日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2013年11月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

親身に世話をしてくれるおばちゃんがいる家庭的な温泉宿 [城崎温泉 やなぎ荘]

兵庫城巡りの続きです。

夕方豊岡から城崎温泉へ。普通列車でも10分くらいのところで本来190円なのですが、普通列車が少なく、この時間帯は特急こうのとりに乗るしかありませんでした。そうすると自由席でも820円もかかるというジレンマ。バスも出ているみたいだったのでバスにすれば良かった。

DSCN3967

そんなせこいことを考えている間もなく城崎温泉駅に到着。ここは前に一度訪れたことがありますが、宿泊するのは初めて。前に来た時に見学した「やなぎ荘」を予約してあります。「やなぎ荘」は、以前はウェブサイトなどでボロ宿自慢をしています。

その言葉がひっかかって前から機会をうかがっていた私は、いよいよ今回やなぎ荘に泊まることにしたわけです。

前にチェックして場所もわかっているのでまっすぐ「やなぎ荘」へ。

DSCN3968

見た目は普通。しかもこの本館のほか、高級別館や名物料理「かにかまくら」などもあり、本当は「ボロ宿」扱いしてはいけない宿なのです。

DSCN3971

この日、土曜日ということもあってか城崎温泉は人が多く、「やなぎ荘」も客が次々とチェックインしていました。私たちもとりあえず3階の部屋に案内してもらいました。

DSCN4086

こんな感じ。

DSCN3976
DSCN3973
DSCN3975

古いといえば古いかもしれませんが、まあ私がふだん泊まっている宿と比較しても、普通というか、そんなにボロではありません。

次の間付きで、冷蔵庫や金庫などの設備もありました。

窓からの景色。1本裏に入っているので、山も見えますが、なかなか渋い建物が並んでいます。

DSCN4082

しばらく待っていると係の仲居さん登場。まあおばちゃんという感じの年齢だと思いますが、かなりベテランというか、熟練した人でした。「お客さんは城崎は初めて?」と聞かれたので、「いや~前にボロ宿を見にきたことがあります」というのもなんなので、「だいぶ前に一度‥」というと、「じゃあ初めてみたいなもんだから、ちゃんと説明しますね」といって、城崎温泉ガイドマップを取り出し、説明を始めました。

DSCN3980

要するに城崎温泉は、昔から外湯めぐりをするべき温泉地なので、内湯はあまり使われないというのが前提。その外湯めぐりをするのに、それぞれ営業時間なども異なるので、どうすれば今日と明日朝で効率よく全部まわれるか、という解説でした。

私はそんなに全部入りたいという執念はなかったのですが、まあせっかくなので話を聞きました。重要事項はペンで書き込んでくれます。

さらにおばちゃんは「これから出かけたとしても、あまり何か食べたりしないほうがいいですから。うちはボロ宿だけど、料理だけはすごくいいから。ボロ宿だけど」としつこく“ボロ宿”発言。私は「そうはいっても私は一番安いプランで頼んだのでそれほどでもないのでは?」と聞き返したのですが、「安いプランだろうが、とにかくすごくいいから余計な買い食いはやめておいたほうがいいです」というのです。

そういうことなら、素直に従うことにして、ちょっと休んですぐに浴衣に着替え、風呂道具を持ってでかけました。風呂道具を入れる便利な袋も宿でくれました。

DSCN3983

城崎温泉の宿泊客は、バーコードのついたカードを渡され、それを使うとどの外湯でも無料で入ることができるシステム。近代化されています。

DSCN4074

まず「やなぎ荘」に一番近いのは「柳湯」。

しかしいずれにしても全部入るのは無理だと思っていたのでここパス。私としては優先順位の高い「一の湯」に向かいました。

「一の湯」外観。

DSCN3990

そして内部。ゴージャスで規模も大きい。お風呂もなかなか良かったです。

DSCN3994

出ようとすると、下足番の人がげたを揃えて出してくれます。げたに宿の名前は書いてありますが、どうして私のげたがわかるのでしょう??????  まさか記憶しているのか。

