

高松で解散後、私は電車で岡山まで行くことにしました。

DSCN1681
DSCN1683
DSCN1688

岡山からさらに衝動的に津山まで行ってもう一泊することになったのですが、その話はまた別の機会に。

[オリーブ温泉 小豆島グランドホテル水明](2014年11月宿泊)
■所在地 香川県小豆郡土庄町 甲 1171-6
■泉質 アルカリ性単純泉
■楽天トラベルへのリンク→オリーブ温泉 小豆島グランドホテル水明
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

戸倉上山田温泉にも近い八幡様の門前宿[千曲市 松屋旅館]

3月15日のドラマ「日本ボロ宿紀行」で戸倉上山田温泉が舞台になっていました。

ここはちょうど去年の11月に温泉街を探索したばかりのところで、「戸倉ホテル」も、そういう視点でみると外観自体からかなり惹かれる宿です。

このへんは古い宿がかなり残っているエリアで、私は2012年に同じ千曲市の「松屋旅館」という宿に泊まりましたが、ここもかなり迫力のある渋い宿でした。その時の話は書籍のほうには載せています。現在も営業しているかどうかは未確認です。

DSCN6163

宿の目の前に道路をまたぐ形で神社の大鳥居。

DSCN6165

このへんを散策してみると、こんな“ビジネスホテル”も発見。

DSCN6188

宿の前の神社は「武水別神社」という有名な八幡様で、その門前宿として開業して松屋旅館は明治時代から繁盛していたそうです。

DSCN6172

松屋旅館は、当時1日1組限定で宿泊を受けていて、部屋は2間続きの広い部屋。上品な老夫婦がいろいろ世話をしてくれました。客が多いと対応できないので、1組限定にしているということです。

DSCN6226

この宿の最大の特徴は襖絵で、階段の周囲の廊下を囲む襖にも渋い絵が。

DSCN6216

寝るときに襖を閉めると、古い襖絵の人物が動き出しそうな迫力。

DSCN6279

部屋ごとに春夏秋冬をイメージした絵が描いてあるそうですが、古くなってきたため、子どもなどは怖がることもあるそうです。

戸倉上山田温泉とも近く、昔は芸者などもいてにぎやかだったそうですが、ドラマでも出てきたように、やはり歓楽街としては寂れてきている感じは否めません。とはいえ、今でも周囲にいろんな宿があり、中には大きな高級旅館もありますので、ボロ宿好きでなくても楽しめるエリアだと思います。

ところでドラマのブルーレイボックスが6月に発売されるそうで、先行予約を受けています。これはぜひほしい。

楽天
日本ボロ宿紀行 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 深川麻衣 ]
日本ボロ宿紀行 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 深川麻衣 ]

アマゾン
[松屋旅館](2012年9月宿泊・現在の営業状況は不明)
■所在地 長野県千曲市八幡3330

[戸倉上山田温泉 国楽館 戸倉ホテル]
■所在地 長野県千曲市大字戸倉温泉3055
■楽天トラベルへのリンク→国楽館 戸倉ホテル

近鉄・新大宮駅至近。必要なものはすべて揃った利便性の高い宿[奈良市 ビジネス旅館 日の出屋]

2014年の11月に、前月に行ったばかりの奈良にまた行く用事ができました。その次の日には金沢で仕事があったので、奈良で1泊し、奈良から金沢に回って1泊。その次の日さらに京都に戻って1泊と、合計3泊した旅でした。

金沢と京都は、紅葉時期という時節柄もあって宿が取りにくく、普通のホテルをどうにか探して宿泊。そういうわけなので、そのへんの話は軽く流して奈良の宿を中心に紹介します。

奈良も観光客が多い時期。近鉄の奈良駅付近は満室の宿が多く、いろいろあたってみた結果、今回の「日の出屋」を予約。近鉄の新大宮駅の近くという利便性と、宿の名前が気に入って選びました。ビジネス旅館とはいっても、「日の出屋」という名前からすると、かなり古そうな商人宿風を期待。前に小田原で「日の出旅館」というのに泊まったことがありますが、ここは実に風情のある古い和風旅館でした。

前日夕方に新大宮駅に到着。まっすぐ宿に向かいました。もう暗くなりかけています。

DSCN9385

宿から歩いてすぐのところにある宿に到着。ビジネス旅館日の出屋。期待していたような古びた外観ではなく、それなりにきれい。あまり古さは感じられません。

DSCN9388

部屋はこんな感じ。安い宿とはいっても、最近はだいたいどこもこんな風にきれいにしていて、必要なものは揃っていることが多いです。

DSCN9389
DSCN9393

宿のおっちゃんもビジネス客に慣れているというか、あまり余計な世間話もせず、部屋に案内がてら、風呂の場所とかを説明してくれただけ。好きなようにやってくれ、という感じでした。素泊まりなので近所で夕食を食べる予定でしたが、飲食店は駅近くにいくらでもあったので、あえておすすめの店を聞くこともありませんでした。

風呂に入ってしまうと出かけるのが面倒になるので、とにかく飯を食いに出てみました。

駅近くを歩くと、古そうな立ち飲み屋などもあり、かなり惹かれたのですが、すでに満員というかすごく混んでいて地元のオヤジたちが盛り上がっている感じ。こういう店に入ると長くなる危険があるので敬遠し、もう少し歩いてみると、かなり新しいきれいな店でありながら、比較的空いている立ち飲み屋を発見。奈良市内はせ立ち飲みが多いのでしょうか。

