日本ボロ宿紀行

ボロ宿にあこがれ、各地のボロ宿を訪ねています。

2012年12月

「ボロ宿」というのはけして悪口ではありません。
歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて
「ボロ宿」といっています。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。
もともと、できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、
なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。
湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、
記録に残していくこともいずれ何かの役にたたないかなと‥‥。

天神祭を目的に伊賀上野を再訪。鬼行列を見る [伊賀 薫楽荘(前編)]

一昨年、伊賀上野を訪ねて「薫楽荘」という宿に泊まりました。そのときに天神様のお祭りは一見の価値があると勧められ、さらにく だんじり会館で実際に行なわれるだんじりの曳行や鬼行列の様子を見て、ぜひ祭りの時期に再訪したいと思っていました。

DSCN7153

この秋、ついにその願いが叶い伊賀を再訪することができました。泊まるのは前と同じ薫楽荘さんの同じ部屋。前にこのブログでも紹介し、本でも紹介したのですがご主人や女将さんがそのことを覚えていてくれて、たぶん祭で忙しい時期であるにも関わらず、いい部屋を取ってくれました。

前回訪問時の記事。

ちょうど同じ週の週末に和歌山に行く用事ができたので、このときの企画は伊賀に一泊してから奈良経由で和歌山に抜けるというもの。合計3泊。

メインイベントである上の天神祭の宵山の日に一泊する予定で、今回は名古屋から高速バスで行くことにしました。本当は途中関宿に寄りたいと思っていたのですが、やはりせっかくの祭なので早めに伊賀上野に到着する計画に変更しました。

名古屋駅からバスで上野市駅前まで直行することができます。

DSCN7094

バスは途中の峠を超えて伊賀市内へ。

DSCN7101

前回来た時に印象深かった廃墟風のビジネスビル「産業会館」にバス停があったのですが、バスの案内によると、どうも現在取り壊されており建て替えが進んでいるようでした。バスは「ハイトピア伊賀」とかいう、近代的なビルの前に着くということでした。古いビルが消えたと聞いてなぜか残念な気持が。

とにかく上野市駅前に到着。あいかわらず芭蕉せんせいの像が健在。

DSCN7115

これが建て替え中の産業会館。奥にハイトピア伊賀の近代建築がちらっと見えています。私が前に親子丼を食べた食堂もなくなっていました。

DSCN7109

前回きたときも見かけた「伊賀のくみひも」のベンチが残されていました。

DSCN7105

駅前の観光案内所で地図をもらおうと思っていたのですが、観光案内所もなくなっていました。よく探してみるとハイトピア伊賀の1階に移動していました。前回あったくのいちも、こっちに移転していました。懐かしい再会。

DSCN7110

ここで祭の運行状況を教えてくれました。だんじりや鬼行列がどの時間にスタートしてどのへんを通るか。それが確認できたので、まず先に上野城に行くことにしました。

駅のコインロッカーに荷物を預けた時に、時間的にはまだお昼くらい。上野城では天守にはのぼりませんでしたが、城壁の絶壁はやはりすごい迫力です。前も思いましたが、ろくにてすりもなく、上からお堀を見下ろすとすごい高さなのでかなり恐怖心が出てきます。

DSCN7120
DSCN7125

そして伊賀忍者屋敷も再訪。私は1回来ているので屋敷のからくりもすべてお見通し。まったく前回と同じなので省略します。今回はこの付近でそばを食べました。

DSCN7135
DSCN7130

そして再び駅前に戻っていよいよだんじりや鬼行列を見に行きます。メインの銀座通りにはかなりの数の屋台が出ています。あとからわかったのですが、この日、屋台は町中の路地まであちこちに出ていて、その数はとんでもなく多かったです。近頃、これだけの規模の出店がある祭を見たことがありません。それだけ上野天神祭は大きなイベントなのでしょう。

DSCN7151

少し行くと銀座通りと交差する東西の通りに沿って群衆が群がっていて、鬼行列が通っているような音が聞こえてきます。しかし人が多すぎて前に行けず、まったく見ることができません。