そんなことを思いながら、さらに温泉街を奥に進みます。しかしこの道は幹線道路らしく、車が多くて、あまりのんびり歩ける感じではありません。

この日人が多かったのは、何か部落解放関係の会合があり、その関係者が泊まっているからだそうです。垂れ幕や看板で「歓迎」と掲げている店も多かったです。

DSCN4000

この先にもうひとつ入りたいと思っていた「御所の湯」というのがあるのですが、ここは行列ができていました。なのでここもパス。たくさんあるので、あまりこだわっている場合ではありません。

DSCN4004

途中で「三木屋」を発見。志賀直哉せんせいが泊まった宿として有名。私もこんな高級宿に泊まって、ブログで「城崎にて‥」などと書ける身分にいつかなりたいものです。

DSCN4006

この少し先を左に入ったところにあったのが「まんだら湯」。ここは「一の湯」より小さいですが、なかなか豪華な建物でした。

DSCN4008

ここを出る時にもやはりげたがすぐ出てきたので、番の人に聞いてみると「まず浴衣とげたの宿名で覚える。あとは何人で来たか、男性か女性か、などと見当をつけるためのヒントを覚えている」ということでした。なるほど。しかし城崎温泉に宿も数ある中で、その浴衣の柄などをすべて覚えるとすると、かなり大変な仕事です。

次に向かったのがさらに奥にあるという「鴻の湯」。ロープウェイの近くになります。ここもそんなに大きくありませんでした。

DSCN4010

このへんでだいたい食事の時間が近くなってきたので、宿に戻ることにしました。もう暗くなってきています。

DSCN4016

城崎温泉街を流れる川の夜景を撮影。柳の木がなかなかの風情。城崎温泉といえば、もはや大温泉地ですが、こんな風情が残っているから人気があるんでしょうね。

DSCN4024

「飛び出し注意」のこうのとりの看板もあるので、安心。

DSCN4029

夜の「やなぎ荘」に戻ってきました。けっこう歩きました。思えば朝から山登りあり、街歩きあり、とかなり脚力を使った一日でした。

DSCN4032

部屋に戻るとすでに食事の支度がほぼできていました。そのまま待っていると、例のおばちゃんが次々と料理を運んできました。見習いの新人(若い女性)が、手伝いに付いてきています。「まだ見習いだから、私の後を付いて歩くけど、よろしくね」とおばちゃんがいいます。

料理の細かいことはあまりわからないのですが、確かにボリュームがあり、季節はずれなのでしょうがカニもあり、エビもあり、豚肉のせいろ蒸しもありました。

DSCF1585

この焼いたエビは皮を向いて食べるわけですが、おばちゃんは「私なんかは酒飲みだから、皮ごと食べるけどね。皮ごと食べると香ばしくておいしいですよ」というので、そうして食べてみたらおいしかったです。

DSCN4039

あとほかにもいろいろ出てきました。問題はしゃもじが出てなかったことでしたが、電話で呼ぶのも面倒なので箸でごはんをよそって食べました(笑)

DSCN4038
DSCF1589
DSCN4040
DSCN4047
DSCN4049

この日はよく動いて温泉も入ったせいか、ビールがおいしい上に、熱燗も頼んでだいぶ飲んでしまいました。

そうして食後の片づけには若い女性2人でやってきました。見習い2人組。

この2人が布団を敷いてくれたのですが、途中で別のおばちゃんがやってきて、シーツのしわが出ないようにとか、いろいろ実際にやってみせて指導しています。しかもやはりおばちゃんは手早い。私も素人ながら、見習いとはだいぶ力量の差を感じました。

DSCN4053

さて、これでいつでも寝ることができるので、この後もちょっと散歩に出てみました。すると柳湯のすぐ前のあたりで、琴と三味線の演奏準備をしているグループがいたので、これを聞いてみようと思い、柳湯の足湯に座りながら待ちました。

DSCN4063

しかしなかなか始まらないので、先に狙っていた射的屋へ向かうことに。道路はぼんぼりでライトアップされています。

DSCN4066

射的屋ではまじめに狙いましたが、この前積善館の夏祭で取ったのと同じようなのしか取れませんでした。

DSCN4070

宿の方向に戻ってみると演奏が始まっていました。こんなサービスも地元の人たちが観光活性化のために協力してやっているでしょう。確かに温泉宿に泊まると夜は意外にひまなので、こういうのは健全でいいのではないでしょうか。

