日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2014年06月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

弥彦神社参拝の宿場として栄えた温泉街の豪華宿に泊まる [岩室温泉 ほてる大橋 館の湯]

またまた高級ホテルに泊まってしまいました。

先日急きょ新潟の巻駅に行く用事ができて、ついでに泊まろうと思ったのですが、急なことであまりゆっくり探す時間がなく、巻駅から比較的近くて、前から行ってみたかった岩室温泉の大きなホテルを予約しまた。それが「ほてる大橋  館の湯」です。

当日は新幹線でいったん新潟駅に出て、越後線に乗り換えて、巻駅に向かう計画。新幹線からも海岸沿いの弥彦山、角田山らしき山影が見えました。この日東京を出る時は市街地にもかなり雪が積もっていたのですが、新潟県内でも、平地におりてくるとむしろ東京より雪がありませんでした。

DSCN0703


巻駅到着。

DSCN0708
DSCN0713

夕方くらいに仕事が終わり、岩室温泉に行くにはタクシーに乗るべきなのですが、高級ホテルに泊まる以上、少しでも宿泊代を安くしようと、夕食は頼んでいませんでした。なので、そのへんでラーメン屋を探してみます。

牧駅周辺には駅前にコンビニがあるほか、多少飲食店もないわけではなかったですが、どちらかというと寂れた雰囲気。旅館らしき建物もありました。

DSCN0729

やっているのかどうかわからないラーメン屋。

DSCN0714

ここは高級そうな食事処。

DSCN0739

古くて風情のある建物が意外に多いエリアでした。

DSCN0732
DSCN0737

少し遠くまで歩いてみると、けっこうにぎやかなアーケードの商店街がありました。駅前より、こっちが中心街なのでしょう。


DSCN0744


そんなことをしているうちに暗くなってきて、ようやく開いているラーメン屋をみつけました。「わんもあ亭」。看板にいろんなメニューが出ている楽しそうなラーメン屋です。

DSCN0745

おなかが空いていてあせって食べてしまい、写真を撮り忘れましたが、私が食べた味噌ラーメンはなかなかおいしいやつでした。

あわよくば岩室温泉まで歩けないものかと考えてみましたが、けっこう歩き疲れてきたので再び駅に戻りタクシーへ。結果的に、とても歩ける距離ではないことがよくわかりました。

「ほてる大橋 館の湯」到着。選ぶ時に比較検討はまったくしておらず、情報もほとんどなかったのですが、表門はかがり火風の照明があり、城郭風というのか、なかなか珍しい建築でした。

DSCN0749

ていねいなスタッフがお風呂の場所などを案内しながら、部屋に通してくれました。「お布団はいかがいたしましょうか」というので、できたらこれからお風呂に行くので、その間にでも敷いてほしい」と頼むと「承知いたしました」といって、実際お風呂から帰ると布団が敷いてありました。

DSCN0752

部屋は上がりの間があり、

DSCN0754

洗面所やお風呂などもついています。鏡台も。お茶受けは岩室温泉まんじゅうと、健康わかめ。

DSCN0775
DSCN0776
DSCN0777
DSCN0783

お風呂はさすがに高級温泉ホテルだけあって、なかなか豪華でした。

DSCN0761

私は多少湯の温度が温めの露天風呂が気に入ったので、長らくここに入湯。平日で余り混んでいないのか、お風呂はほとんど貸し切り状態でした。

DSCN0762

一度行ってみたいと思ってきた岩室温泉ですが、やはりタクシーを飛ばして夜中に到着するような旅では、何もすることはありません。

コンビニで買った夜食のサンドイッチを食べる。

DSCN0789

そして部屋においてあった郷土誌らしき自費出版本を手にとってみました。明治大正くらいの古い時代の、このあたりの農家の想い出話が書いてあります。伊藤甲子著。幕末の志士みたいな号ですが、読んでみるとなかなか読みごたえがあり、夢中に読んでいるうちに夜が更けていきました。

DSCN0792

翌朝は例によって早起きして再びお風呂へ。露天風呂に入ると雪がけっこう降っています。

DSCN0807

部屋の窓からも雪景色。近くに見える山は「岩室富士」ともいわれる「松岳山」だそうです。このへんの山は弥彦山とか角田山とか多宝山とか、けっこう有名だと思いますが、それ以外にもけっこう山が並んでいるようです。その向こうはすぐ海なわけですから、ちょっと珍しい地形だと思います。

