日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2014年08月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

ダブルスタンバイの『駅前旅館』と郷土料理のお店で能代を満喫[能代 駅前旅館] (特別寄稿by@tanayoungさん)

前に記事を寄せていただいた@tnayoungさんからまた寄稿していただきました。以下そのまま掲載します。

「ボロ宿」ファンのみなさん、お久しぶりです。
(覚えている方がもしもいらっしゃったらうれしいです・笑)3度目の寄稿をさせていただきます、「ボロ宿」さんと同じlivedoorブログで「トーキョー映画館番長」というブログを運営してます、@tanayoungと申します。

ひがし茶屋街の設備万全・極上宿 [金沢 民宿 陽月] (特別寄稿 by tanayoungさん)
ソウルの格安ボロ宿(特別寄稿by@tanayoungさん)

この度は、2014年8月2・3日に、秋田を旅行してきました。
世界遺産の白神山地を散策するのが目玉の1つでした。
秋田駅から特急<リゾートしらかみ>に乗って、あきた白神駅まで。

20140815160236

留山というところをトレッキングしました。
感動的でした。オススメです。

白神山地を満喫したあと、この日の宿は、
一緒に行った友達も「ボロ宿」ファンなので、迷わず、「ボロ宿」さんの記事にある、能代駅前の『駅前旅館』に。

宿の名前そのまんま。本当に駅前の居心地のいい旅館 [能代 駅前旅館]

能代駅「駅前旅館」外観

もんすけさんも書いているとおり、ホントに心地の良い宿でした。
女将さんが親切で、それでこの雰囲気なんだと思いました。
みなさんもぜひ泊まりに行ってください!ホントにオススメです。

入ると1階は帳場と階段だけがあって、客室は階段を上がった2階です。
ベッドが置かれた寝室と、写真を撮ってる側の居室の、各8畳ほどの2間で、2名用の部屋でした。

能代駅「駅前旅館」寝室

能代駅「駅前旅館」ベッド

冷たいおしぼりが用意されていて。

能代駅「駅前旅館」おしぼり

この優しさ、ありがたいですよね。

同じ2階に、トイレや洗面所が。
トイレは、個室が、ウォシュレット付きで、2つ。ダブルスタンバイです。

能代駅「駅前旅館」トイレ

洗面所も、蛇口は2つ。

能代駅「駅前旅館」洗面所

トイレにも、洗面台が1つあるので、トリプルスタンバイですね。

お風呂は1階に。

能代駅「駅前旅館」お風呂

いわゆる家庭用のお風呂場が、2つ。これまたダブルスタンバイ。

能代駅「駅前旅館」お風呂・入浴中

1つに誰かが入っていても、もう1つあるので、これは良いですね。

能代駅「駅前旅館」お風呂・空いています

このダブルスタンバイに象徴されるように、本当に親切な宿です。

お風呂場の横には、自動販売機があって、そのラインナップも、お茶・ジュースだけではなくて、ビール・チューハイまで。

能代駅「駅前旅館」自動販売機

行き届いてるなぁという感じです。

さて、素泊まりにしたので、夕飯を食べに外へ出ました。
宿(駅)から歩いて10分ほどのところにある『酒どこ べらぼう』に。

能代「酒どこべらぼう」外観

秋田の地酒と郷土料理のお店です。
(旅の1週間ほど前に当日営業しているか確認の電話をして、その際に予約を入れたのですが、入れて正解。満席でした。旅行で訪れる際は事前の予約をオススメします。)

日本酒は、能代にある酒蔵・喜久水酒造のものをいただきました。

能代「酒どこべらぼう」喜久水酒造の日本酒

つまみも、どれも最高においしかったです。

ハタハタずし

能代「酒どこべらぼう」ハタハタずし

恥ずかしながら、握り寿司が出てくると思っていましたが、なれずしのことなんですね。

比内地鶏の、串焼きに、たまご焼きも。

能代「酒どこべらぼう」比内地鶏串焼き

能代「酒どこべらぼう」比内地鶏たまご焼き

一番感動があったのは、だまこ鍋でした。

能代「酒どこべらぼう」だまこ鍋

きりたんぽと同じ作り方で形を丸くしたのがだまこ。それと、にゅうめんが、比内地鶏から取ったスープを吸って、おいしい、おいしい!
ニッポンの出汁文化はすごいなぁと再認識しました。

というわけで、みなさん、能代に来たら、『駅前旅館』と『酒どこ べらぼう』をぜひセットで。
これだけで、能代に来る価値アリです!