DSCN4073

宿に戻ってさらに内湯に入ってみました。ここの内湯は城崎温泉の内湯としては珍しいかけ流しだそうで、実際なかなか良かったです。「外湯めぐりしなくてもここでいいじゃないの」と思ったくらい。写真がうまくとれなかったので、下の写真は宿のサイトから借りました。

19705_2

別館に行くと、こんな↓貸し切り湯もあるそうです。なかなかいい雰囲気ですね。

FQRVZ7

1階の設備を改めて見ると、休憩室や、

DSCN4054

バーカウンター、

DSCN4055

自販機や売店などもありました。


DSCN4087


そういうわけでお風呂から上がり、この夜は疲れて寝てしまうところだったですが、隣の部屋の学生の団体が夜中までうるさくて、時々目が覚めました。実は昼間のうちから仲居のおばちゃんにいわれていたのです。「うるさかったらこっちから注意するからいってね」と。

しかしあの学生のバカ騒ぎも、こっちの疲れには勝てず、やがて寝てしまいました。

朝食は食堂で取ります。確か2階にあったと思います。早めに行くとまだ空いていましたが、やがて例の学生たちもやってきました。やはりいかにも夜中に奇声を発して騒ぎそうな、アホそうな顔がそろっています。

そういえば私も昔、温泉で騒いで隣の部屋におばちゃんに怒鳴られたことを思い出しました。

食事はこんな感じ。鍋は湯豆腐でした。名前のわからない焼魚が妙にうまくて、お酒を頼みそうになりましたが、やめておきました。

DSCN4078

例の見習い女子2人もいて、おばちゃんの指令を受けて、「おかわりはいかがですか」などとキャッキャいいながら学生たちの席を回っています。何が可笑しいのか。箸がころげても可笑しいのか。学生もおばちゃんによそってもらうより、見習いによそってもらうほうがうれしいようでした。私のほうにはおばちゃんが「おかわりは」といってきましたが、もうお腹いっぱいなのでやめておきました。

この日はついに但馬地方の城巡りミッションが終了する日。この後、別件で宝塚に一泊することにしていましたが、それは普通のホテルなので、ここで「兵庫・ブロガー100人戦国トリップ」としては終了になります。

宿を出る時、おっちゃんがいたので最近の景気を聞いてみると、「まあ悪くはない」といった感じの答えでした。何よりのことです。

会計の時に、木製のしゃもじをくれました。これは夕食の時にしゃもじを忘れていたからなのか、いつものおみやげなのかわかりません。とにかく宿を出て駅に向かいつつ、お土産などもみようかと思って歩き始めました。

DSCN4088

前に来た時に見た廃業した「遊技ホール」や、ラーメンを食べた店などの前も通りました。

DSCN4089

駅まで行く途中にあるのは「地蔵湯」。ここに入っていっても良かったのですが、今回はいずれにしても全部制覇はできないのでやめておきました。

DSCN4092

駅前に来て思い出したのですが、前はたしかカニの足のオブジェがあったと思うのですが、なくなっていました。

DSCN4101

その替わりかどうかわかりませんが、こうのとり様の像がありました。

DSCN4103

顔はめなどもひととおりやって駅の窓口に行くと、ちょうど宝塚に直行する特急が出るところだったので、あわててチケットを買い電車へ。

DSCN4107
DSCN4108
DSCN4109

城崎温泉を後にしました。今回、だいぶ様子がわかったので、ぜひまた訪ねてみたいと思います。

[城崎温泉 やなぎ荘](2013年10月宿泊)
■泉質  ナトリウム・カルシウム塩化物泉
■所在地  兵庫県豊岡市城崎町湯島701
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

豊岡~出石の城下町風情を訪ねて歩く

兵庫城巡りの続きです。

早朝から竹田城後に登り、ぐったりした感じでしたが、次の目的地豊岡をめざします。豊岡は、和田山から電車に乗るとすぐ。30分くらいで豊岡駅に到着しました。

DSCN3798

意外に大きな町で、駅も新しく立派でした。

DSCN3800
DSCN3807

この日は夕方くらいまでに城崎温泉に着けばいいので、時間もたっぷり。豊岡城とできれば出石城に行こうと思っていましたが、まったく情報を持っていなかったので、とりあえず駅1階にある観光案内所へ。