店に入ってとりあえず生ビールを頼むと、お通しはおでん。かなりうまいやつでした。客は数人いましたが、ほとんどひとり客で、さっきの混んでいる店とは雰囲気が違い、みんな静かに飲んでいます。

DSCN9395

その後、つまみでゲソ揚げとかウィンナを注文。ウィンナはかなり豪快でした。私は子どもの頃からこういう赤いウィンナがつくづく好きで、これだけあれば飯を2杯くらい食ってしまいます。

DSCN9396

最後にお酒をたのんで、おでんの大根を追加。何を食ってもうまい店で、当時、まだ新しい店でなじみ客が少ないとしても、今後は繁盛するのではないかと思いました。

DSCN9399

この店から宿まで歩いて1分かそこら。宿に帰るとすぐに風呂に入りました。一般家庭よりやや大きめの風呂も清潔で、快適な感じになっていました。そんな感じで、翌日は朝早くから仕事なのでとっとと寝てしまいました。

DSCN9404

翌日早朝は鍵をいわれた場所に置いてそのまま出立。いろんな意味で機能的な宿で、料金も安かったので、たぶん常連客も多いのではないかと思われる宿でした。

この日は奈良市内で仕事が終わったあと、一気に金沢に移動。金沢では、北陸鉄道の「野町」という駅近くにあるアパホテルに泊まりました。

DSCN0185
DSCN0173

さらに翌日は京都に移動し、ほとんど宿の空きはゼロという状態の中で、何とか河原町三条付近で小さなホテルを探して一泊。せっかくなので夜はよせばいいのに清水寺まで行ってみました。

舞台の上などは、ほとんど東京の朝の電車並みに混んでいましたが、やはりほかにはない独特の風情があります。

DSCN0847
DSCN0839

人ごみで疲れたので豆腐屋で湯豆腐。

DSCN0877

翌日は銀閣寺や、前から行きたかったのに行く機会がなかった壬生の新選組屯所跡などを見学。芹沢鴨がつまづいた木机などが残っていて、ガイドがいろいろ当時のことを教えてくれます。

DSCN0930
DSCN0932

そこに強そうなキューピーがいたので買ってきました。本人は沖田だといいはっております。

DSCN4457

この日はお昼を京都で食べて帰りました。紅葉の季節なので当然でしょうが、この頃ですら京都はやはりオーバーツーリズムというのか、観光客が多すぎるという印象を持ちました。今はもっとすごいかもしれませんが、やはり機会があればつい寄ってみたくなる街です。

[奈良市 ビジネス旅館日の出屋](2014年11月宿泊)
■所在地 奈良県奈良市大宮町5-3-20
■楽天トラベルへのリンク→ビジネス旅館 日の出屋
「日本ボロ宿紀行」文庫版発行




日本ボロ宿紀行 Blu-ray BOX
押していただくとこのブログのランキングが上がります↓


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天市場
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

もんすけ

 古い湯治宿や駅前旅館など、日本が高度成長時代に入る前からあったような雰囲気の宿が大好きで、各地を回っています。
 どこにいってもそれなりに立派な宿が多く、個性的なボロ宿に出会うことは少なくなりました。
 10年、20年前ならもっといろんな宿が残っていたと思いますが、しかしいま現在でも、10年後、20年後に比べたら多くの貴重な宿が残っているはずです。そうした宿を記録に残していけたら、と思っています。

広告










楽天トラベルで予約できる宿(書籍・ドラマ登場の宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
プレミアホテル‐CABIN-旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)
えべおつ温泉(滝川市)
ホテルサハリン(稚内市)

青森県
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)
新清館(湯川温泉)
旅館大正館(盛岡市)

宮城県
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
サンマリン気仙沼ホテル観洋(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
湯口屋旅館(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
若松屋村井六助(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)
亀屋万年閣(小野川温泉)
三木屋(かみのやま温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本温泉)
江戸屋(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)
松坂屋旅館(草津温泉)
湯の花旅館(万座温泉)
山水荘もりや(沢渡温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)
ゲストハウス錦(秩父市)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)
御岳山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)
民宿たちばな(丹波山村)
リーベン古奈家(富士吉田市)

新潟県
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)
ほてる大橋館の湯(岩室温泉)

富山県
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
金具屋(渋温泉)
国楽館 戸倉ホテル(戸倉上山田温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)

静岡県
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)
金谷旅館(伊豆下田河内温泉)

愛知県
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)
三谷旅館(長浜市)

京都府
富貴 若竹(京都太秦)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

大阪府
南天苑(あまみ温泉)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)
いずみ旅館(朝来市)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)
巴旅館(和歌山市)

岡山県
あけぼの旅館(津山市)
ホテルグランヴィア岡山(岡山市)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)
まきた旅館(倉吉市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

香川県
小豆島グランドホテル水明(小豆島)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)
夏目旅館(道後温泉)

大分県
新ほり井(別府温泉)
陽光荘(鉄輪温泉)
伯亭 若の屋(日田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)
妙見ホテル(妙見温泉)

連絡用メール

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