さて、翌朝、チェックアウトを。
素泊まりにしたので、1人なんと4000円!

お会計をしながら、女将さんに、「ボロ宿」ブログの話を。
“僕たち、ブログの記事でこの宿を見つけて、泊まりに来たんです”と。
もちろん、最初に、“決してけなしているわけではなくて、魅力的だという良い意味です”と説明して。
スマホで、もんすけさんが書いた記事を見せたら、
女将さんは、眼鏡をかけ変えて、“へぇ〜、どこでなに書かれているか分かりませんねえ”と、とってもうれしそうに画面を覗いていました。
そんな女将さんを見て、また泊まりに来たいなぁと思ったのでした。

もんすけさん、女将さん、喜んでましたよ!

@tanayoungさん、ありがとうございました。女将さんが喜んでいたのが何よりでした。
[能代  駅前旅館](2014年8月宿泊)
■所在地  秋田県能代市 元町13-10
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

富士山を展望するお風呂が魅力ののんびりした宿 [富士吉田市 リーベン古奈家]

大月から富士五湖方面に向かう富士急行線の富士山駅近くに用事ができたので、一泊してみることにしました。久しぶりに富士山でもゆっくり見ようかと。急な話だったので、とりあえず適当に安い宿を探して朝食付きで予約。富士山駅からさほど遠くないところにある「リーベン古奈家」でした。それにしても“リーベン”って何でしょう。ドイツ語なら「愛する」ですか。中国語だと「日本」のことだったりして。何となく富士登山と関係ある名前かもしれません。

午前中は東京都内で仕事があったので、午後から出発。特急で大月に向かい、大月から富士急行線に。

DSCN6613

富士山駅に到着しました。

DSCN6622

富士山駅というのは、昔は「富士吉田駅」といっていた駅で、名前が変わったのだと思います。このへんは以前わざわざ吉田うどんを食べに来たことがありました。

駅ホームからも富士山が見えますが、あまり条件が良くなくはっきりとは見えません。

DSCN6621

このあと用事が済んで富士山駅に戻ったのが7時頃。宿へは歩いて行ける距離だと思いますが、面倒なのでタクシーに乗りました。

宿の前の通り。

DSCN6631

富士山がうっすらと見えます。

DSCN6632

宿は玄関は普通の家のような造り。中に入ると何だか料理屋みたいな雰囲気で、昔はそうした商売をしていた家なのでしょう。

DSCN6633

鍵をもらって部屋へは自分で行きます。部屋の前は照明がなくて暗いと思ったのですが、センサーライトを採用しているようで、近づくと明かりがつきました。

入口に小さな部屋があり、その奥が客室の座敷になっています。けっこう立派な部屋です。今回の旅は2人だったのですが、十分な広さ。

DSCN6635
DSCN6638
DSCN6641

この日夕食は頼んでいなかったので、早速外に出て飲食店を探しました。ドラッグストアやコンビニも近くにあり、それなりに食事をできる店もありそうでしたが、なぜか焼肉屋が多いのが不思議でした。そんな中で、わりと宿に近いちょっと上品そうな感じの居酒屋に入ってみました。

ここは店名は忘れましたが、タクシーの運転手さんの推薦のお店。実際、頼んだものがすべておいしかったです。部屋も貸し切り状態の個室に通してくれました。

刺身とか唐揚げとか。

DSCN6646
DSCN6649
DSCN6651

これでビールを飲み、さらに寒い日だったので熱燗を頼み、最後は〆でうどんとおにぎりまで食べしました。私が「うどんは吉田うどんですか」と聞いたら、女将さんが申し訳なさそうに「いいえ普通のうどんなんです」というのですが、お酒の〆としては普通のうどんのほうがいいと思ったので、むしろ良かったです。

DSCN6655
DSCN6659

すっかり堪能して宿に戻り、お風呂へ。お風呂は富士山を正面に見る展望風呂ですが、夜の上に曇っていたのでさっぱり見えませんでした。暗くて写真がうまく撮れませんでしたが、思ったより広い浴場です。天然ではありませんが活性トロン温泉とかいうそうな。24時間入れるそうです。