DSCN3801

ここの観光案内所で、町の地図でももらおうと思っていて、「豊岡の城跡はどのへんですか」と窓口の女性に聞いて見ると、奥にいったただ者ではない感じのおっちゃんが「そういうことであれば私が」と満を持して乗り出してきました。私としては「豊岡周辺の城を見学して、それからできれば出石にも行ってみたい」というようなことをいうと、出石行きのバスの時間から、豊岡市内の見どころまですらすらと解説してくれました。

おっちゃんによると、「まずバスで出石に行き、ちょうどお昼になるので出石そばを食べ、それから出石の伝統的建造物保存地区の町並や城を見て、またバスで戻ってくるとちょうどいいでしょう。ただ豊岡の城というと明確に残っている遺構は少ない」ということでした。

その上に「城に興味がおありですか」と聞かれたので、「いや、興味というより、今回の旅のテーマが城巡りなので‥」などとわけのわからないことをいうと、ロッカーから秘蔵の資料を出してきました。この資料は城に関心のある人にあげるために大事にとってあるそうで、恐縮ながら私にもくれました。

こんな感じ。

DSCN6829

中身は観光ガイドというより、豊岡周辺の城についての学術的な論文にも似て、古い図面や絵図などを駆使しており、それを比較的わかりやすく記述したような内容でした。

とにかくおっちゃんのおかげで計画が立ったので、駅前から出ている出石行きのバスに乗ることに。ちょっと時間があったのでお土産屋をのぞいて見たのですが、基本的に「玄さん」ものが多かったです。「玄さん」とは何者なのでしょう。

DSCN3803
DSCN3804

よく見ると駅の周辺も「玄さん」だらけでした。

DSCN3806
DSCN3809

ほどなくバスが来たので乗車。豊岡の市街地を抜けて、出石方面に向かいます。出石のバスターミナルには、10分か15分くらいだったでしょうか。割と近いです。ここで帰りのバスの時刻表をもらって、いよいよ出石の町に繰り出しました。

DSCN3812

しかし出石に来てはみたものの私は昔の城下町であることくらいしか知識がありません。とにかく観光案内所のおっちゃんが出石そばを食べろといったので、そば屋を探してみようと思ったのですが、そこら中そば屋だらけで、探すも何もありません。むしろどれに入っていいのか悩む感じ。

DSCN3814

歩いていると「旅籠西田屋」という古そうな旅館を発見。後で調べてみたら、使われなくなった町家を再利用した宿泊施設として、営業もしているそうです。

DSCN3817

結局、少し古い町並みを歩いて、路地裏で見つけた古そうな建物のそば屋に入ってみることにしました。建物の雰囲気優先で選択。

DSCN3824

観光案内所のおっちゃんによると、「出石そばというのは皿そばだが、1人前だと足りないかもしれないので、最初から3人前くらい取って、それでも足りなければさらに1枚ずつ追加することもできる」という話でした。なので3人前注文。

最初に卵とか薬味が出てきました。

DSCN3828

次に大量の皿そば登場。これで2人前。10皿。

DSCN3830

これ以上置く場所がないのではないかと思ったのですが、気にせずどんどん置いていきます。スペースがなければ積み重ねていきます。

DSCN3835

結局私が2人前食べました。やはり2人前くらいは軽く食べられますね。

DSCN3839

そば自体がかなりおいしい。せっかくあるので卵やとろろも混ぜてみましたが、むしろそばつゆだけのほうがおいしかったような気がします。

さて、もらった出石のガイドマップによると、このそば屋のすぐ近くに家老屋敷があります。その先に城跡があり、町並みも全体的にかなりコンパクトにまとまっています。あまり時間をかけなくても、けっこう回れそうです。

まずは家老屋敷へ。

DSCN3843

この場所は「仙石騒動」で有名な仙石左京の家があった場所だそうだ。古い屋敷ならではの重厚な雰囲気もありました。ちょうど団体さんがガイド付きで入ったところだったので、そのグループに紛れ込んで説明を聞きながら見学。

DSCN3848
DSCN3852

2階に上がって窓から外を見ると、ちょうどさっきのそば屋が見えます。一生懸命手打ちしているところでした。そばがうまいと思いましたが、やはり打ち立てのやつを出しているようです。

