先日、初めて金沢に行ってきました。東京から金沢に電車で行く場合、越後湯沢経由と米原経由と2系統あるのですが、今回は東海道新幹線経由で米原で北陸本線に乗り換え、帰りは富山を経由して越後湯沢に出て、上越新幹線で東京に戻るという遠大なルートを通りました。日本の中部山岳地帯を一周するという、長い電車の旅。当然金沢で一泊しようと思っていたのですが、結局諸般の事情から日帰りになってしまいました。

金沢といっても、実際に用事があったのは北陸本線と七尾線の分岐点に当たる「津幡」という駅です。金沢駅でいったん降りて立ち食いうどんを食べてから津幡に向かい、ここで用事が済んだのが3時頃。

DSCN1341

この日は泊まるか日帰りするか決めていなかったのですが、良さそうな宿があれば泊まろうという無計画状態。津幡駅前にも旅館がありましたが、けっこうきれいな新しい宿で、あまりそそられませんでした。

とりあえず金沢駅に戻り、観光案内所で地図をもらって、駅前を少し歩いてみました。しかし金沢駅前は高層ホテルが立ち並び、とても小京都などというイメージはありません。駅もなんと論評すべきか‥。

DSCN1381

地図を見ると兼六園とか茶屋街などという観光名所は少し離れたところにあり、歩くとかなり時間がかかりそうでした。

結局、この日泊まったとしても、翌日もめいっぱい滞在するくらいでないとたいして見学できないと判断し、出直すことにして電車の指定席を買いました。それで2時間くらい時間があったので、タクシーに乗って「茶屋街に行ってみたい」というと、運転手さんが連れていってくれたのが、「ひがし茶屋街」です。

DSCN1393
DSCN1403

まさに金沢のイメージ通りの街並み。外国人観光客も多く、夕方なのににぎわっていました。

DSCN1413
DSCN1417

何やら宿らしき建物もありました。「陽月」。立地もすばらしいですが、宿自体も雰囲気があります。こんな宿があるのなら、当日でも頼んでみればよかったかなと思いました。

DSCN1407
DSCN1406

このへんの路地はどこをのぞいてもなかなかの風情を感じます。

DSCN1414
DSCN1425
DSCN1430

駅方面に戻るつもりで歩いていると、川沿いに「主計町茶屋街」というのがありました。こっちも入り込んでみると、すごくいい雰囲気の宿を発見。「木津屋旅館」。建物の造りは古いのですが、ある程度改装をしているのか、きれいな外観です。こちらも町の雰囲気にぴったりマッチしていました。

DSCN1448
DSCN1429
DSCN1438
DSCN1441
DSCN1440

このへんまでくると、やはり「とにかく泊まることにすれば良かった」と後悔しました。ただ、格式のありそうな宿なので、当日予約は難しいかもしれません。改めて金沢にくる時は、「陽月」か「木津屋」に頼もうと思いました。そういう下見という意味では、行ってみてよかった。

そんなことをしているうちに電車の時間が近づいてきたので、通りでタクシーを拾い、駅まで行ってもらいました。運転手さんに「初めて金沢に来たけど、すごくいい宿を見つけた」という話しをしたら、「お客さんは日帰りけ~?  最近の観光客は金沢にあんまり泊まらねさけ、どこも楽じゃあねえがや~」ということでした。泊まるとしても駅前のホテルなどの利用が多いそうで、古い和風旅館や民宿はあまり繁盛していないという話しでした。

それにしてもこの運転手さんの言葉は、私はまったく初めて聞く方言で、何となく関西風のアクセントにも思えたのですが、語尾にすごく特徴がありました。金沢特有の方言なのでしょうか。雰囲気だけ再現してみましたが、ちょっと違うような気もします。

「しかも今度新幹線でもできたら、ますます泊まらへん。便利になるちゅうとるけど、その分、金沢もちらっと見物して、泊まりは別のところに行こうということになるがや~。いいことがあれば、よくないことも一緒にあるということだがや~」と語っていました。やはり市内見学でも、ゆっくり見るには一泊すべきだというのが運転手さんの意見でした。ちなみに金沢駅のデザインについては、いろんな深い意味を表現しているのだということも教えてくれました。

駅では5時くらいの電車に乗る前に立ち食いそばで腹ごしらえ。この日2回目の「白山そば」を食べました。

DSCN1454
DSCN1457

駅のホームで電車を待っていると、やはり帰りたくない思いがつのってきます。せっかくここまで来たのに日帰りなんて。食事も昼、夜立ち食いだけなんて‥。好き好んで食べたとはいえ。

DSCN1460
DSCN1469

とにかくもはやしょうがないので特急はくたかに乗車。越後湯沢まで直通の本当に便利な電車です。

電車に乗っていると富山では立山が見えました。感動的で神々しい姿。この山が富山人にとって特別なものであるということは、ちょっと見ただけでも理解できました。

DSCN1473


富山も昔仕事でちらっと来たことはあるのです。そのときは飛行機から見た立山がきれいでした。しかし泊まったことはありません。金沢も富山も、とにかくもう一度行かないことには話しにならないと思いました。

[民宿  陽月](2010年10月見学)
■所在地  金沢市東山1丁目13-22

[木津屋](2010年10月見学)
■所在地  金沢市主計町3-8
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