DSCN6661

翌朝は完全に曇りで富士山はまったく見えません。富士山を見るのが目的だったので残念ですが、まあ、天候ばかりはどうしようもありません。

DSCN6670

朝食は1階の座敷で。こんな感じ。特別特徴はなく普通の朝食でした。やたらと漬物がたくさん着いていたのが特徴かも。それにしてもここのおっちゃんは愛想がよくて、きさくで親切な人でした。ちょっと聞いたところ、やはり割烹みたいな商売をしていた家のようです。

DSCN6667

この日の夜は東京で花見の予定だったので、早めに帰ることにして、とりあえず再び富士山駅へ。

DSCN6675

駅構内にあった「ふじやまたいやき」を食べてみました。

DSCN6677

この日は何となく気分で高速バスで帰ることにして、まずは電車で河口湖駅へ。河口湖駅は売店とか食堂も揃っていて、なかなか便利になっていました。それにしてもさすが世界遺産になったせいか、このあたりも外国人観光客がたくさんいます。

DSCN6685
DSCN6691

我々としては、河口湖まで行ってみても良かったのですが、前にさんざん見ているので、周辺のおみやげ屋さんで今夜の宴会用のワインを買ったくらいで、すぐに帰ってきました。今回もなかなかいい宿でしたが、次に行くときは天気をみはからって、湖畔の小さな温泉宿にでも泊まってみたいと思います。

[富士吉田市  リーベン古奈家](2014年4月宿泊)
■所在地  山梨県富士吉田市中曽根2-11-39
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大雪の上山市内を散策しようとして挫折 [上山温泉 三木屋]

山形県の天童にいく仕事があり、前泊しようと思って宿を探したのですが、天童市内では空いている宿を見つけることができず、結局いろいろ迷ったあげく上山温泉に泊まってみることにしました。山形市内や、その他の温泉地も泊まれるところはあったのですが、上山は通るだけでまともに行ったことがなかったので、いい機会だと思ったわけです。ちょっとお城なども散策してみようかなどと。

東京駅からつばさに乗車。

DSCN5124

しかし当日の山形はけっこうな雪でした。新幹線でかみのやま温泉駅に到着。駅には「おくりびと」ロケ地のガイドが貼ってありました。「おくりびと」といえば酒田でロケ地巡りをしたことがありますが、こんなところでも撮っていたとは知りませんでした。

DSCN5133

駅を出るとかなりの降り。こんな雪で長く歩くのは無理だと思いましたが、直接宿に行くには時間も早いので、とりあえず駅からそんなに遠くないロケ地である、モッくんと広末が住んでいた家に行ってみることにしました。

DSCN5135
DSCN5136

ひたすら降る雪の中を歩き、川沿いの道ですぐにめざす物件を発見。ロケ地の看板も出ています。

DSCN5153
DSCN5137

何だか喫茶店を改造したような不思議の作りの印象的な家として登場していましたが、実際も変形敷地に建てられた不思議な構造の家でした。

DSCN5141
DSCN5138
DSCN5143

スナックの看板が出ていました。しかし何かの創作工房のような看板もあり、現在何に使われているかよくわかりません。中の見学はあきらめました。

雪がますます降ってきましたが、川沿いに「ラーメン」の赤いのぼりを発見。ちょうどお昼を食べるところを探そうと思っていたので、入ってみることにしました。

DSCN5150

川に沿った小さいそば屋というか、食堂というか。私が入ったのは店の裏側からだったせいか、こんなところに店があるのかと不思議な感じのする立地でした。

店に入るとおやじがひとり客でいて、あとは子供があがりでテレビを見ていました。私がカメラを持っていたのでおやじが「この雪じゃ写真撮影は大変だべえ」みたいなことを話しかけられたので、適当に返事をしたのですが、私をプロカメラマンか何かだと思ったみたいでした。「お城は近いですか」と聞くと「近いけど、この雪じゃあ写真はなあ~」ということでした。

DSCN5145

私がオーダーしたのが「チャーシューメン」だったのか、何かほかの名前がついた「ラーメン」だったのかは忘れましたが、なかなかうまいラーメンでした。そば屋のわりにはかなりレベルが高い。これでだいぶ暖かくなりました。

DSCN5148

ここを出て、川をのぞいてみると、鴨がこの寒いなか泳いでいました。
DSCN5152

さらに歩いていると「二日町共同浴場」という看板を見つけたので、寄ってみることにしました。

しかしよく温泉場にあるような渋い共同湯ではなく立派な銭湯みたいなお湯だったので、入るはあきらめ、すぐ近くにある「カミン」というショッピングセンターに避難。雪が多く寒いので、またも少しあたたまろうという魂胆です。