DSCN3854

旧城下町の一部を再現したジオラマもありました。

DSCN3856

「告  質素倹約につとめるべし  城主」

DSCN3859

さてここを出て、少し歩くとすぐにお城に行き当たりました。

DSCN3863

登城門。

DSCN3869

逆光ですが櫓が見えました。非常に小規模な城です。石垣はけっこうしっかりしていますが、ちらっと見るとただの山のようにも見えます。

DSCN3872
DSCN3879

この上から見た出石市街。盆地ですね。但馬の小京都といわれるほどの古い町並みが残れされたのは非常に幸運でした。もっと上にのぼる道もあったのですが、暑いのでパス。

DSCN3875
DSCN3876

城山の一角にお稲荷さんもありました。

DSCN3885

出石の街中を適当に歩いてみることにします。

城跡の前からにぎやかな通りが続いており、観光客がたくさんいます。お土産屋もたくさんありました。

DSCN3865

日本最古の時計台といわれる「辰鼓楼」も見学。

DSCN3894
DSCN3896

この近くのせんべい屋で立ち食いのせんべいを1枚買い、食べながら散策。古い町屋がけっこう残っていて、電気屋などの商売をしている家もありました。

工事中の民家の前で、桂小五郎の史跡を発見。そういえば、彼は京都から長州藩が追われた時に、こっちのほうに逃げてきたのでした。地元民の侠気に助けられたというような話を聞いたことがあります。こんなところにも隠れていたんですね。

DSCN3909

ほかにもいろいろ見どころの多い町並みでしたが、バスの時間が近づいているのでそろそろ立ち去らなければなりませんでした。しかしバス停に向かっている途中で「出石永楽館」を発見。古い芝居小屋です。近畿地方最古の芝居小屋で、明治34年会館。前に内子でも芝居小屋を見学しましたが、こういうものを復元して、地域で利用するというのはいいことだと思います。

DSCN3911

入ってみると、芝居小屋ですからだいたい似たような構造になっています。

DSCN3933
DSCN3913
DSCN3925
DSCN3921

舞台下にもぐってみると、やはり奈落がありました。「せり」の仕掛けも。

DSCN3926
DSCN3927

ここで時間をつぶしたので、バスの時間がいよいよなくなってしまい、小走りでバス停へ。バスは高校生などで意外と混んでいました。たぶん出石の町などは、実際に住んでみるとすごく住みやすいところだろうなあという印象。手頃な規模の町の中にしっとりした雰囲気が残り、観光客もけっこう来ます。空き家も見かけたので、そんな家でアイスクリーム屋でも開業したら、けっこうのんきに暮らせるのではないか、などと思いましたが、まあ住んでみないとわかりません。

さて豊岡駅行きのバスは豊岡の街中に入ったので、途中でおりてみました。豊岡城の城跡にあたる神武山公園に寄ってみるのが目的。観光案内所のおっちゃんの話では、豊岡市街は地震などの災害が多く、あまり古い建物は残っていないということでした。

バスから降りて少し歩くと「カバンストリート」発見。この通りは昔は宵田商店街といわれ、豊岡経済の中心地だったとか。カバンは豊岡の地場産業で、カバン屋がならぶ町だそうな。

DSCN3937

確かにカバン屋が多く、工房などもありました。珍しいカバンの自動販売機まで発見。

DSCF1579

しかしあまり人影もなく、閉まっている店も多かったです。

ここからさらに歩いて神武山公園をめざします。遠くからでも山が見え、「あのへんが城跡だ」というのは見当がつきました。あまり城の面影はありません。

DSCN3943

入口がわからずだいぶ歩いた結果、「通行止め」。

DSCN3942

ほかにも入り口があるのかもしれませんが、今回は疲れたので城跡の山を見ただけでよしとして、再び駅に向かって歩きはじめました。

古い家はない、と聞いていましたが歩いているとなかなか渋い建物に出くわします。

DSCN3948
DSCN3949
DSCN3950

あと、道路のマンホールなどにはコウノトリがたくさん。豊岡では長らくコウノトリの繁殖を続けており、日本最後の野生の生息地として知られているそうです。

DSCN3954
DSCF1580

「大石りくまつり」のお知らせも。この方は豊岡のお生まれのようです。

DSCN3953

そんなわけで思った以上に充実した出石~豊岡の散策を終え、計画通りの時間に駅に戻りました。

このあとはいよいよ待ちに待った城崎温泉。

DSCN3959

竹田城に登り、出石と豊岡を歩き回った一日がようやく終わり、あとはただ温泉につかり、ビールを飲むだけの一夜が待っています。その話は次回に。

(2013年10月訪問)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

雲海見学をめざして天空の城・竹田城跡へ[朝来市 いずみ旅館(後編)]

