日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2013年04月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

4月14日読売新聞「著者来店」で「日本ボロ宿紀行2」が紹介されました!!

先日以来しつこく宣伝してきた「日本ボロ宿紀行2」ですが、動きはけっこう順調なようです。先週の4月14日の読売新聞書評欄「著者来店」のコーナーでも紹介していただきました。

DSCN9244
※写真は一部修正してあります。

前回もいろんなメディアで紹介してもらいましたけど、本当にありがたいことです。取材では、質問にあまりうまく答えられなかったのですが、かなりおもしろそうに紹介してくれています。

撮影は都内の古い宿の前でやろうという話になったのですが、実際に何軒かの宿に撮影許可を頼んでみると、書名を聞いたとたんにダメになったそうな(当然か?)。結局都内の古い町並みを探して背景にしましたが、かなりボカしてあるので、はっきりとはわかりません。

それにしても、こうして紹介してもらえるのも、ここを訪ねてくれるみなさんのおかげなので、本当に感謝しております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

国東半島・昭和レトロの町を散策 [豊後高田市 亀の井ホテル 大分豊後高田店(後編)]

豊後高田のビジネスホテルで一夜を明かし、いよいよ「昭和ロマン蔵」をめざします。ホテルは朝食付きなので、昨夜の居酒屋に行くと、朝食バイキングの用意ができていました。

DSCN8631

品数はあまり多くはありませんが、まあ十分な内容。コーヒーを飲んでゆっくりしながら、今日の予定を考えました。「昭和ロマン蔵」を見た後、どうやって帰るか昨夜から迷っていたわけです。

基本的に当日中に東京に帰る必要がありました、普通に日豊本線で小倉まで戻って新幹線で帰るか、あるいは大分空港から飛行機で帰るか。もうひとつ魅力を感じたのが、豊後高田から少し離れた竹田津港から出る徳山行きのフェリー。パンフレットなどに出ている「スオーナダフェリー」という名前に惹かれます(笑)。この海域を船で渡ってみるのもおもしろそうだな、と思ったわけです。

しかし、便数が少なく思うような時間には乗れません。竹田津港へ行くバス便も少ないのです。このフェリーを利用して広島まで行く高速バスもあり、その乗り場は昨日のバスターミナルにもあるようでしたが、やはり時間が合わない上に、予約が必要なようでした。

この日は雨模様になりつつあり、しかも傘を持っていなかったので、結局あきらめて普通に新幹線で帰ることにしました。

そうと決まればのんびりしたものなので、ゆっくり宿を出て、再びバスターミナルをめざして歩き始めました。

ホテルを出ると、なかなか古びた町並みが続きます。すごく近くに「和風スナック夕子」も。ここに行ってもよかったかも。

DSCN8633

赤い鳥居が並ぶお宮。宮町の名前はこのお宮からきているのかもしれません。

DSCN8635

交差点の広場にはレトロ感のある子どものオブジェが。

DSCN8637

「新町ナイトセンター」というのもありました。やはりこのへんは飲食店街というか、飲み屋が多いエリアのようです。

DSCN8639

路地を通って,再び新町通りに出ました。

DSCN8641

昨夜は気がつきませんでしたが、再現された昔のガソリンスタンドなどもありました。

DSCN8642
DSCN8643

駅前のタクシー会社の壁面に地元の祭の写真などが飾ってあります。

DSCN8645

そしていよいよ「昭和ロマン蔵」へ。

DSCN8579

最近各地に昭和回顧をテーマにした観光施設をみかけますが、ここはけっこう規模が大きい感じです。たぶん団塊世代の郷愁を誘い、集客につなげようという作戦なのだとおもいます。豊後高田の場合、実際に懐かしい商店街が残っているのが強みですね。

レトロなクルマや、古い教室のようすを再現した部屋。

DSCN8653
DSCN8650

スマートボールも体験できます。しかしこういうものは射幸心があおられるからこそやる気になるもので、無料で景品なしだと何となくむなしいですね。

DSCN8657

受付に行くと、展示区画ごとに料金が設定されています。私は「昭和の夢町三丁目館」と「駄菓子屋の夢博物館」に入ることにしました。

DSCN8682

受付付近は売店になっていて、懐かしい雰囲気を演出。展示されているクルマには「ぜひ乗ってみてください」と受付の女性にいわれたので素直に乗ってみました。私はクルマに詳しくないのでよくわかりませんが、けっこう値打ちもののレトロカーなのでしょうか。

DSCN8676

「昭和の夢町三丁目館」は、要するに昔の生活を再現したスペース。古い家が夕焼けに染まっていく演出。

DSCN8663

ここの壁に除き穴が空いていて、のぞくと「こらー!」という音声が出るのでびっくりします。

居間や台所も当時の雰囲気で再現されています。ちゃぶ台とかいいですね。

DSCN8665
DSCN8671
DSCN8667

ここを出るといったん売店に戻り、さらにいったん外に出て「駄菓子屋の夢博物館」へ。

鉄人がお出迎え。

DSCN8701

食堂ののれんが博物館の入口になっています。

DSCN8699

ここの展示スペースは昔のおもちゃなどが中心。かなり広く、展示物の数も多いです。ここにも鉄人がいました。私は鉄人というと、かなり好きなほうですがアニメより横山光輝せんせいのマンガのほうの記憶が強い。

DSCN8688
DSCN8689

ここも入口付近が駄菓子を中心にした売店になっていたので、おみやげようにシガレットチョコのセットとか、昔の薬風にデザインされている風船ガムなどを買いました。

この時点で11時くらい。レストランも併設されていて豊後そばなど食べてみたいと思ったのですが、やはり時間が早いのであきらめて帰ることにしました。

再びバスターミナルへ。

DSCN8706
DSCN8707

宇佐駅からは、いかにもJR九州風の列車に乗って小倉をめざします。

DSCN8719

小倉で立ち食いのかしわうどんを食べてさらに明太子おにぎりを1個買い、新幹線に乗車。
DSCN8724

東京までの長い乗車時間も、最近慣れてきたのでまったく苦になりません。今回のツアーはあまりにも無計画だったため、時間がありませんでした。しかし豊後高田の古い町並みを初めて歩いてみたのは、なかなかおもしろい体験でした。

[亀の井ホテル 大分豊後高田店](2013年1月宿泊)
■所在地  大分県豊後高田市高田2861-1
■楽天トラベルへのリンク→亀の井ホテル 大分豊後高田店
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

国東半島・昭和レトロの町を散策 [豊後高田市 亀の井ホテル 大分豊後高田店(前編)]

今年1月にまたも大分県中津市に行く用事がありました。このへんは十分日帰り圏ではあるのですが、例によってどこかに一泊しようと思い、あまり行ったことがない国東半島方面で宿を探してみることにしました。

その結果、豊後高田市が「昭和の町」をテーマに町おこしをしているというネタを発見し、そのへんを歩いてみることに決定。しかしボロ宿が見つからなかったし、当日は夕方まで仕事があって、ゆっくり宿探しをしている時間もなさそうだったので、九州中心のホテルチェーン・ビジネスホテルの「亀の井ホテル 大分豊後高田店」を予約。つまり今回の宿はまったく“ボロ宿”ではありません。

今回も飛行機は使わず、新幹線で小倉へ。もう慣れてしまっているのであまり遠く感じません。小倉で日豊本線に乗り換え、中津へ。

次回のNHKの大河で黒田官兵衞をやるみたいで、パネルが出ていました。

DSCN8519

中津はいわずと知れた福沢先生の故郷ですが、今回は背中側から駅を撮影してみました。

DSCN8560

もう何回も来ている中津。ちょうどお昼だったので、アーケードモールで、店を探しました。今回は中津の唐揚げでも食べてみようかと思っていたのですが、やはりラーメン屋に入ってしまいました。自分でよくこう年中ラーメンばかり食べているものと感心してしまいます。

DSCN8524

渋い店内。意外と客がいて、一席しかあいていませんでした。私は味噌ラーメンを頼んでみました。懐かしい感じで
なかなかおいしかったです。

DSCN8526
DSCN8527

食後、仕事までまだ30分くらい時間があるので、中津市内で行ったことがない寺町方面を駆け足で散策してみることにしました。

途中、赤い欄干の橋などを作る整備事業をやっています。全体として公園として整備しているような感じ。

DSCN8559

さらになかなか魅力的なボロ宿も発見しました。営業しているのかどうかは確認していません。

DSCN8558

中津の寺町もなかなか風情のあるところです。派手な赤い壁のお寺や、

DSCN8554

かっぱの墓などがありました。

DSCN8548

さて、夕方仕事が終了したのでいよいよ豊後高田をめざします。まったく初めての町ですが、途中でバスに乗り換える宇佐駅には行ったことがあります。

DSCN8564

宇佐駅到着。

DSCN8716
DSCN8569

豊後高田に行くバスは駅前から出ていて、けっこう本数もありそうです。

DSCN8568

バスに乗るとたぶん10分くらいで豊後高田のバスターミナルに到着。乗客は3人くらい。着いてみるとターミナル前にはタクシーもいて、交通の中心っぽい雰囲気です。

DSCN8576
DSCN8574

「想い出の宇佐参宮鉄道資料展示中」と書いてありましたが、中には何もなさそうでした。昔はここにも鉄道駅があって、宇佐神宮まで結んでいたようです。

このターミナルに隣接して「昭和ロマン蔵」というのがあったのですが、すでに閉館時間を過ぎていたので、これは翌日に回して、宿まで歩いてみることにしました。その途中の商店街を「昭和の町」として観光開発しているというわけです。

地図を持っていないので、スマホのマップを頼りに歩いて行きました。ターミナル前の「駅通り」からして、なかなかいい雰囲気です。

DSCN8578

自販機も町の雰囲気を壊さないように、レトロ感を演出しています。

DSCN8580

喫茶店では昔風の「学校給食メニュー」も。こういう昭和レトロ的な町おこしというのは各地にあって、私もいくつか行ったことがあるのですが、ここは本物の町並みを使っているというのがすごい。

DSCN8584

少し行くと右る折れる「新町通り商店街」の看板。

DSCN8589

もう暗くなってきましたが、ひと通り歩いてみました。かなり本格的なレトロ商店街が続いています。営業している店も多かったです。

DSCN8592
DSCN8594
DSCN8593
DSCN8595

「神仏習合発祥の地」の看板。これはちょっといわれがわかりませんでしたが、とにかく歴史のある町のようです。

DSCN8596

豊後高田は国東半島の入口にあたりますが、考えてみれば、古代からいろいろネタの多い地域で、日本神話にも出てきますね。姫島とかもいつかぜったい行ってみたいところです。古いお寺や磨崖仏などもあるので、本気で観光しようと思えばみどころは多そうですが、ちょっと市街地からは離れているので今回はあきらめました。私みたいに仕事のついでに来てしまうのはもったいないかもしれません。

商店街をさらに進み、「宮町通り」というのに左折すると、大きな鳥居が見えてきました。たぶんお宮があるので「宮町通り」なんでしょうね。

DSCN8597
DSCN8604

映画館らしきレトロ物件も。

DSCN8606

この近くの川沿いにホテルがあるはずですが、探しているといきなり巨大ホテルと駐車場に行き当たりました。

DSCN8611

このへんも古い町並みが続いているのですが、いきなりの近代的豪華建築物です。

最近こういうチェーン系のビジネスホテルにあまり泊まらないのですが、結果的にけっこう便利なホテルでした。

部屋は普通。

DSCN8616

夕食は付いていませんが、一階にファミレスみたいな居酒屋があってそこですませました。すごく安かったです。

DSCN8630

マグロ赤身とタコの刺身。

DSCN8619

鶏の唐揚げ。

DSCN8621

締めに鍋焼きのチャンポン。

DSCN8623

これが全品280円です。特に地場の物ではないと思いますが、ついつい生ビール2杯とお酒1本飲んでしまいました。

このホテルに豊後高田市内の飲食店の案内パンフレットが置いてあって、「宮町商店街」の店が1軒ずつ紹介してあります。なかなか魅惑的なスナックやバーも紹介されていたのですが、居酒屋で酔っぱらってしまい、昼間も歩いて疲れていたせいか寝てしまいました。夜の豊後高田を散策できなくて残念でした。

翌朝はいよいよ「昭和ロマン蔵」に向かいましたが、その話は次回に。

[亀の井ホテル 大分豊後高田店](2013年1月宿泊)
■所在地  大分県豊後高田市高田2861-1
■楽天トラベルへのリンク→亀の井ホテル 大分豊後高田店
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「日本ボロ宿紀行」書籍版

ボロ宿紀行・続編好評発売中!!




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