DSCN5155
DSCN5156

「カミン」の中には小さな食堂もあり、私はそこでコーヒーを飲みながら、今日の計画をいろいろ考えたのですが、やはりこの雪ではお城や武家屋敷の散策は厳しいと判断し、早めではありますが宿に行くことにしました。私が泊まる宿は数ある上山温泉街の中で「高松」というエリアに立地しており、市街地から少し離れていますが、地図でみる限りそんなに遠くない感じで、道も1本でわかりやすいので歩いていくことに決定。

「カミン」でだいぶ時間をつぶした後、中にあったスーパーで、牛丼弁当を買いました。宿は素泊まりで予約してあるので、これが夕食になります。

しかし歩いてみるとかなり遠く、やはりタクシーを呼ぶべきだったか、と泣きそうになりましたが、もはや遅い。黙々と歩いてようやく宿に到着しました。

DSCN5160
DSCN5162

この日の宿は「三木屋」とかいて「さぎや」と読みます。適当に安い宿を選んだのですが、かなりの高級温泉旅館風です。歓迎看板に私の名前も書かれていました。素泊まりで一泊だけなのに、申し訳ないような気持です。

玄関を入ると仲居さんたちが迎えてくれて、「こんな雪のなかを駅から歩いてきたんですか」と驚かれたので「いや、あちこち回りたかったので‥‥」とごまかしつつ、本当は「タクシーで来れば良かった」と改めて思いました。やはり歩いてくる酔狂な客はあまりいないのでしょう。基本的に駅からの送迎もしてくれるようでした。

部屋に通されました。床の間などもある立派な座敷でした。素泊まりだとそんなに高くなかったのですが,やはり本当は高級宿なのでしょう。

DSCN5164
DSCN5171
DSCN5188

一応部屋にお風呂もあり、もちろん洗面台もありました。

DSCN5202
DSCN5203

とにかく早速大浴場へ。雪の日とか、寒ければ寒いほど、温泉というのは実にありがたいものだと感じます。部屋からすぐのところが大浴場。

DSCN5183
DSCN5182

大きな内湯と小さい露天風呂があります。露天風呂はかなり熱かったので、私は主に内湯に浸かりました。

DSCN5176
DSCN5177

部屋に戻っても特にやることもなく、テレビなどを見ていましたが、時間も遅くなったので牛丼弁当を食べて寝ました。

風呂に行く前、布団をもっと部屋の真ん中に敷いてくれようとしたのですが、私は端ほうが何かと便利だからというので、部屋のすみのテレビの前に敷いてもらいました。牛丼弁当は冷たくなっていました。わびしい夕食です。

DSCN5190
DSCN5195

翌朝、早く出て天童に向かう必要があったので、とっとと宿を出ます。改めてみると、部屋は中庭に面していてなかなかい風情のある眺め。

DSCN5198
DSCN5201

廊下を歩いていると、何だか、単なる高級宿ではなく、それなりに湯治場っぽい雰囲気もあるような気がします。

DSCN5205

この日も雪でしたが、宿から駅までクルマで送ってくれました。送ってくれたおっちゃんの話はおもしろかったのですが、ちょっと公開するとまずいかもしれないので省略。あれほど苦労して歩いた道のりもクルマだと10分かそこらでした。

かみのやま温泉駅から天童駅へ。考えてみれば山形新幹線というのも実態は奥羽本線なので、普通列車も走っていますが、今回は特急つばさ(要するに山形新幹線)で向かいます。

DSCN5207

天童駅の駅ビル内で朝食の立ち食いそば。さすが山形だけあって、立ち食いもそれなりにうまい。

DSCN5220
DSCN5223

天童駅。駅ビルの中に将棋資料館がありましたが、時間がないのでパス。

DSCN5931

仕事が終わって帰りも天童駅の近くでラーメン。

DSCN5935

のどかな山形の風景を眺めながら東京に戻りました。

DSCN5941

このあたりは昔はよくバイクで走ったところです。銀山温泉とか、肘折温泉など、よく行った温泉もあるので、時間があれば今回ももう一泊くらいして、天童をゆっくり歩いてみたかったところでした。

[上山温泉  三木屋](2014年3月宿泊)
■所在地  山形県上山市高松283 
■泉質 ナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩泉
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」文庫版発行



ボロ宿紀行・続編




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