朝来市いずみ旅館の続きです。

朝4時に起きると予報では降らないはずだったのですが、雨が降っていました。4時半頃に下にいってみるとご主人がちょうど起きてきてわれわれのおにぎりを作るところでした。

「やっぱり雨ですね。足元は大丈夫なんでしょうか」と聞くと、「歩くのは全部舗装してあるところだから問題ない」という答えでした。もはやこうなれば出発するしかありません。もし1時間くらい歩くことになったとしても、しょうがないと思いました。

5時に再び下に行き、荷物を預けて外に行くと、一人若いにいちゃんが車の助手席で待っていました。同乗者がいてよかった。どうやら映画かテレビのロケハンで来たみたいな雰囲気で、観光客らしくありませんでした。

私はカッパを着て、かみさんは傘を持ってとにかく出発。今回はあまり降られないとみて傘も1本しか持ってきていませんでした。

DSCN3587

車中でご主人がいうには、「最近は急に観光客が増えてきて、土日は道路の規制も厳しくなっている。もともと年間5万人くらいだったのが去年は20万人以上きたし、今年は50万人くらいいく勢いだから」ということでした。

大きかったのはやはり高倉腱主演の映画「あなたへ」だそうです。ちなみにこのご主人もエキストラで出演して、城で太鼓をたたいたそうですが「けっこう長く映っている」と、まんざらでもなかったようでした。ギャラについては「健さんが2億、こっちはおにぎり一個だ」と笑っていました。「最近は“歴女”も来るからね。このあいだも遠くから一人旅できた客がいたし」ということで、地の利のいいいずみ旅館はなかなか繁盛しているようです。

それにしても毎朝5時に客を送っていくのは大変ではないのでしょうか。「もう、よほど用事がない時以外は、ほとんど毎日車を出しているからね」というのですが、起きるだけでも大変なような気がします。

そんな話をしていると、検問に遭遇。大勢の係員が集まっていて車を規制しています。車をどこかに止めて、シャトルバスに乗れといっています。最近はそういうバスが早朝から出ているのでしょうか。しかしご主人は粘り、「〇〇さんと話して許可も得ているから」というので、向こうは無線などで連絡を取った結果、無事通過。

さらにのぼっていくともう一か所検問が。ここでも止められましたが、連絡を取った結果、通ることができました。この日、最終的にどういう取り決めになっていたのかわかりませんが、車で中腹の駐車場まで行った感触としては「雨の中を歩くのはとても無理だったな」という感じ。普通の登山道が通行止めになっていて、車両はかなり遠回りして中腹駐車場に向かうようになっているようでした。

DSCN3588

規制されている割には中腹駐車場にはけっこう車も人もいました。もちろんまだ真っ暗。ここに自販機やトイレもありました。

DSCN3591

この10月から入場が有料になったところでした。人が増えすぎたのと、石垣が崩れたりするので、補修などに使うためでしょう。

DSCN3593

私たちは懐中電灯も持っていませんが、とにかくここにいてもしょうがないので登ることにしました。ご主人が「帰り道は歩いても近いから」などを教えてくれたので、とにかく「竹田城跡」の門を潜ります。

門の先の階段を少し下ると受付。ここで300円払うと「気をつけて。そこの杖を使ったほうが楽ですよ」というので、竹の棒を借りて出発しました。

DSCN3594

しばらくはまったくの闇夜で、何も見えませんでした。ご主人が前後の客が懐中電灯を持っていたら、それでけっこう見えるといっていたのですが、前後に誰もいません。いずみ旅館から一緒に来たにいちゃんはさっさと先に行ってしまいました。

しかたないのでたまにスマホの灯で確認しつつ、歩いていると、私は道からそれてしまい、側溝に落ちそうになりました。右側はガードレールなので、それに触って歩くと一応安心。