DSCN0794

朝食だけは頼んであったので食堂へ。豪華朝食を食べました。この写真以外にも納豆や小鉢などがバイキング形式で自由に取ることができるようになっていました。

DSCN0800

フロントでタクシーを呼んでもらい、外に出て改めて見ると、やはり城郭風。

DSCN0812

向かい側には渋い宿らしき建物もありました。こっちも往事の宿場町風情を感じさせ、歴史がありそうでなかなかよさそうだと思いましたが、たぶんけっこう高いんでしょうね。

DSCN0813

タクシーが来て、乗り込んだ瞬間気がかわり、行先を巻駅から弥彦駅に変更。弥彦線で燕三条まで出て帰ることにしてみました。

DSCN0814

運転手さんが、「次の列車に乗りますか。けっこうギリギリですね」というので、「いや、別に時間は気にしていないので、急がなくてもけっこうです」といったのですが、「でもそれを逃すと次は2時間くらいないよ」といいます。「そうすると、それに乗ったほうがいいのかな」と思ってみたりしたのですが、運転手さんが気合を入れて運転したせいで、列車の発車わずか前に弥彦駅に到着。神社風の駅舎。せっかくなのでこの列車に乗ることにしました。

DSCN0815

別に2時間くらい弥彦神社を見学しても良かったのですが。

そして弥彦線で無事に燕三条駅に到着。途中の景色もなかなか渋いところも多かったのですが、新幹線に乗って東京に戻りました。

[岩室温泉  ほてる大橋  館の湯](2014年2月宿泊)
■所在地  新潟県新潟市西蒲区岩室温泉340甲
■泉質  ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

京都撮影所全盛時代の繁盛宿 [京都 太秦 富貴 若竹]

しばらく忙しくしているうちにだいぶ更新が滞ってしまいました。

今回は今年2月、京都で嵐山に寄った時の話しです。仕事は夕方くらいには終わったので、日帰りすることもできたのですが、行先が嵐山に近かったので寄ってみて、ついでに一泊して帰ってくることにしました。

行きの新幹線の弁当は例によってこんな感じ。

DSCN0525

お昼ごはんに食べたうどんと親子丼セット。

DSCN0531

桂駅から阪急で嵐山に向かいます。

DSCN0536

阪急嵐山駅。2月で寒い割にけっこう人がいます。

DSCN0538

私はこのへんに来るのは初めてなので、方向がよくわからなかったのですが、人の流れに沿って歩いていると渡月橋に出ました。少し前に洪水で大変なことになっているのをニュースで見たところです。

DSCN0539

そのせいかまだ何か工事をしているようでした。

DSCN0543

橋を渡った先はこじゃれた店も多く、カップルの観光客がたくさんいました。さすが人気観光地。

特にすることもないし寒いので喫茶店で休憩。どこか寄るべきところはないか、スマホで検索してみると、すぐ近くに天竜寺というのがあります。天竜寺といえば足利時代の天竜寺船が有名ですね。それ以外、何も知りませんでしたが、名の知れたお寺なのでちょっと見学していくことにしました。

DSCN0546

しかし行ってみると一部工事中で、庭園などの見学は有料だったので、適当にそのへんを散歩して、宿に向かうことにしました。天竜寺のすぐ前が嵐電嵐山駅でした。

DSCN0555
DSCN0551

駅も和風モダンというのか、観光地らしくなかなか凝ったつくりになっています。京の宿はここから電車に乗って1本の「帷子ノ辻」駅近く。発車まで少し時間があったので、駅に隣接したタリーズコーヒーでホットココアを飲んで時間をつぶしました。周囲は外国人観光客が多かったです。

DSCN0562
DSCN0563

時間が来たので乗車。

DSCN0569

この路線に乗るのも初めてでしたが、「嵐電嵯峨」とか「有栖川」とか、歴史の風情を感じる駅名が多いですね。さすが京都です。

しかし「かたびらのつじ」という何となく不気味な地名は、どういういわれがあるのでしょう。ちょっと調べてみたら、平安時代初期の嵯峨天皇の皇后の遺体が本人の希望によって打ち捨てられたところだという説もあるそうな。

