日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2014年04月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

静かでほっとできる魚料理たっぷりの駅前旅館 [富山県 入善町 ちとせ旅館](特別寄稿 by ゆずぽんさん)

仕事関係で出張が多く、あえて駅前旅館などに泊まっているという、「ゆずぽん」さんから宿泊レポートの寄稿がありました。そのまま紹介します。


入善駅前です。

駅前には酒屋さんが1軒、あとは何もありません。改札を出てロータリーを右に進み、最初の路地を左に曲がります。

ちとせ
 
駅の渡り通路から。向こうが富山市内方面。駅のそばに右手にNECと京セラの工場。

ちとせ2
 
駅から徒歩2分程度、外観は改装したのか小奇麗で趣があります。

ちとせ3
 
入口はこんな感じ。

暖簾が何とも言えない雰囲気を出しています。あまり目立たないので近づかないと判らない程です。周りには居酒屋が2軒程ありました。

ちとせ4
 
通されたお部屋です。

1Fの和室を襖で仕切ってあります。広さは8畳ほど。到着した時には既にストーブと炬燵がついており、部屋は暖かで布団もひいてありました。

ちとせ5

部屋数はかなりあるようですが、本日の宿泊客は私一人。宿は60過ぎの元気なおかみさんが一人で切り盛りされているようです。

「先に食事なさりますか?」との問いに寒いし一杯やる前にまずお風呂と思い「先にお風呂いいですか?」と私。「うちのお風呂温まるまで時間かかるので20分くらいお待ち頂けますか?」っとおかみさん。

「ゆっくり待ってま~す」と炬燵に入りお茶を一杯(茶菓子はチョコレートでした)。その間、部屋の中と周りを少し探索。2方を廊下で囲まれ左の障子を開けると中庭がありました。またSoftbankのWi-Fiが入っていました。部屋の作りから見ると1Fは宴会場にもなるような、繋げるとかなり広い部屋になるようです。

15分ほどで「お風呂出来ましたよ!」とのお呼び。アメニティは浴衣、羽織、タオルにバスタオル、それに歯磨きセットです。着替えと浴衣、タオルを持っていざ浴室へ。部屋から中庭を囲いながら進むと洗面所とお風呂がありました。

床の間から見た部屋の様子。

ちとせ6
 
部屋出ると廊下に面して中庭があります。その先を左に進むと洗面所とお風呂場があります。中庭を見ながらくつろぐのも良いのですが、寒くって1分で挫折しました。

ちとせ7
 
中庭はこんな感じです。

雪が降って風情がありますが、廊下はとっても寒いです。

ちとせ8

廊下を左に曲がると洗面所、その奥の引き戸を右に入ればお風呂場です。突き当りは洗濯室になってました。

ちとせ9
 
お風呂は、まずまずの広さで浴槽も深く広かったです。木の桶がなんともいいですね。カコ~ンと音が響いてお風呂気分が盛り上がります。

ちとせ10

浴槽はこんな感じ。ちょっと見づらいですが大人3人程度は入れる広さです。

ちとせ11
 
お待ちかねの夕食です。玄関の脇に食堂があり、テーブルが4卓あります。

この日のメニューは左から松葉ガニ(小)焼き魚2匹、煮物、ブリのたたき、漬物、舞茸天ぷらと小鉢、途中の酒屋で買ったワンカップ3本持ち込みで、ささやかに1人宴会スタート(笑)

ちとせ12

ここでおかみさんと飲みながらおしゃべり。

「お客さん、お仕事?」「はい、でも入善は初めて来ました」「何もないでしょ!(笑)」「そうですね、でも静かでいいところですね」「私はつまらんので、この前も40日程、ベトナムとラオスへバックパッカーの旅をしてきたんですよ!」この旅話で盛り上がり1時間30分後、お酒もなくなったので切り上げました。
 
翌日は7:00に朝食をお願いしました。基本的にご飯はコシヒカリなのでとてもおいしかったです。左から目玉焼き、湯豆腐とろろ昆布柚子載せ、昆布巻き、ひき割り納豆、梅干し、焼き魚(めざし)味付け海苔、インゲンのマヨネーズ添えになめこの味噌汁です。

ちとせ13

ご飯はお櫃に山盛り入っておりましたが、美味しくてほとんど平らげてしまいました。

その後出発まで1時間あったので近くを散歩しました。海まで15分くらいなのですが、寒くて途中で挫折しました(泣)宿に戻りお会計(2食付6,500円)を済ませ、電車の時刻までおかみさんとおしゃべりしてました。「先週は工事関係者が沢山泊まってたんだけど、今週は工事も終わり暇なんですよ…」っと、おかみさん。静かで、ほっとできる良い宿だったなぁと思える富山の出張でした。


宿から10分ほど歩いた海へ向かう道から。遠くに日本海が見えます。この後、雪が降り出しいそいそと宿へ戻りました。これぞ冬の日本海沿岸の街って感じです。

ちとせ14

時々投稿をいただくことがありますが、大歓迎です。いいネタがあったらぜひ原稿と写真を送ってください。

[富山県  入善町  ちとせ旅館](2014年3月宿泊)
■所在地  富山県下新川郡入善町入膳7100
■楽天トラベルへのリンク→ちとせ旅館
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

古い町家が残る東海道の宿場町で由緒ある旅籠を見学 [関宿 旧旅籠 玉屋]

四日市に行く用事があり、このついでに関宿を見学してくることにしました。これまで何度も通過する機会がありながら、見学する機会がなかった関宿。聞くところによると、JRの関宿で下車すれば、歩いてすぐのところにかなり魅惑的な町並みが残っているそうな。東海道の宿場町として有名ですが、もっと古代から鈴鹿関として知られていたところ。どんな感じの町並みなのでしょうか。

そういうわけで今回、宿泊はできなかったのですが、見学だけでもしてみようと思い、用事が終わって午後から関宿に向かいました。

まずは四日市駅。大都市の割に何だか“のぺっ”とした感じの駅ですね。

DSCN0177
DSCN0181

四日市から関西本線に乗り、亀山で乗換。関駅に到着しました。何だかわくわくします。駅中に観光案内所があったので、寄ってみると、おっちゃんが地図をくれて、どれくらい時間があるのか聞いてきます。「1時間くらい」と答えると、それに見合ったコースを教えてくれました。観光案内の地図なども充実しております。

DSCN0189
DSCN0193

私としては帰りの電車を1本延ばしてもまだ大丈夫なので、もし時間がかかるようであれば、それでもかまわないつもりでした。

駅からまっすぐ歩いていると古びた看板発見。

DSCN0192
DSCN0194

やや坂を昇る感じで歩いていくと、それらしき通りにつき当たりました。この前の通りが、東海道の宿場町の跡なのでしょう。

DSCN0195
DSCN0198

町並みの雰囲気に配慮した「百五銀行」。

DSCN0201

通りの両方にこんな感じの町並みが連なっています。どっちに行けばいいのかよくわかりませんでしたが、観光案内所のおっちゃんが「まず東追分に行ってみればいい」といっていたので、東方向をめざします。江戸に戻る方向ですね。

今でも商売をやっている家もあります。

DSCN0203

こういう格子や2階の手すりなんかで、かなり凝っている家がいくらでもありました。

DSCN0204
DSCN0211
DSCN0213

やがて道は下り坂に。少し前に降った雪がまだ残っています。通りはあまり人通りがないのですが、狭い道をけっこう車が通るので歩きにくいです。

DSCN0206

東追分到着。このへんは東海道と伊勢別街道の分岐点で、常夜灯が残っていました。伊勢別街道方面には大きな鳥居があったのですが、これは式年遷宮の時に伊勢神宮の宇治橋南詰のやつを、移築することになっているそうです。

DSCN0208

とにかく東追分を確認したので、次は西をめざします。平日の午後だというのに、観光に来たらしきモノ好きな人もいますね。私も人のことはいえませんが。

DSCN0215
DSCN0278

本陣跡。ちなみにここの門は近くの延命寺というお寺に移築されていました。

DSCN0224
DSCN0291

「まちなみ資料館」。近くに町並みを見渡すことができる展望台もありました。

DSCN0222
DSCN0227

もうひとつ本陣跡発見。本陣がふたつもあったなんて、さすが関宿。脇本陣跡もいくつか見かけました。

DSCN0233

橋爪家というかなり渋い家も。今でも人が住んでいるのでしょうか。非常にうらやましいような風情を感じる家です。

DSCN0231

このあたりに地図で私が目をつけていた旧旅籠「玉屋」があり、見学できるようになっています。そのへんを写真に撮っていると、自転車で通りがかったおばちゃんが「そうそう、玉屋はちゃんと撮っておいたほうがいいよ」とアドバイスして走り去っていきました。

その玉屋の隣に「石垣屋」という宿もありました。外観は雰囲気のある古さですが旅籠風ではなく、元は商家のように思えます。しかしどうやら宿として営業しているようです。こういうのがあると知っていたらぜひ泊まってみたかった。

DSCN0235

開け放してあるので覗いてみると、何だか居心地の良さそうな座敷が連なっていました。今度行くことがあったら、ぜひとも頼んでみたいと思います。

さて玉屋は300円(まちなみ資料館と共通券)で見学できます。

DSCN0239
DSCN0241

あがりの板の間。

DSCN0249

土間やかまども残っています。

DSCN0246

こういうのは最近どこに行ってもいますね(笑)

DSCN0248

奥に土蔵があり、浮世絵を展示してあるのですが、そこは写真撮影禁止でした。

座敷にあがってみます。欄間の見事さがすごい。「玉屋」は関宿でも名の通った旅籠で、昔は「関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か」と謡われたほどの宿。ちなみに鶴屋は見落としましたが、会津屋は何か商売をやっていました。いずれも建物が残っているというのがすごい。

DSCN0252

2階座敷にはお膳が出ていました。今でも十分営業できるような保存状態です。

DSCN0256

古い階段も残っています。

DSCN0259

かなり時間をかけて見学したので、どうやら西追分まで行く時間はなさそう。この先の地蔵堂を見学して駅に戻ることにしました。

DSCN0275

その向かいあたりに先程の「会津屋」がありました。

DSCN0277

駅に戻る途中、名物らしき「志ら玉」というきれいな団子を売っている店があったので、1個だけ買い、あとはひたすら駅へ。駅の商工会議所に売店があって、亀山ローソクがいろいろ売っていたので、チョコドーナツ型のローソクを買ったあたりでちょうど列車が到着しました。

あまりに短時間でもありじっくりと見たとはいえませんが、前から行きたかった関宿をようやく訪問できました。これほどの規模で町並みが保存・整備されているとは思いませんでした。こうやって下見をしておくと、後で実際に泊まる時に役にたったりもするわけです。

[関宿  旧旅籠  玉屋](2014年1月見学)
■所在地  三重県亀山市関町中町444-1
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」書籍版

ボロ宿紀行・続編好評発売中!!




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