そのうち真っ暗だと思っていたのが、目が慣れてきたせいか、すこし空と遠くの山が区別できるようになってきました。雨なので星も月もまったくないですが、道路はうっすらと見える感じ夜が明けてきたからかもしれません。

落ち着いてみると、下界の夜景などもかすかに見えます。

DSCF1458

そうやって歩いているうちに、道路は坂道から石段にかわり、たぶん城のエリアに入ったのだと思います。後から来る懐中電灯の灯も見えてきたので、しめしめと思い、追いついてくるのを待ちました。見ると若い女性2人。「こいつらを先に行かせれば便利」と思って「おはようございます」とあいさつをかわしたのですが、実際に歩いてみると石段を登るペースについていけませんでした。

しかしようやく少し平らなところに出て、どうやら城の一角に到達したようです。

DSCF1460

まだほとんど暗くてよくあたりはよく見えません。石が転がっていたのですわって休んでいると、「何時頃から来られたんですか」とどこかの奥様に声をかけられました。「5時に宿から送ってもらって、いま着いたところです。あいにくの天気で、今日はダメですね」というと、「今日は日の出もダメそうですけど、とにかくここまで来たからにはこないと」といっていました。

気がつくと周囲には徐々に人が増えています。ようやく少し明るくなってきたので、本丸跡と思われる方向に歩き始めました。

DSCF1465

この日は雲海というほどではなく、ちょっと雲がある程度。しかしなかなか幻想的な光景です。

DSCN3602

もうだいぶ明るくなりました。本丸付近はだいぶ人が多く混雑。天守台の上は記念撮影する人でいっぱいになっています。

DSCF1473

天守台からの風景。天守台の標高は353.7mあるそうな。確かにこの風景は見にくる価値がある。

DSCN3644

城はなかなか複雑な構造をしており、迷いながら歩きました。あちこちに石積みの跡や、櫓があったと思われる石垣が残っています。最近は人が増えて崩れるケースが出ており、保存が問題になっているようです。

DSCN3653
DSCN3673
DSCN3676

一段下から見た天守の石垣。人が多い。この日はテレビ局の取材も来ていて、観光客に感想などを尋ねていました。最近の観光地はどこも高齢者が多いですが、さすがにここはアクセスがきついので若いカップルか中心。

DSCN3667

遠くから見ているとなんだかすごく危ないことをしているように見える人もいます。

DSCN3682

櫓の上で二人の世界に入りこむカップル。誰もじゃまできない。

DSCN3691

すっかり明るくなりました。

DSCN3684

途中、雲が激しく動くので、時々すごい雲海に包まれたようになります。

DSCN3692

それにしても、よくもこんな山の上にこんなに大きな城を築いたものです。竹田城は江戸時代は廃城になっていましたが、戦国時代にはずいぶんいろんな攻防があったようで、秀吉にも攻められています。いったいこんな城をどうやって攻めたのか。何だかわかりませんでしたが石碑もありました。

DSCN3710

再び最初の南千畳といわれる平地に戻り、だいぶ体力を使ったので帰りも元気に歩くために、おにぎりをとりあえず1個だけ食べることにしました。

DSCN3713

いずみ旅館のおっちゃんが早起きして作ってくれたシンプルな塩むすび。塩がきいていてすごくおいしかったです。残りは後で食べましたが、もち米を混ぜたやつとか、昆布の佃煮を混ぜたやつがありました。

食べていると通りがかりのおっちゃんが「おっ、おむすびか。いいな~」と物欲しそうに声をかけてきましたが、もちろんあげませんでした。

雨も小降りになったり、やんだりしている状態。ここにずっといてもいいのですが、さらに霧だか雲だかが増えてきました。寒いこともあって、山を降りることにしました。

DSCN3718

来た道の景色も改めて明るいところで見るとなかなか絶景。

DSCN3723

まず中腹駐車場に戻り、竹田駅まで歩こうかと思っていると、偶然客を乗せて来た空車を発見。すかさずこれを取り押さえて、タクシーで降りることにしました。今は一方通行の指定などができて、登るのは多少遠回りですが、「下りは近くて5分くらいですから」ということです。

DSCN3732

駐車場を出る時にどこかの子供がタクシーに向かって敬礼をしており、運転手さんもあいさつを返していました。

さらに少し下った道沿い(城の受付付近)でタクシーに手をあげる人を発見。このタクシーが少し前に乗せて来た客だそうで、ついでなので同乗して山を降りることにしました。

この運転手さんは、何者か不明ですがやたらと歌がうまい人で、「竹田城の歌」とかいうのを歌ってくれました。たぶん乗せた客にはみんなに聞かせているのでしょう。

竹田駅に到着。

DSCF1509

この日の最大イベントというか、この旅の最大イベントともいえる竹田城跡の見学が終わり、任務を果たした気分。この日の予定は城崎温泉泊まりですが、だいぶ早く竹田城跡見学が終わったので、豊岡で降りて出石城などにも行ってみようと計画。その前に和田山で宿に寄って荷物をピックアップしなくてはなりません。

それにしてもだいぶ時間的に余裕があるので、竹田駅付近を少し歩いてみることにしました。竹田駅の待合室はすごくきれいになっていたので、ここで残りのおにぎりを完食。

DSCN3741

竹田駅前のようす。

DSCN3746

土曜日ですが子供たちが通学していきます。それ以外、ほとんど人影がないのどかな風景。

DSCN3748

ここも宿のようです。なかなか良さそう。

DSCN3753

町屋カフェもまだ時間が早いので営業していないみたいでした。

DSCF1519

古い酒屋か醤油屋と思われる建物があり、ここは工事中でした。どうやら観光施設になるようです。このへんも観光客が増えたので、急ピッチで受け入れ体制を整えている感じ。

DSCN3755

確かにこの渋い通りだけでもかなりの価値があると思います。城下町の風情を感じます。北の山の中腹にも雲がかかっています。駅の反対側に寺町もあり、城主の居館跡もあるようでしたが、今回は行きませんでした。

DSCN3758

裏道を歩いていると、きれいに世話をされた地蔵発見。一応拝んできました。

DSCN3761

再び竹田駅へ。

DSCN3763

改めてみると駅前旅館もありました。食堂・居酒屋も兼業。ここも泊まってみたい気がしましたが、こういう宿は現地に来ないとなかなか存在がわからないので、難しい面があります。

DSCN3765

だいぶ早いですが駅のホームに入りました。

DSCN3781

ホームから、大手門に続く登山口が見えます。ここを歩くと竹田城まで40分とか。しかし今回は通行止めでした。

DSCN3774

和田山行きの普通列車に乗車。

DSCN3782

和田山駅前には昔の車両基地らしい古い建物がありました。これもなかなか渋い。DSCN3796

駅から歩き、ようやく懐かしのいずみ旅館に戻ってきました。ご主人は見当たりませんでしたが、とにかくお礼をいって荷物を受け取り、すぐに和田山駅に戻りました。今回は宿のご主人のおかげで、無事に竹田城跡を見学することができました。

和田山駅では待ち時間が40分くらいあったので、駅下にある喫茶店へ。

DSCN3795

ここで地元の高齢者の皆様が最近の観光動向について話していました。

DSCN3793

「竹田城の雲海はこの前の日曜がすごくよかったそうや」
「〇〇(近くの飲食店らしい)もだいぶもうかったやろ」
「あそこは6人くらいしか入らんで、しれてるわ」
「だいたい観光客は朝来には金を落とさんやろ」

などと。われわれも見るからに観光客なので、じいちゃんがいきなり標準語になって聞いてきました。

じいちゃん「これから竹田城ですか」
私「いや、今行ってきたところです」
じいちゃん「そうですか。雲海は見れましたか」
私「まあ雲海なのかどうか、けっこう雲が出ていてよかったです」
じいちゃん「そりゃよかった」

てな感じで、店主おばちゃん、客おばちゃん、じいちゃんに見送られて喫茶店を出ました。のどかな朝のひととき。このへんで朝の9時半くらいだったでしょうか。まだまだ1日は長いわけですが、すでにけっこうな達成感と疲労感。

そういうわけで、この続きは次回にします。

[いずみ旅館](2013年10月宿泊)
■所在地  兵庫県朝来市和田山町寺谷712-10
■楽天トラベルへのリンク→
朝来市 いずみ旅館

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
「日本ボロ宿紀行」書籍版

ボロ宿紀行・続編好評発売中!!




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