DSCN0571

とにかく駅を降りて、少し行くと商店街があり、その途中を入った路地にめざす宿「富貴 若竹」がありました。この日は素泊まりで予約し、夕食はどこかで食べようと思っていました。

入口を入ると、カウンター席と座敷があって宿というより料理屋さんのような感じ。実際、料理屋も兼業しているようです。

DSCN0574

カウンター内におっちゃんがいて迎えてくれて、おばちゃんが風呂や洗面所などの場所を説明。それから部屋に案内してくれました。

こんな感じの家なら、外に食べに行くのも面倒なので、ここで食事もすませてしまおうかと思い、「食事もできますか」と聞いたら、おっちゃんが「できるよ」といって、その日仕込んでいた鍋のふたを開けて見せてくれました。確かふぐか何かを煮ていたような気がします。私は「そんなに本格的な料理ではなく、軽くビールとおつまみをがあればいいです。あとでまた降りてきますからよろしく」といって2階の部屋に上がりました。

部屋はこんな感じ。

DSCN0575
DSCN0578

洗面所とお風呂。お風呂はなかなかお湯の出がよく快適なお風呂で、私は例によって長湯してしまいました。

DSCN0582
DSCN0585

お風呂からあがって1階のカウンターに行ってまずはビールを頼みました。おばちゃんが何か作りましょうか」というので、「軽いものがいいです」というと、「それなら、おひたしでも出しますか」とホウレンソウのおひたしを出してくれました。さらに何か食べようかと考えていると「てっさと湯豆腐なんかはどうですか」といわれたので頼みました。あまりおなかがすいていなかったので「湯豆腐の豆腐も少なめで」お願いしました。

結局ここでおっちゃん、おばちゃんと話しながらビールとお酒をずいぶん飲むことになってしまい、食事の写真はまったく撮れませんでした。

この宿はやはりもともとは料理屋として始めたのだそうです。この家がある商店街は「大映通り」と名がついているように、周囲は大映や松竹などの撮影所があり、昔は映画やテレビ関係者でにぎわったそうです。そのうち、京都で滞在するスタッフのために宿をやってくれという要望があり、2階を改造して宿にしたそうな。現在はあまり客も多くはないようですが、京都観光に便利な場所でもあり、普通の宿として営業しているそうです。

京都の撮影所というのは、いろいろ紆余曲折があり、私も詳しい歴史はわかりません。おっちゃんとおばちゃんが話してくれたのはたぶんテレビ時代劇の黄金時代の話だと思いますが、実におもしろかったです。特にこの宿は松竹のすぐ近くにあたるようで、役者さんやスタッフとの交流を懐かしそうに話してくれました。

てっさと湯豆腐だけといっても、食べてみるとけっこうおなかがいっぱいになり、だいぶ酔っぱらったので寝ることに。ほかにもいろんな話が出ましたが、撮影所の全盛時代の話を聞けただけでも、ここに泊まった価値がありました。

翌朝は東京に帰るだけなので、8時くらいに宿を出て、JRの太秦駅まで歩いてみることにしました。宿の前にあたる大映通り商店街。

DSCN0589

これを歩いていくと大魔神像。普通のスーパーの前にかなり大きいやつがあるので、けっこうびっくりします。

DSCN0595

やがて太秦交差点に出ます。嵐山本線の「太秦広隆寺前」駅前に当たります。

DSCN0600

私は東映の太秦映画村をちらっと見ていこうかな、と思い歩きましたがこのへんの道はわかりにくく、すぐ近くだと思っていたのにけっこう迷ってしまいました。

ようやく映画村に到着しましたが、まだオープン前。残念ながら入場するはあきらめて、バスとJRで京都駅に向かい、東京に帰ったというわけです。

DSCN0605

京都といえば古い歴史をイメージしますが、昭和の想い出が実感できる太秦もなかなか良いところでした。

[京都市 富貴 若竹](2014年2月宿泊)
■所在地  京都府京都市右京区太泰堀ヶ内33
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」文庫版発行



ボロ宿紀行・続編




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