それで人が少ないところまで先回りして待ち伏せする作戦を決行。一度来て町中を歩いているところだと、だいだいの町の構造がわかるので便利です。魚町とか小玉町とかいう付近でした。

そしてついに念願の鬼行列に遭遇。と思ったら、まだ運行しておらず、子どもたちは準備中。

DSCN7167
DSCN7160

やはりかなり気持悪い鬼です。

DSCN7214

やがて行列はゆっくりと出発。鬼は小さい子どもがいると寄っていって脅かすので、子どもは泣き叫んでいます。慣れてくると、遠くからでも子どもの泣き声で行列の居場所が読めるようになりました。

さらに釣り鐘を背負ってふらつきながら歩く鬼や斧を持って道路幅いっぱいに暴れ回る鬼もいました。これは「ひょろつき鬼」といって、上野天神祭の名物。

DSCN7180
DSCN7187

私が写真を撮っていると釣り鐘鬼とちょっとぶつかってしまい「すみません」というと、向こうも「あっすみません」といっていたので、善良な鬼です。

それにしてなぜにこんな異様な行列が行なわれるようになったのか。もともとは上野天神宮のお祭だったそうですが、やがて各町が練り行列の趣向を凝らすようになり、そのときに鬼面も藩主から拝領したのだとか。かなり古い鬼面も文化財として保存されているようです。祭のイメージとしては京都や高山を思い起こさせますが、多様な鬼行列はまったく独特のものです。

前回来た時は祭の様子の説明を受けただけだったので、実際に目の当たりにするとすごく感激します。鬼行列もずいぶん長く続き、きりがないほど。豪華そうなだんじりの運行も見えましたが、この日は宵山で夜の運行があるので、だんじりは夜に見ることにして、鬼をおいかけ続けました。

DSCN7235

祭の期間中だからなのか、付近の商店では休憩用のベンチを出したりして、誰でも休むことができるようになっています。

かぎや餅店も大人気。

DSCN7223

トイレを貸してくれるという案内の忍者の看板もありました。

DSCN7220

屋台を冷やかしながら祭見物しているうちに、夕方になってきたので宿に入ることにしました。宿は中心町から少し歩きますが、昔の花街だったという通りに面しています。

薫楽荘に到着。

DSCN7237

以前お世話になったまだ若い美人女将が出迎えてくれて、以前と同じ部屋に通してくれました。

DSCN7243

やはりこの部屋はまれにみる風情豊かな部屋だと思います。どこも変わっていませんでしたが、テレビだけはチャンネル式からシャープの液晶に変わっていました。女将さんは地元だけに「シャープさんにはがんばってほしい」といっていました。

「ボロ宿」などという本で紹介したので恐縮していましたが、それを見て来たお客さんもいるとかで、特に怒られませんでした。地元のマスコミでも歴史のある和風宿として紹介されたりして、やはりすごく人気があるようです。

この日は外国人5~6人の家族客がいました。どこで探してくるのか、やっばり外国人はこういう古い和風宿が好きですね。私もどうせ泊まるならそのほうが日本観光の醍醐味が味わえると思います。

だいぶ長くなってしまったので、宿のようす、宵山のようすは次回に。

[伊賀  薫楽荘(再訪)](2012年10月宿泊)
■所在地  三重県伊賀市上野桑町1473
■楽天トラベルへのリンク→旅館 薫楽荘
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

昭和初期の温泉風情を残す。伊東市指定文化財の観光施設[伊東温泉 東海館]

ケイズハウス伊東温泉に一泊し、翌日は隣にある文化財の観光施設で、内部を見学できる東海館に行きました。今回伊東をめざしたのは、この家を見学するのが最大の目的。

DSCN5319

チェックアウトしてから出かけましたが、荷物はケイズハウス伊東さんに預かってもらいました。

入り口付近の造作もかなり凝っています。この宿は平成9年まで営業していたそうですが、たぶんけっこう高級で料金も高い宿だったんでしょう。たぶん私が泊まれるような料金ではなかったはずです。

DSCN5473
DSCN5472
 

入口左側に入り口があり、料金を払って見学。当時のままのお風呂は土・日・祝にお湯を入れて立ち寄り入浴もできるようになっています。もちろん入っていくつもり。

DSCN5477

また館内にある畳み敷きのカフェにも寄るつもりでしたが、まだ時間が早くて営業していなかったので、まず先に館内を見学させてもらうことにしました。

写真もたくさん撮ったのですが、きりがないくらいいい感じの部屋が続きます。1階には改築工事の様子を紹介する資料なども展示されており、中庭からは望楼を見上げることもできます。

DSCN5482
DSCN5483
DSCN5488
 
いろんな部屋があって、それぞれテイストが違います。

DSCN5492
DSCN5510
DSCN5518
DSCN5509

各部屋にいちいち上がり込んで、火鉢の前に座ってみたり、松川沿いの縁に出てみたり。

飾り障子の造作や、電灯の造りなどに凝っているのは各部屋共通。とにかく感動的です。これだけの部屋がありながら、宿泊できないとは何とももったいない気がします。

廊下の雰囲気もなかなか最近では見られない独特の風情があります。

DSCN5519

階段で3階まで行くと、大広間や資料室などがありました。

DSCN5494
DSCN5522
DSCN5523

さらに望楼に上がると、伊東市内を一望できます。ケイズハウスにも望楼がありましたが、こちらのほうが広く、高さも少し高いようです。

DSCN5537
DSCN5544

ひと通り見学するだけでも1時間くらいかかってしまいました。やがて喫茶店があいたので、広い和室でお茶などを飲んで休憩。

DSCN5550
DSCN5552

お風呂は11時からなので、それまで待つつもりだったのですが、スタッフの人が少し早めに「準備ができた」と知らせにきてくれたので、早速お風呂に向かいました。お風呂は1階奥にあります。

浴槽は円形で古びた感じはなく、むしろちょっとモダンな感じ。昭和初期としては近代的なお風呂だったのでしょうか。

DSCN5557
DSCN5558

現在この建物は伊東市の所有で観光・文化施設として大切に保存されています。泊まれないのは残念ですが、全部見学できますし、“保存目的”という意味では、すごくいい状況なのかもしれません。

伊東温泉ツアーの目的を果たしたので、この日は商店街のそば屋で、昼間っからいかの塩辛をおつまみにして風呂あがりのビールを飲み、そばを食べて、さらにあじの干物を買って帰ってきたというわけです。

DSCN5561
DSCN5563



さて、話は変わりますが、書籍版「日本ボロ宿紀行」の続編が刊行されます。現在、1月発行をめざして作業中。表紙はほぼできていて、下の写真のような感じ。

日本ボロ宿紀行2 (1)

1冊目もごく一部の間では非常に好評で、たくさんの人が自分のブログで紹介してくれたり、マスコミでも紹介してもらいました。本当にありがたかったです。おかげで現在ほぼ品切れ中。増刷検討中だとか。

まるみや旅館のきくちゃん、ようやく本で紹介できます(笑)

とにかくブログに載っていないいい宿も、たくさん取材してきたのでお楽しみに。2冊目の発行スケジュールが決定したらまたここで宣伝します。

[東海館](2012年9月見学)
■所在地  静岡県伊東市東松原12−10

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
「日本ボロ宿紀行」書籍版

ボロ宿紀行・続編好評発売中!!




押していただくとこのブログのランキングが上がります↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
最新コメント
記事検索
閲覧数(2010年9月~)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天トラベルで予約できる宿(書籍で紹介した宿を含む)
北海道
大和旅館(洞爺湖温泉)
花びしホテル(湯の川温泉)
ホテル万惣(湯の川温泉)
ホテルパコ旭川(旭川市)
札幌プリンスホテル(札幌市)
つつじ荘(温根湯温泉)
洞爺サンパレス(洞爺湖温泉)
定山渓ビューホテル(定山渓温泉)
ホテルグランティア知床斜里駅前(斜里町)

青森県
新むつ旅館(八戸市)
酸ヶ湯温泉旅館(酸ヶ湯温泉)
飯塚旅館(温湯温泉)
星野リゾート 青森屋(三沢市)
石場旅館(弘前市)

岩手県
藤三旅館(鉛温泉)
旅館 福山荘(遠野市)
大沢温泉 自炊部(花巻市)
旅館 大正館(盛岡市)
水沢 翠明荘(奧州市)
元湯夏油(夏油温泉)

宮城県
まるみや旅館(東鳴子温泉)
高友旅館(東鳴子温泉)
最上屋旅館(鎌先温泉)
休暇村気仙沼大島(気仙沼市)
いさぜん旅館(東鳴子温泉)

秋田県
尾張屋旅館(横手市)
打当温泉マタギの湯(北秋田市)
民宿 水月(能代市)
ドーミーイン秋田(秋田市)

福島県
元湯甲子温泉旅館大黒屋
分家(岩瀬湯本温泉)
旅館金勝寺(白河市)
民宿すずき屋(湯野上温泉)

山形県
最上屋旅館(酒田市)
松井旅館(肘折温泉)
亀屋旅館(肘折温泉)
福島屋(滑川温泉)

栃木県
雲海閣(那須湯本元温泉)
江戸や(板室温泉)

群馬県
伍楼閣(老神温泉)
汪泉閣(宝川温泉)
長寿館(法師温泉)
奈良屋(草津温泉)
浜屋旅館(川古温泉)
まるほん旅館(沢渡温泉)
積善館本館(四万温泉)

千葉県
第八福市丸(御宿町)

埼玉県
山崎屋旅館(寄居町)

東京都
駒鳥山荘(青梅市)

神奈川県
岩亀荘(湯河原温泉)
富士屋ホテル(箱根宮ノ下温泉)

山梨県
要害(積翠寺温泉)
古湯坊 源泉館(下部温泉)
赤石温泉(山梨県増穂町)
元湯 蓬莱館(西山温泉)

新潟県
ホテル瀬波観光(瀬波温泉)
旅館 附船屋(上越市)
海老名旅館(佐渡市)

富山県
大黒屋旅館(高岡市)
勝江旅館(富山市)

長野県
民宿すわ湖(上諏訪温泉)
湯元齋藤旅館(白骨温泉)
つるや旅館(白骨温泉)
泡の湯(白骨温泉)
金具屋(渋温泉)
野沢温泉ホテル(野沢温泉)
河鹿荘(鹿教湯温泉)
井出野屋旅館(佐久市)
木や伝旅館(上田市)

静岡県
長八の宿 山光荘(松崎町)
白壁荘(湯ヶ島温泉)
ケイズハウス伊東温泉(伊東温泉)

愛知県
平野屋旅館(常滑市)
尾張温泉 湯元別館(蟹江町)

岐阜県
お宿 吉野屋(高山市)
湯之島館(下呂温泉)

三重県
旅館 薫楽荘(伊賀市)
旅館 海月(鳥羽市)
山田館(伊勢市)
星出館(伊勢市)
セレクトグランド伊勢志摩(志摩市)

滋賀県
ホテル大津(大津市)
清瀧旅館(彦根市)

奈良県
旅館 白鳳(奈良市)

兵庫県
やなぎ荘(城崎温泉)

和歌山県
金剛三昧院(高野山)

広島県
ふろや旅館(広島市)
佐藤旅館(尾道市)
ホテル清風館(きのえ温泉)

鳥取県
旅館常天(鳥取市)

島根県
持田屋旅館(出雲市)

愛媛県
旅館 常磐荘(道後温泉)
ホテル椿館(道後温泉)

大分県
陽光荘(鉄輪温泉)
亀の井ホテル 大分豊後高田店(豊後高田市)

長崎県
長崎にっしょうかん(長崎市)

鹿児島県
旭屋旅館(白木川内温泉)






もんすけへの連絡
QRコード
QRコード
i2i
株取引がしてみたい
  • ライブドアブログ